スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わんぱく!『きずな』塾~ありがとうからはじめよう~

7月9日(土)

今年のわんぱくきずな塾は、4月に一部オープンしました西部丘陵公園と今治有数の避暑地、玉川町鈍川にある森林館を舞台に市内の小学校4年生から6年生まで100名を超える参加者で開催させていただきました。
今年は『感謝』をテーマに、長尾委員長、玉田副委員長が率います生きるちから育成委員会のメンバーを中心に、参加いただいた小学生の皆さんに多くの事を体験していただき、大げさかもわかりませんが、これからの長い人生を歩んでいく道中における貴重な1日としていただけたのではないでしょうか。青少年育成事業ではありますが、設えさせていただいた私達、大人も同じく多くのことを学ばせていただきました。
TOPページにある写真と長尾委員長からのメッセージが全てを語っております。ありがとうございました。
今治の未来は希望の光で満ち溢れています。

DSC00518.jpg
以下、私のカメラに納められている写真をアップします。
また、当日、今治JCのメンバーにおかれましても大変お疲れ様でした。後援させていただいております「バリバリカップ」も日程が重なり、体が一つしかないことに歯がゆさを感じた日であったかもわかりませんが、卒業予定者の皆さん、新入会員の皆さんも大活躍の1日でした。

DSC00512.jpgDSC00528.jpg
DSC00527.jpgDSC00515.jpg
DSC00516.jpgDSC00525.jpg
DSC00517.jpgDSC00526.jpg
DSC00524.jpg
DSC00529.jpgDSC00532.jpg
DSC00530.jpg
DSC00537.jpgDSC00536.jpg
DSC00547.jpgDSC00548.jpg
DSC00550.jpgDSC00554.jpg
DSC00556.jpgDSC00562.jpg
DSC00555.jpgDSC00557.jpg
DSC00559.jpgDSC00545.jpg
DSC00563.jpgDSC00564.jpg
DSC00568.jpgDSC00569.jpg
DSC00570.jpgDSC00577.jpg
DSC00580.jpgDSC00578.jpg
DSC00579.jpg

DSC00495.jpgDSC00503.jpg
DSC00501.jpgDSC00500.jpg
DSC00499.jpgDSC00498.jpg
DSC00490.jpgDSC00505.jpg
DSC00493.jpgDSC00509.jpg
DSC00510_20110803101156.jpgDSC00511.jpg




































スポンサーサイト
[ 2011/08/03 10:14 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

卒業生を囲む会(11月2日)

やばい、4時出発のつもりでしたが、今回はやり遂げるため5時にずらします。

まぁ、2時間余分に見てるから間に合うだろ。

また、別ブログで写真と詳細はのせます。

勘弁してくれ・・・


さて、幹事会による卒業生を囲む会に参加するためにホテルアジュールへ行きました。

今回は事業ではないため、企画内容は温泉卓球としか聞いてません。

どんなだろうと行くと早く着いたため、浴衣に着替えて風呂に入ってくださいとのこと

言われるままに風呂へ

ああ、事業が続いたので正直疲れがいやされます。

そして、でて、さっそく卓球場へ集合。

設えは卒業生とペアで卓球大会。

卒業生によりペアの相手が引かれます。

中身は新入会員、そして46年組、私ぐらいだったのかな?

私は竹田二千年さんとのペア・・・

ごめん、間違いなく足引っ張るわ・・・

しかしラケットがフライパン、スリッパ、蠅たたき・・・

まぁ、なんとかなるでしょう。

私はフライパンになり、言うまでもなく、足を引っ張ります(泣)

結果は健闘むなしく1回戦負け。

ごめんなさい、竹田さん。ある意味情けない思い出でしたね(苦笑)

そして、決勝は越智裕之さん、垣本専務のペアと池内さんと長尾副委員長のペア。

本命同士の戦い。

しかし、フライパンとスリッパ、どう転ぶかわからん。

白熱した試合は盛り上がり、1点差で迎えました。

池内さんのスマッシュで池内長尾ペアの勝利!

こんなことでこんなに盛り上がるとは(苦笑)

その後は宴会。

みんなでワイワイ話します。楽しいですw

そして表彰式では卒業生は若い子たちの洗礼をw

それに応えて、みんな盛り上がります。

その後は想像に任せます(苦笑)


それにしても、喜ばせたい人がいて、喜んでくれる人がいる。

そんな幸せなことってないよねw

JCのこういうところが好きだ。


追伸

カッキーが意外と大人げないことをこの卓球で知りました(苦笑)

池内さんもカッキーも元卓球部とはいえ、ここまでとは・・・

まぁ、負けず嫌いじゃないとJCの専務は務まらないか(笑)


[ 2010/11/06 03:57 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

第8回全国高校心の絵本選手権(10月31日)

やっと追い付きました。ブログ・・・

全国大会から流れが悪くなってほぼ1カ月。

だましだましに多めに更新したり、忘れたりとしながら、今週先週とモチベーションを高め、なんとか・・・

これも心の絵本選手権のおかげです。

頑張ってる人には勇気をもらえるものです。



さて、当日はメンバーは9時集合。

矢葺君との食事の後、眠れなくて4時に就寝しましたが、7時に起きて、呼びかけブログをUP。

最後の頼みの綱の知り合いと先輩ににメールと電話で呼びかけをしました。

そして到着すると多くのメンバーが。

それぞれに準備とリハの対応。

審査員の皆さんが9:30入りの後、私たちも一緒にリハへ。

初めての方も多くいますが、みなさん若いため、話してて楽しい。

しかし、最後のリハです。

真剣に確認。

終了後、審査員の方々と学食で食事をし、私は常任に対応をお願いして、

主催者あいさつの練習。

体育館裏でぶつぶつやってました。

噛まないように、そして、伝えたいことが伝えれるように。

学生と一緒だなと思いながら、してました(笑)

そしていよいよ本番。

来賓の方を迎え、裏へ入り、開会を待ちます。

そしてオープニング。

感動の幕開けです。

そして挨拶。自分では100点満点とはいかないが95点。

あまり多く語らず、しかし、真剣に言いました。

胸をひとなでし、来賓の市長の挨拶を聞き、さて、作品発表。

生徒たちの緊張感を解きながら、裏で話します。

そして、舞台の端でメダル掛け。頑張れみんな。

そして降りてくるときはよく頑張ったねとよかったよとw

発表中は、高校生の真剣な朗読。そして、それぞれの審査員の真剣なコメント。

よくぞ、この審査員の皆さんを選定した羽藤委員長!素晴らしいw

それを繰り返し前半8作品。

休憩の間はイラスト展の表彰や明徳の学生による人形劇。

そして後半の7作品。

それぞれの生徒さん達の素晴らしい発表に正直酔い痴れていました。

私はこの事業にたずさわれて誇らしかった。

そして、審査を終え、表彰式。

これの結果は本体のJCで確認してほしいですが、本当にドラマでした。

真剣な心だからこそドラマが生まれます。

真剣な心に携わった人たちが真剣に応えたからこそ、生まれる感動なんです。

感動もさめやらずに閉会。

そして、撤収。メンバーたちに撤収はお願いして、審査員と食事へ。

審査員との話は冷めやらぬまま、盛り上がります。

この審査員の人達で委員長をしてみたかったなと思うぐらいでした。

そして、解散。

感動の夜は終わらず、しかし、時は過ぎていきます。

これからが、また、ある意味本番。

我々は運営する側。やることはたくさんある。


追伸

審査員の皆さんととらしてもらった写真は宝物です。

審査員と


そして、充実したメンバーの顔をとった写真も宝物です。

打ち上げメンバー
打ち上げ羽藤委員長


羽藤委員長、神野副委員長、そして、心の絵本推進委員会メンバーの皆さん。

一年間本当にお疲れ様でした。

[ 2010/11/04 02:54 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

第8回全国高校心の絵本選手権前日(10月30日)

ロッテ勝ちました。

今日の理事会前に、7時過ぎまで見ていました。

1回表に1点取られたその裏に、4点取ったところで理事会へ行きました。

でも、理事会終了後まで忘れてました。

今(2時)気づいて、結果見ると勝利してました。

うれしい半面気づいたこと、それはロッテより今治JCが大事ってこと(笑)

当たり前か(笑)


さて、心の絵本選手権前日。

明徳短期大学さんの学園祭と重複しているため、リハーサルは夜という話。

羽藤委員長に電話すると4時ぐらいに委員会メンバーも集まりますということで

私自身、明かり隠しの暗幕の数がないため金曜につけれてなかったので

早めにつけて、安心したいなと3:30に会場へ

学園祭はまだ終わっていない模様でのぞくとビンゴ大会。

IMGP2325.jpg

学友会主催によるビンゴゲームのようです。

簡単だが盛り上がってます。しばらく眺めてました。若くてもおっさんでもかわらんなと(苦笑)

そして、終了したので、羽藤委員長と会場へ。

とりあえず、視聴覚ライブラリーで借りた暗幕を取り付け、生徒さん達といすをメンバーがそろって出します。

IMGP2324.jpg
↑マリエールの司会台じゃないか。こうじ大丈夫か?

やっぱり人数の力はすごいよね。

↓しばらく設営をメンバーが頑張っている姿をご覧くださいw
IMGP2326.jpgIMGP2327.jpg
IMGP2328.jpgIMGP2329.jpg
IMGP2330.jpgIMGP2331.jpg
IMGP2332.jpgIMGP2334.jpg
IMGP2333.jpg

20分ぐらいで設営完了。

しばらくすると司会の橋口さんが来てます。

えっ、司会者の人が前日入りしてリハーサルへ来るなんて正直驚きです。

ありがたいですね。この意気込み。

そして、リハ開始。

リハは、橋口さんを早く返すため、開会式、発表のつなぎ、そして表彰式としています。

IMGP2337.jpg
↑きれいな人です。まっすぐ見られると照れてしまいました・・・かおりんごめんw

しかし、リハなのに少し緊張感がないなぁ(苦笑)

本番さながらで対応するつもりでないとミスするもんなんだが、ここらは参加者も意識するべきです。

まぁ、今後は頼みます。

↓しばらく、ダメだしされたリハを見てくださいw
IMGP2338.jpg
IMGP2342.jpg
IMGP2344.jpg
IMGP2340.jpg
IMGP2346.jpg
IMGP2347.jpg


で、いろんな場面で羽藤委員長のダメだし。

真剣にプロです。やっぱいい方一つに自信というかブレがない。

その分、うまく進みます。

それでも、4時間をだめだししながらするのは到底無理なようです。

結局は10時までしていました。

まぁ、午前中もあるし心配はしていないけど、いいものにしたい。

というのも、羽藤委員長のこのプロ意識をメンバーに見せたかった。

誰もよくわからないままにイメージでしていたものこうやってするんだって伝えてほしかったのです。

私自身は羽藤委員長と運営の緊張感を楽しんでみたいなぁと理事長ながら感じました。

どちらにしても最後までリハに付き合っていたメンバーが多くいるため、

来年のブロックや周年の式典にも参考になるように見てくれてたと思います。

次は当日!

IMGP2345.jpg



追伸

終わった後、久しぶりに同期で同級生、

なお且つ私が立ち上げの時に委員長したときの副委員長だった矢葺君と食事を。

絵本のこと、これからのJCのこと、結婚のこと、いろいろ話してました。

1回目の時にお互い寝ないことなんてざらだったし、よく俺がおらんでたねぇ。

昔と違い、俺も丸くなりました。

今の俺だったらあの頃もう少し、うまくやれたんだけどなぁ。

でも、不思議なもんで今の俺があのころに戻っても立ち上げることはできないだろうなと思う。

若さだったんだろうって、振り返ります。

勢いって武器だよねぇ、だからこそ、若いやつに失敗を恐れてほしくない。
[ 2010/11/03 02:04 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

心の絵本選手権前々日設営(10月29日)

日本シリーズ、昨日の試合の8回からの攻防ですが、かなり熱くなりました。

結果、4-3で中日の勝利でしたが、ロッテファンとしても両チームの頑張りがあっての結果ですので

納得しております。

結果はともあれ、やるべきやった結果は致し方ないと感じます。しかし、残り2勝してくれると信じます。


さて、第8回全国高校心の絵本選手権の前々日の設営が10時ということで行ってきました。

私は目隠し足場、カメラ台、照明台とそれに伴う発電機と毎年私の役割としていますので、

朝から準備して、仕事も暇なため社員3名を連れ行きました。

私は基本的に何でも自分の周りを連れていき、見させることで理解を得るようにしています。

給料を払うということでなく、こういうことをしていくのも仕事であるというのを伝えるためです。

脱線しました。

最初は、メンバーは10名ぐらいでしたので、明徳の学生さんたちと一緒に作業。

IMGP2310.jpg
↑仁と新入会員の松田君。松田君は当日来れないため、先にお手伝いをすると言ってきていましたw

まずはSPの舞台や照明等の搬入、そして、うちの足場の搬入。

IMGP2317.jpg
↑意外といるでしょう。本当にありがたい。ちなみに足場の上からの写真。

何を言うわけでもなく動き出します。現場はこうでないとw

私は足場のほうを段取りしなければなりませんでしたので、他の作業はしていませんが、

学生メンバー合わすと40名ほどになっていたため、早いです。

IMGP2319.jpg
↑うちの社員ですと言っても違和感がない阿曽淳也君(苦笑)

いつも思うのですが、イベントでも事業でもこういった一労働としての目立たないところに

頑張ることこそ、真の評価があります。

平日の昼ですが、多くのメンバーが来てくれることは本当にありがたい。誇りにすら思えます。

2時間でしたがあっという間に設営。

IMGP2313.jpg
↑カメラ台兼照明用足場。イベントで設営あれば安くしますw

IMGP2318.jpg
↑今回はステージを体育館の舞台を使わなかったため、設えとしては良かった。

ここで終わりの挨拶をし、解散。

IMGP2320.jpg
↑みんな仕事に戻って行きました(笑)

委員会は夕方からずっと備品等の確認と細かいリハ的な流れをチェックしていたようです。

羽藤委員長、神野副委員長以下メンバーの皆さん、お疲れ様でした。



追伸

明徳の生徒さんは、本当によく動いてくれました。

私の友人でもありますが、それは羽藤委員長のおかげもありますが、

担当窓口になってくれた土岐先生のおかげでもあります。

あっちゃんありがとう。


[ 2010/11/01 10:21 ] 事業 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。