スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第30回全日本少年少女合唱祭今治大会 その②

今治少年少女合唱団は昨年、創立50周年を迎えた歴史ある合唱団だそうで、OBには世界中で活躍され日本を代表するクラリネット奏者の柳瀬洋さんをはじめ、さまざまな分野で活躍されている卒業生がいらっしゃいます。中には今治JCのOBの方も結構いらっしゃるようです。その今治少年少女合唱団が50年もの間、活躍してきたこの今治での第30回全日本少年少女合唱祭。今治JCも共催ということで理事長は同実行委員会の副実行委員長を仰せつかっておりましたが、実行委員会さんのご配慮により来賓としてお迎えいただきました。出場者の皆さんをお出迎えする役のはずが、私だけ逆にお出迎えを受けて何か複雑な想いもしながら気にせず会場へ。柳瀬洋さん・佐和子さんご夫妻のオープニング演奏の後、参加者全員で合唱、そして参加団体のみなさんの合唱披露となりました。今回は全国から39団体の参加があり、1日目に第一部・第二部、2日目に第三部・第四部が開催されました。日曜日には、前日の土曜日に四国中央市で一緒に愛媛BLの会員会議所に同席していた八幡浜JCのメンバーが八幡浜少年少女合唱団を引率されて会場にこられていました。さすがです。
 出場される合唱団の皆さんは、この日の為にかなりの練習を積み重ねられおるようで、ど素人の私が拝見しても胸が熱くなるシーンの連続でした。中には、ミュージカル風とでも申しましょうか、衣装や振り付けなどさまざまな工夫をされている合唱団もいらっしゃいました。

DSC00161.jpg

DSC00163.jpg
DSC00170.jpg
DSC00175.jpg
DSC00179.jpg


最後は会場全体で大合唱し、感動的なフィナーレを迎えました。そして会場の外には、今治の合唱団のみなさんがお見送りをされていました。これもすばらしかったです。

DSC00181.jpg
DSC00182.jpg

そして今治JCメンバーも最後のお見送りです。
DSC00183.jpg
DSC00184.jpg
DSC00185.jpg

参加者の皆さんから「ありがとうございまいた」「お世話になりました」という声をかけていただくたびに役割をはたせたかなと思うのは私だけでないはずです。今治JCメンバーの皆様、実行委員会の皆様、関係者の皆様お疲れ様でした。

DSC00180.jpg

来年は広島県呉市での開催です。


スポンサーサイト
[ 2011/05/27 22:13 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

第30回全日本少年少女合唱祭今治大会その①

3月26日(土)・27日(日)の2日間、グリーンピア玉川にて第30回全日本少年少女合唱祭今治大会が開催されました。同大会においても震災の影響で開催されるかどうかというところでした。実際に同種の全国大会3大会のうち2大会は関東周辺での開催予定だった為、中止となったそうです。
この大会はかなり以前から誘致活動を進めておられたようで、今治JCも2009年に共催の承認をさせていただいておりました。
今回30周年を記念すべき大会であり、今治大会実行委員会の皆様がこの大会にかける想いはヒシヒシと感じておりました。今治青年会議所のメンバーも気持ち良くお出迎えすべく、駐車場係を手分けして担いました。
土曜日は法皇で愛媛BLの会員会議所があった為、お昼までしか居れなかったのですが、二日間で延べ50名を超えるメンバーにお手伝いしていただきました。ありがとうございました。
写真を紹介しますが、土曜日の朝は私も九和小学校付近で結構テンッパっており、その後来賓として会場入りした為、土曜日の写真がありませんが、各委員会からお手伝いいただきましたことはしっかり脳裏に焼きついておりますのでご了承ください。

《朝の打ち合わせ風景》
DSC00137.jpg
清水さんが段取りするといたれりつくせりなのです・・・

《メンバーの活躍する姿》
DSC00140.jpg

DSC00141.jpg

DSC00144.jpg

DSC00145.jpg

DSC00146.jpg

DSC00148.jpg

DSC00155.jpg

DSC00157.jpg

DSC00159.jpg

DSC00160.jpg

続きます・・・

[ 2011/05/27 21:00 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

ホッと今治実行委員会の義援金活動

3月20日は東京で開催予定の日本JCの総会が中止(後日、書面を確認しての承認)となりましたので、朝から中寺の「さいさいきてや」さんで実施されましたホッと今治実行委員会メンバーによる義援金募金活動に参加させていただきました。この実行委員会は今治JCからは手を放れた形とはなっていますが、現役メンバーの今治JCのOBで、シニアメンバーでもあり、私と同期入会でもあります曽我部敏行実行委員長の、何かしてあげなければならないという熱い想いのこもった音頭のもと、多くのメンバーが時間厳守で集まり、募金活動をされていました。すばらしい団結力です。この募金活動の後、曽我部実行委員長は実際に支援物資を用意して自ら福島へ向かわれたということで、ハートで感じた想いを即、行動に移す実行力はすばらしいです。

詳細はホッと今治のHPにて
http://www.hot-imabari.com/ 

この団結力と実行力を兼ね備えた実行委員会が開催する
7月31日(日)の「2011ホッと今治IN唐古浜」は何をおいても見逃せません。

DSC00119.jpg
DSC00120.jpg
DSC00121.jpg
DSC00122.jpg
[ 2011/05/27 08:00 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

スペシャルオリンピック トーチランイン今治(10月17日)

久しぶりに寿太鼓で出演しました。

その際に感じるのは直接感動してもらえるありがたさです。

仕事にしてもJCにしても、やはりダイレクトに伝わる感謝であったり賞賛は、やはりうれしい。

だからこそ思うのは、陰ひなたで見えないところで頑張っている人こそを

賞賛できる人間になりたいなぁと。日々心がけていることですが改めて思いました。


さて、10月17日にスペシャルオリンピックに手伝いに行きました。

初めに愛媛銀行旭町支店に集合し、説明。

常任からは私、泰平君、総務は南条君、二宮君、例会が山本君、黒川君、広域が浅海君、井出さん

会員は新入会員の啓介君、山岡君、絵本からは神野君、青野君そして地域力からは武田君、長尾君。

せっかくの休みですが、後援しています事業に参加してくれました。

8:30にスタッフの説明ということでしたので、市役所に集合するとそれぞれに集合しています。

IMGP2226.jpg
↑入場門。

我々の役割はアスリート隊の交通誘導ということですので、9:30の開会式まで用事がない状態。

IMGP2225.jpg
IMGP2228.jpg
↑要介だけは前日飲み過ぎて遅刻です(苦笑)

貴重な時間を使って集まってくれたメンバーには申し訳なかったですが、こういうこともあります。

そして開会式、多くの人たちがこの事業に参加しています。

IMGP2231.jpg
↑本当に各種団体が参加してます。

開会式に市長、教育長と挨拶。市長は1区でアスリートの伴奏で走るそうです。

IMGP2233.jpg

IMGP2234.jpg
↑あけびさんのJrがダンスを披露。ここはいつもまちのイベントに参加してます。先生も大変ですね。

IMGP2235.jpg
↑選手宣誓もしっかりできてました。

そして、アスリートの選手宣誓の後私たちは持ち場へ。

私と泰平君、総務、新入会員は旭町の交差点。

IMGP2236.jpg
↑みんな正直退屈そうでした・・・

往路のアスリートたちを待ってます。

白バイの誘導でアスリートと20名ほどのサポーターが一緒にきました。

交差点ですので自転車が急に出ないように誘導します。

しかし、それも一瞬。

そして、復路には、警察官が増え、事前に路上での注意を促します。

私たちはまたも自転車が突発的に来ないように誘導しただけ・・・

IMGP2241.jpg
↑はやてのようにあらわれて、
IMGP2243.jpg
↑はやてのように去ってゆく・・・

これも一瞬。計3時間は、この3分ぐらいのためだけにありました。

しかし、これもたまたま人通りが少なくうまくいったんだと思います。

そうは言いながらも時間を使わしたことは申し訳なく感じました。

そして、役割も終わり、みんなは解散し、私と井出さんは閉会式に参加。

アスリートのみんなに表彰状を渡します。

そこにいるアスリートとその保護者の方は、うれしそうです。

これを見て無駄な時間ではなかったと思えました。

IMGP2244.jpg
↑閉会式では、友近890くんも歌を披露。

実際、我々にとって当たり前のことですが500mぐらいをこうやっていろいろな方の協力で

やり遂げたことが本当にうれしいことだったのだと思うと無駄な時間はないのだなと感じます。

やっぱり、みんなに残ってもらってこれを見てもらうんだったなと反省。

最後に代表の小沢さんに挨拶に行くと本当に感謝され、何でも行っていただければ協力しますと

言っていただけました。

こうやって、お互いが今治のまちのために協力し合うのがまちの活性化につながるんだと

思います。

確かに毎週いろいろ参加しますが、時間をうまくみんなで配分すれば、90名弱のメンバー、

何でもできます。是非、今後も前向きに協力したいなと感じました。



追伸

交通整理している際、矢葺君が、消防の格好で通りがかりました。

なかなか制服姿かっこよかったです。

嫁さんに見せてほれなおしてもらわないといけないねぇw

IMGP2238.jpg
↑ぶっきーかっこよかったよw
[ 2010/10/17 00:06 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

スペシャルオリンピックトーチラン実行委員会(9月17日)

メンバーの井出敏博さんの結婚式にいって、酔っ払ってしまって、

返って熟睡したのですが目が覚めて、寝れません。

しかもなぜか頭が痛い。あんまり飲んではいないですが、どうも疲労が蓄積している模様。

それにしても、井出さんはきれいな奥さんと仲よさそうでうらやましかった。

こんちくしょー・・・


さて、9月17日は、第1回の次年度委員会の日でしたが、私の配属される会員研修委員会は、担当が専務

副専務がメンバーという事情のため、別の日に変更。

そのおかげで、スペシャルオリンピックのトーチらんの実行委員会に参加してきました。

この日は地場産で行われる大阪の町工場で人工衛星「まいど1号」を飛ばした青木さんの講演も案内があったため

次年度委員会がない卒業予定者の矢野副理事長、越智委員長、池内監事、宇野スポーツクラブ会長と

私と同様、会員研修委員会に配属の中川室長にお願いしました。

私自身は一度聞いていたため、面白かったので勧めましたが、聞いた感想は面白かったとのことでした。

今回の講演は参加料が無料でしたし、たまにこういう機会があります。

いい講師はお金がかかることが多く、JCではなかなかできなくなりました。

是非機会見つけて講演に行ってみてください。

だいぶ脱線しました。

7:30からの開会から、参加するアスリート(知的障害のランナーをそう言っています)の親御さん、

サポーター(トーチランの際に一緒に走る人たち)の代表者、そして我々のようにボランティアで参加する

団体と30名ほどでの会。

ほとんどが役割分担と内容の説明で終始話しが終わりました。

私自身は2006年にあった際にJCとして参加したのでイメージがわきますが、初めての人はイメージがわきにくい。

そういった点で議事に時間がかかりました。

今回我々JCは、交差点での交通整理で、ドンドビ、媛銀の朝日町支店前、そして丹小児科前の交差点で

白バイ、アスリート、サポーターが交差点で待っている間の交通整理だということです。

大体、1区間のアスリートに20名のサポーターがついては知るため、横断するところが混雑するので

交通整理するということです。

役割の内容は以上ですが、役割人数は1交差点に4名ほどいりそうです。

アスリートが懸命に走る姿は、健常者と何ら変わりません。そういった姿、そして、スポーツを通じての

活動の告知という意味も含めて、このトーチランは行われます。

是非、役割だけでなく、沿道で走っている子供たちに応援をしてあげてください。

本当に良い事業ですよ。


追伸

我々JCは自分たちの活動で手いっぱいの感はあります。

しかし、こういった他団体の活動に協力することもまちづくりの一環です。

是非積極的にかかわってください。

自分自身の人脈として広がりますし、経験を他の事業で得るということも必要ですから。

私は多分こういったところに参加する機会が多いため、同じJCメンバーの倍は経験しているつもりです。

実際、人脈も幅広いつもりです。若手から参加し、自分たちのためにも参加してみてください。

[ 2010/09/18 23:13 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。