スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホッと今治2010当日(8月1日)

今日から私自身のおんまくは、始まります。

交通整理の緑色の柵をよく見てください。

㈱渡辺建設ってシールはっていますから。毎年、公録で作ってるんですよ・・・

今週を乗り切れれば、とりあえず落ち着く。頑張れ俺。


さて、ホッと今治の当日、朝6時集合。

何名か来るべき奴が来ていない。遅れてるんだろうな(苦笑)

まぁ、良くあること。

みんな支度を頑張っています。持ち場の見落としがないか、担当はどこか。
IMGP1694.jpg
↑曽我部実行委員長落ち着きがないです。越智修三前実行委員長の余裕と対照的。
IMGP1695.jpg
↑新入会員の山崎君と村上君、ゴミ箱を作ってます。
IMGP1696.jpg
↑スタッフ部会の宮道君は、ホッとになるとハイテンションw
IMGP1697.jpg
↑卒業生の井出さんはガムテープを手にいっぱいつけ、なぜかうれしそうw
IMGP1698.jpg
↑能力が高いのにやる気がない近藤剛治君は、ホッとになると能力を発揮します。
IMGP1699.jpg
↑前日に続き、新入会員の山岡君、朝からまじめにコツコツやってくれてます。


そして受付の開始

IMGP1702.jpg
↑卒業生の越智さんを中心に受付です。バレーボール部会歴代部会長の桧垣君が心配そうに見ていますw
IMGP1701.jpg
↑ビール片手で受付をする山本君、後で越智さんに怒られたでしょう(苦笑)
IMGP1703.jpg
↑受付が終わりホッとしている富田委員長率いる新入会員。

そして開会。

曽我部実行委員長のあいさつ、緊張が伝わりましたが熱い挨拶でした。

そして、私のあいさつも、同様だったようです・・・別に緊張はしてなかったんだけど、おかしいね?


そして試合開始です。

バレーボール部会
IMGP1706.jpg
IMGP1710.jpg

ドッチボール部会
IMGP1705.jpg

サッカー部会
IMGP1719.jpg
IMGP1720.jpg

屋台部会
IMGP1707.jpg
IMGP1708.jpg
IMGP1718.jpg

イベント部会も、数多くのイベントしてましたが写真はとっておりません。本体にて確認ください。

ごめんなさいね。

それと会場各所の思いつくままに撮ったメンバーの写真↓
IMGP1710.jpg
IMGP1716.jpg
IMGP1712.jpg
IMGP1713.jpg
IMGP1722.jpg
IMGP1721.jpg


私といえば、彼女と一緒にだいぶいろんなところに参加しました。

ペアのバレーも出場しました。ぼろ負けですが(苦笑)

ホッとでこんなに遊ばしてもらったのは初めてです。しかし、来年からは戻りますよ。

そして、表彰式、昨年から恒例の綱引き。

私も片づけをしておりましたが手を止めて、参加。

会場に残った参加者もほぼ一体感を持って参加してました。

片づけはいつものように手際よく。

これこそ今治JCの伝統のような気がする(苦笑)

私は高校生とテントを戻しに行ったので、メンバーの皆さんと解散するところには入れませんでしたが、

参加者の笑顔にメンバーのみんなも充実した感動を覚えたんじゃないかと思います。

その後の打ち上げには30名ほどの参加で学校の先生ともども、しんどい顔の中、

みんな充実な顔をしてました。

本当にお疲れ様。


追伸

西条の次年度理事長予定者の田中君は、良くホッとに参加してくれます。

今回もTシャツも購入してくれました。

来年、地区大会のある西条には、ホッとに関わってるメンバーも行ってあげてくださいよ。

IMGP1709.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/08/04 08:56 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(2)

ホッと今治2010前日準備(7月31日)

ホッとが終わったといえど、暑い毎日が続きます。

今週はおんまく、同日開催の焼きとリンピック。

設営と当日と大車輪のように動かなければなりません。

確かに気持ちの中に負担という言葉が浮かんできます。

でも、みんなが時間を分け合ってすれば大丈夫。

一人じゃないんです。さぁ、楽しもうw


さて、今年もホッと今治の会場設営。

唐子浜に8:00に集合です。

私はテントをてんこ盛りに積んだ車にのって会場へ。

土曜は少ないだろうなと予想していましたが案の定。

とりあえず、テントを下ろしたり、コートの準備したりと高校生が来るまで

作業のできる状態へ。

高校生が集まり、9時になって一度実行委員長のあいさつ。

IMGP1691.jpg
↑たかやんの腹の丸さが気になりますw
IMGP1690.jpg
↑左から4番目が新入会員の山岡君、設営、当日と一生懸命頑張ってくれました。
IMGP1688.jpg
↑生徒数がこれぐらいなんて・・・実行委員会発足以来ではないでしょうか。

今年は特に高校生が新人戦のためサッカーを含み、50名足らず・・・

しかし、少ないからと言って、することが減るわけでないので黙々と会場に来ているメンバーは

作業します。現場はこれがいい。文句言ってても前には進まないですからね。

IMGP1684.jpg
↑高橋伸也さんから屋台を引き継ぎ、もう7年。康起さんも頑張っています。
IMGP1686.jpg
↑やのちゃん、修治さん、史典さん。みんな先輩です。
IMGP1692.jpg
↑舞台設営はずっとかかわってないけど、これも時間がかかります。

いつものようにテントを立て、ステージを立て、コートを設営していきます。

今回は若手が少なかったですが、ベテランは多くいます。

経験値は高いベテランですので、効率よく、少人数で作業が進みます。

それでも、コートの設営が高校生がいない分遅れる。

仕事では10年ぐらいユンボに乗ってないけど、昔取った杵柄で私も作業します。

まだまだ、げんばやれるぞーw

そのうち気づくと12時。

まぁ、やよりなんとかなったので、高校生はバーベキューです。

テントの中で覗いていると若いやつらは元気だw

肉よーくってる。

IMGP1693.jpg
↑肉に群がる高校生。テントから動くのがだるくなったため、遠めの写真。

こないだ言ってた、食事力=若さ、ってやつですよ。

私自身は食事せずにスタッフ部会の宮道、楠橋のともの3人で食事をしに行ったみんなを待って、

交代で2時ぐらいに食事に行き、戻るつもりでしたがほとんど終わっていたので

仕事に戻りました。

夜は前夜祭的にバンド、ブースによる無尽等を行ったようです。

福岡から友人が来ていたため、そちらは断りを入れたのですが、

だいぶ飲んで騒いで盛り上がったようでした。

こういった、設営はJCの得意技です。

今年は若いメンバーが少なかったため、伝えきれなかったですが、違う機会に学ぶことがあるでしょう。


追伸

いつも、思うのですが、真鍋君が入ってくれたおかげで、

飲み物などを冷やす氷を第一冷蔵から、運んでくれるようになったため、楽になりました。

今年も土曜から飲み物番をしてもらっていましたね。

それぞれに業種の得意なとこがあります。

そういうところをうまくできるのもJCだからですね。

来年も真鍋君、頼んだよw

[ 2010/08/03 15:45 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(2)

2010ホッと今治実行委員会(7月28日)

7月29日のブログは、緊急に提言したいため、2つ上げます。こちらもしっかり見てほしい。

児童虐待の相談が過去最高だそうですね。

私自身、結婚もしていませんので親の気持ちはわかりませんが、絶対しないと断言できます。

厳しくすることはあっても、虐待はあり得ないでしょう。

確かに憎く思うこともあるのかもしれませんが、それは一過性のものであって

愛情がある中でのものですよね。

親こそ、親であるべき世代の我々こそ

本当の教育を受けなければならない時代が目の前にきているのもしれません。



さて、7月28日ホッと今治の実行委員会の最終打ち合わせがありました。

9時30分開始という遅い時間ではありましたが、踊りの練習、太鼓の練習

があったのでその後に開始ということだったのでしょう。

IMGP1666.jpg
↑頑張れ、矢葺事務局長。曽我部実行委員長を男前にするために最後まで胸張って!
IMGP1667.jpg
↑さて、この画像の中には若いと言えるのは何人いるんでしょうか・・・
IMGP1668.jpg
↑画像荒くして輪郭がぼけていてもわかる木村監事。いつも、ホッとTシャツ着ていますw
IMGP1669.jpg
↑左端の平田のてっちゃんは、卒業後の現役との交わりのホッとを楽しみにしてます。


私自身、入ってからですから12回目を迎えるホッと今治。

22回ということは入会時に10回目だったのかな。

まだ、Vリーグの選手の試合やコンサートもしていた時代。

そういや2日間開催だったから、えらいしんどかった記憶があります。

しかし、あそこのあの場所こそ私のJCの原点です。

一生懸命やり、意見を言うとその企画を実際に形にするためにみんなが協力し合う態勢。

私自身は汗をかき、どうすればもっと良くなるんだろうって意識の中、仲の良かった先輩達と

どこでも夢を語っていた気がします。

そう、5年前まではだれもが認めるホッと馬鹿でした。

そんなホッとも少しずつ廃れつつあった中で、今年曽我部実行委員長が起こしているアクションは

若いメンバー、市民スタッフの自主性を活かそうってことです。

自分たちで一生懸命やって考えたことが評価されるのは、しんどくても面白いはず。

そういう雰囲気が漂っています。あと、もう少しで昔のホッとに戻りそうです。

しかし、足りないことが一つ。

中堅クラスのバックアップです。中にはいますがいかんせん少ない。

それぞれに多くの経験と知識を持ったメンバーが一生懸命やっている若いメンバーを支えないと

いけない。私も含め、わかりすぎている先輩が直接の支えになってやってはいけないんです。

もう一度、関わっていない中堅のメンバーも再度、JCで培った経験と知識をホッとの場所で

発揮してあげてくれませんか。

汗をかき、しんどいことをすることでかち得る信頼は数多くあります。

昔はここで一生懸命する若いメンバーを副委員長、幹事として選ぶのが常套手段でした。

再度、実行委員会メンバーから依頼があるでしょうが、積極的に土曜、日曜に

少し無理をして、時間を作って一緒に汗を流しましょう。

しんどいことを積極的にやらざるを得ないJCは、今の大変な時代だからこそ貴重な時間を

与えてくれます。

これこそ、実践の中で得る学びです。

しんどいことして、やっと終わったっていう充実感をともに味わいましょうよw

自然と笑顔になるんですw


追伸

一つだけホッとに苦言。

人の時間を使うのは勇気がいります。それだけ責任感と準備が必要ですから。

確かに無理してお願いはしにくい。

今回の準備の土曜日、数が少ないと予想されます。

しかし、それは無理をさせてないっていうことになるんでしょうか。

裏を返せば来たメンバーが本当に大変になるってことですよ。

そんなことして、ホッとのメンバー増えると思う?

まだ2日あります。もう一度、みんなで手分けしてお願いしましょう。

[ 2010/07/30 09:22 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(0)

ホッと今治実行委員会(6月18日)

今日はいい天気です。外に出るといい風も吹いてます。

初夏の香りが漂ってきました。

でも、事務所の中はPC等の電気機器の温度で蒸し暑い。

まぁ、ダイエットだと思って我慢します(苦笑)


さて、もう日にちも経ちましたがホッと実行委員会へ参加しました。

前回例会でPRに来たように、今ホッとも曽我部実行委員長のもと、けつに火が付いています。

6月18日ホッと


今回は30名ぐらいで開始時間も7:30から始まりました。

バレー部会、スタッフ部会、サッカー部会、アトラクション部会、屋台部会、会場整備部会

広報部会とそれぞれから報告がありました。

その中で、熱い意見のやり取り、しかも若いメンバー同士でという点で、

本当に良い会議でした。

わたしも聞くだけでなく、普通にホッとのメンバーとして意見をガンガン言わせてもらいました。

私自身がJCを好きになっていったホッとが今、ここにあるんじゃないかと錯覚します。

若いメンバーが意見を言える会議運営、JCとはまた違う点がありますが、

私のJCの原点はここじゃなかったかなと思いだしました。

また、私が提案させてもらった法皇JCのビーチバレーの大会に出て

PRしていくのも賛同してもらいました。

前向きにとらえてやっていくという点は非常にいいことだと思います。

自分の足元を見る事も大事ですが、胸を張って前を見る事が大事なことだと思います。

さぁ、今年のホッとは楽しくなりそうだw


追伸

今回も白石泰嗣、康起、安永、越智俊、史典、修三、松本先輩がきて、あまり意見はいいませんが

ドンと構えています。

若いメンバーは頼りになる先輩が参加してくれるだけで勇気をもらえます。

いいバランスじゃないかなぁとつくづく思います。



[ 2010/06/23 06:48 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(0)

ホッと今治実行委員会(6月4日)

だいぶじめじめしてきだしましたね。

そろそろ、九州は梅雨入りだとか。

今年の雨は、多そうです。大会や事業が開催されるシーズンですし、

なるべく平日に降るほうがいいと思ってしまうのはJCマンの悲しいサガかなぁ(笑)


さて、シンガポールからかえり、昼は公職、夜はホッとと休ましてはくれませんw

ということで実行委員会に参加しました。(写真が見当たらないので後日)

今回はメンバーが多い。市民スタッフが3人、メンバーは18人ぐらい。

いつものようにまともな報告は、じゅんやと伸介、あとは高校生ミーティングの元岡ぐらい・・・

おいおい・・・

もう2ヶ月なんだけど・・・

予算の部分も絡め、収入も不確定。この状況はまずいんじゃないの?

空気的に重くなってきています。

さすがにまずいと曽我部実行委員長が、カツ入れ的に切実な財政状況と

工程的にまずいことをふまえ、ノルマではないですが、縛りを設けました。

実際いつも通りでいいのなら別ですが、今年は曽我部実行委員長が市民スタッフを呼び掛け

3名こられています。市民スタッフの皆さんが熱く楽しそうに議論もない状況をみて

どう思うか考えるとこれでは、協力してくれませんよ。

その危機感を持って、今年立ち上げ、それに賛同したメンバーがホットを担っているはずです。

熱い夏のイベント、まさにホッとなんですから、熱く語り合いながら楽しんでいきましょうよw

財政面はメンバーみんなで協賛を集めるということです。

JCにも依頼があります。是非、曽我部実行委員長の熱い思いを受け、

みんなで協力していければいいなと思ってます。


追伸

市民スタッフの玉井君が店でほっとTシャツを売ってくれているそうです。

ネットで東京の方が1枚買ってくれたと言ってました。

感動しました。俺たちも負けずに男前にならないと!
[ 2010/06/08 08:32 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。