スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わんぱくきずな塾by88(島四国編1 8月28日)

今一日遅れのブログになっています。

ネタはあるんだよネタは(苦笑)

ただ時間がうまく使いきれていないだけ。

何でもですが、一つの物事だけ集中できればどれだけうれしいことか。

しかし、そういうわけにはいかないのが人生。

それをうまくこなしていくのが、経験なんだけどね。


さて、昨日の続き、今日はわんぱくきずな塾 島四国編

まずは、名駒の37番札所 示現庵から。

IMGP1810.jpg
↑ちょっとしたところでもこれぐらい上にあります。

IMGP1809.jpg
↑無事を祈願して、さぁ、始まりだ!

ここはスタート、まだ近い。一つ一つのお寺に担当の子を決めているので一通り手順を説明しました。

そして、この島四国一番の難所、38番札所 仏浄庵へ。

海岸沿いを経由し、きれいな景色といい天気に子供たちも笑顔です。

IMGP1811.jpg
↑いい天気です。海がきれいだ。

しかし、これからだ・・・

時間的に1時間ほど昼食が遅れそうなので子供たちに少しだけ楽なコースか

きついコースかを選ばせました。

すると子供たちはせっかくだからきついコースを行こうとの言葉。

おじさん感動で涙でそうだよw

38番札所目指し、大島自然道を進みます。

自然道という名の通り、けもの道のような道でしかも、岩肌むき出しの道。

最初は木々のドームを抜けていきます。気分は川口浩探検隊。(子供たちはわかりませんでした)

おお、ここは何だ・・・

IMGP1813.jpg
↑むき出しの岩肌、手すりもないところで子供を連れていく過酷さ・・・

今治がここからは良く見えます。
IMGP1812.jpg
↑この風景は暑かったけど天気のおかげ。

子供たちも最初は元気ですが、しばらくするとどこまでも続く山道そして、影のない

岩肌のため、元気がなくなってきます。

休憩をとるともう飲み物がないと・・・・

じゃーん、リックの中から飲み物を出してあげました。

重かったですが20本ほどの飲み物を担いできました。

コールドスプレー、湿布、テーピング、マキロン、カットバン、酸素、冷却シート。

塩分補給のための梅干しも用意はしてるので、子供たちどんと来い!

40分ほど歩くと38番に到着。子供たちもうれしそうというより安堵かな(苦笑)

IMGP1814.jpg
↑真ん中が38番です。見えにくいけど。

IMGP1819.jpg
↑冷えピタを張って少しは楽だったかなぁ?

続いて39番へ。この後ぐらいから少し、遅れる子がでてきました。(たかやんも含め・・・)

先に行きたがりいこうとする子供もいるのですが、

競争じゃないというのと、同じ班で遅れる子のことを考えろと諭すと

少し気を使いだします。やんちゃやが、かわいいねぇ。

そして、私がこの過酷なコースのために用意した、水戸黄門の歌、そう人生楽ありゃ~♪

あの歌を子供たちに歌ってもらおうと歌詞カードを。

拒否られました(泣)少しさみしかったです(泣)

しかし、しばらくするといつも突っ走ってた男の子二人組が歌ってくれ出します。

「人生楽ありゃ苦もあるさ、涙の後には虹もでる 歩いて行くんだしっかりと

泣くのが嫌なら さぁ 歩け」

そうなんだよ。このコースにうってつけ。

そうやって歌っていると、くだりになり、民家が見えてきました。

おぉぉぉー やっと着いたぞ。

さぁ、みんな頑張れ!飯はもうすぐだ。

39番到着!まずは拝みます。私は無事帰れたことを感謝しました(苦笑)

IMGP1816.jpg
↑はらへった、はらへったしか、拝んでる時も頭に思い浮かばなかったにちがいない。
IMGP1817.jpg
↑薬師如来さんが守ってくれたおかげで無事到着かな。

そして、地元の方々のおせったい。

IMGP1820.jpg
↑本当にありがとうございました。きつかっただけに子供が感動していました。

おにぎり、飲み物、そして何よりありがたい日陰。

地元のおじいさんおばあさんが子供たちのために用意してくれてます。

子供たちも本当にうれしそう。

時間的には予定より40分遅れのため、逆算し、40分ほどの休憩としました。

さわやかな海風が先ほどの難コースの達成感を感じさせます。

IMGP1818.jpg
↑心地よい風が、疲れた体を癒します。

しかし、残り5つ札所が残ってます。

地元の方々にお礼を言って、一番きついのを最初にクリアしたんだから大丈夫と再出発。

そして、40番札所。

まぁ、楽勝だろう。さっきから比べれば。子供たちも元気です。

IMGP1821.jpg
↑もう、しんどいところがないようにとお祈りしてるのかな?
IMGP1823.jpg
↑おっと、一人だけ元気がない人が(苦笑)
IMGP1824.jpg
↑何撮ったんだろ、この写真?字が読めんのでわからん。

しかし、少し次がきつい。

41番は畑に入り、その上の少し傾斜まで上がらんといかん。

しかも、途中でイノシシ除けの電流柵が。(電流が流れていないことは前回確認しておきました)

また、少ししんどそうな子がいます。

でも、みんなに遅れないように頑張ります。体は大丈夫なようですが、

責任感でしょうか、プライドなんでしょうか、子供も立派に人です。

IMGP1825.jpg
↑こいつら二人が一番手がかかった(苦笑)

そして、42番へ

さぁ、あと少しで給水ポイントだ。頑張れ頑張れ!

IMGP1828.jpg
↑なむだいしへんじょうこんごう、なむだいしへんじょうこんごう
IMGP1827.jpg
↑さぁ、もう少しだw

お参りをし、ハンサム兄さんこと西原君が飲み物を持ってきてくれました。

ここで休憩をしていると子供たちが勝手にあだ名をつけます。

まず、一緒に歩いてくれた明短の正樹君には小杉。(男前ですよ彼は、なぜかわからん)

たかやんは、声が千原ジュニアに似ているため、ジュニア。

私はおぎやはぎの小木といわれたんで、持ちネタの仲本工事を披露し、

工事と命名。

ここでわかるように子供は格付けをします。

一番いじられたのはやはり、小杉、そして次にたかやん。私はいじられるというより、

先生のような扱い。いじって大丈夫な人間といじってはいけない人と決めているようです。

休憩も終わり、後2つ。

43番では子供たちももう終わりが近づいているためか、打ち解けています。

ここも坂の上。(現調ブログ参照)でも、足取りが軽い。

IMGP1830.jpg
↑お賽銭を探しているんだろうか?

さぁ、もうひとつだ。最後まで頑張れ!

44番は道沿いのため、一番楽です。

IMGP1831.jpg
↑正樹君、君がいてくれたおかげで子供たちとも無事に最後までこれました。ありがとう。

到着し、お参りをし終了!良く頑張ったね。子供たちも達成感で笑顔です。

IMGP1832.jpg
↑いいねぇ。みんな仲良しになってくれて担当してたかいがあったよ。

そして、仲間意識が芽生えています。これぞ、きずな!

この後、感想をまとめるために姫内山荘へもどり、子供たちが書いています。

どうかこうかと子供たちが聞いてきます。自分で考えろと冗談ぽく突き放します。

というのも会員会議所の懇親会に行くために大洲に行かなければならないのです。

小杉とジュニアによろしく頼むといいながら、大洲の愛媛ブロック会員会議所へと後ろ髪引かれながら

出発しました。

ごめんな・・・


追伸

子供にも微妙に人間関係がありますね。

でも、うまくすれば仲良くなりやすい。

一緒に何かをさせることで仲間意識は芽生えます。

我々も一緒ですねぇw

スポンサーサイト
[ 2010/08/31 08:55 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

わんぱくきずな塾by88(8月28日)

昨日のわんぱくのあとの疲労感はありますが、

仕事はいつものようにあります。

昼から雨が降りましたね。昨日でなくてよかったなと正直思います。

やはり、事業は晴れていないと意味がない。

それにしても、俺たちは疲れてるでしょうが、子供たちは今日も元気なんでしょうね。

たぶん、今日も張り切って遊んでる気がする(苦笑)

まぁ、ある意味遊ぶのが仕事だからね。



さて、わんぱくきずな塾、初日、メンバーは8時集合。

うちの社員が集まる10分には出ていきたかったのですが、ブログ書いていて遅れてしまい20分出発。

帽子かぶって、リック背負って遊びに行く格好のため、突っ込まれます。

まぁ、そういうな、と一言。忙しい時は少し後ろ髪引かれます。

そして、マリン広場に到着。8時の集合のため、まだまばら。

IMGP1796.jpg
↑当日まで知らなかったけど、青野直前も先達をお願いされていたようです。
IMGP1794.jpg
↑逆光のため黒いのではなく、もともと黒いんです(笑)

武田委員長は、少し緊張しています。

今まで頑張ってきたんだからリラックスしなきゃw

まぁ、無理もないけどね。

8時になりメンバーも集まりだした頃、受付30分だけど、参加者も集まりだしました。

IMGP1792.jpg
↑ちらほら、集まってきだして、メンバーも動き出しました。
IMGP1793.jpg
↑この白さがどこまで黒いくなるんでしょうね、池内さんw
IMGP1795.jpg
↑朝から暑いので陰で休憩。これから地獄なんだから今のうちに休んどいてw
IMGP1797.jpg
↑委員会メンバーはおそろいの作務衣で統一。正直怪しいんだけど(苦笑)
IMGP1798.jpg
↑子供さんには、同行二人のアームハンカチを受付で渡します。

そして9時に、班ごとに80名の子供たちを並んでもらって、開会!

武田委員長の緊張していますが、さーこれからやるぞという気合のこもった挨拶のあと、

私の主催者あいさつ。正直順番違うけど、テンパってたんだろう。

ある意味フォローし易かったので私はこのほうがしやすかったけどね。

最後に頑張るぞーコールをして、それぞれの担当でわかれて、話をします。

私とたかやんの担当は1班のため、7名、男の子は、たけし君、たいが君、まこと君、てるき君。

(あえてひらがなです、今の子の名前はわかりにくい)

女の子は、ななみちゃん、はるかちゃん、りみちゃん。

みんな最初は緊張気味で、お互い警戒してる。

おじさんこわくないからねw

IMGP1800.jpg
↑左からてるき、りみ、たけし、はるか、ななみ、たいが、まことです。

そしてフェリーで大島へ。

最初はやっぱり、知り合い同士で固まる。でも、騒ぐ(苦笑)まぁ、子供だからね。

大島のフェリー乗り場に到着し、会場の姫内山荘にあがっていると

後ろからお茶の差し入れを持って担ぐ吉成地区長を発見!

わざわざ、こんなところまでありがとうございます。

IMGP1801.jpg
↑スーツでこんなところ来るのは無茶な気が・・・ちなみにお茶は、その後、受け取りメンバーが運びました。
IMGP1802.jpg
↑このお茶の差し入れ本当に助かりました。ありがとうございました。

そして、さっそく子供たちにこれから歩く島四国の講演。

その前に、吉成会長にせっかくの機会ですのでお話をしていただき、

IMGP1808.jpg
↑子供たちにはいきなり何かわからなかったでしょうが、徳島からわざわざお茶を持ってきてくれたことは
伝わっていましたよw

島四国の79番札所福蔵寺の河野之伴住職にお話を聞いてもらいます。

最初はみんなまじめに話は聞くのですが、やはり、30分過ぎると・・・

IMGP1805.jpg
↑狭いところで80人強がぐっすり。担当の俺たちが座るスペースがないぐらい。
IMGP1806.jpg
↑だんだん、ざわざわ。
IMGP1807.jpg
↑このわざとらしいリアクション(笑)写真意識し過ぎだ(苦笑)

少しにらみ聞かせると黙るのですが、まぁ、難しいわな。

そして、班に分かれて出発。

長くなりすぎるので本日はここまで!


追伸

開会式の時の親御さんの真剣に我々の話を聞く姿勢に心打たれました。

知らない人に子供を預けるということは、本当にありがたいことです。

しかも、沢山歩くこの事業。

夏の日差しも強い中ですので、我々が信用に値するかを見られている気がしました。

参加する人、その親御さんの気持ちを考え、それに対してどうすることまで考えるのが

大事なことだと改めて気付かされました。


[ 2010/08/30 23:59 ] 事業 | TB(0) | CM(4)

わんぱくきずな塾by88「僕らでつくる空と海と今治」御礼

さすがに土、日とハードであったのと日曜の晩は、

またもや沈没したため、日曜分のブログを取り急ぎのお礼で

対応します。

ちょっと仕事立て込んでるんで事業のブログは夕方にでも・・・


さて、8月28日、29日、告知しておりましたわんぱくきずな塾by88「僕らでつくる空と海と今治」

無事終わりました。

次年度段階で武田委員長にお願いし、企画立案、準備と1年かけてやってきました。

第3回を迎えるわんぱくきずな塾でありましたが、子供たちにただ遊んでもらうだけでなく、

環境のことをもっと考え、自分たちのまちを自分たちで作っていくという意識づけをできる事業にして欲しい。

そんな抽象的な話で事業を企画してもらいました。

蓋をあけると島でのハードな事業であり、泊まりの事業。

我々自身も子供たちを預かる中で、不安ではありました。

しかし、武田委員長、長尾副委員長の率いる地域力創造委員会が、

様々な困難を時間をかけてクリアし、現場主義という名前が似合う

メンバーで事業が完成しました。

島四国、藻場の再生、ご当地バーガーのおせったい、桜の植樹、そして来島大橋の徒歩行。

盛りだくさんの事業の中、無事終えたのも、準備した我々ではなく、

参加してくれた子供たち、我々を信用して預けてくれた保護者の皆様、

島四国の活動をされている矢野会長をはじめ大島地域の方々、藻場の再生で講演をしてくれた

小林信吾先生、そしてともに子供たちの世話をしてくれた

明徳短期大学の幼児教育科の生徒たち。

誰一人欠いてもこの事業は成立しませんでした。

今治青年会議所を代表して、皆様には厚く御礼申し上げたい。

本当にありがとうございました。


追伸

8月30日の愛媛新聞に記事が載っていました。

今治JCメンバーの頑張りが記事を通じて伝わって気がしました。

これから何回かに分けて、報告していきます。

楽しみにしておいてください。

2010083007520000.jpg


[ 2010/08/29 08:29 ] 事業 | TB(0) | CM(4)

カッター大会練習(8月27日)

いよいよ、今日がわんぱくきずな塾ですね。

武田委員長をはじめとする地域力創造委員会が、長いことかけて準備、企画してきた

事業です。

大島であるため、行きにくいかもしれませんが、仕事で調整がついたら手伝いに来てください。

やることはいくらでもあります。

苦労を花咲かすために、全員で協力していきましょう。


さて、わんぱくと重なるカッター大会が8月29日にあります。

昨年は愛しまなみ博に重なりながらも、沖洲多目的広場のため近く、昨年度常任で対応し

私自身も出ました。

しかし、今回は遠い大島。

何名かのメンバーに泣く泣くそちらに参加するようにお願いしています。

そこらの理解は、同志としてお願いします。

脱線しました。

宇野スポーツクラブ会長がわんぱくの委員会のため、楠橋副会長が主導で練習も行っております。

私自身も1回目の練習は参加できなかったため、今回は5:30からの練習に頭から参加する予定でしたが

明日朝からいないため、社員に打合せをしていると6時までかかりました。

遅れていくと遠くにいます。

IMGP1784.jpg
↑あれかなぁ。
IMGP1785.jpg
↑そろってないからやっぱあれだろうな。

あれかなと見ているとああ、やっぱりあれだ。

IMGP1786.jpg
↑松本先輩がかじ取りの加藤卒業生、垣本専務、河上副専務、青野君、佐々木君、新入会員の村上君です。

あれ、松本先輩。良く聞くとメンバーが足りないために、

仕事帰りの松本先輩、ジョギング中の吉田透歴代がしてくれていたそうです。ありがとうございます。

声をかけるといきなり乗れといわんばかりに、艇をつけてくれ、のりました(苦笑)

1年ぶりです。実は私は気を使ってしまって、カッターは苦手です。

しかし、私もベテラン、多少は覚えています。それと昔よりはまし(苦笑)

両側の真ん中の青野君、村上君はやはり、初めてのため気を使いうまく合わせにくそうです。

そう、真ん中難しいんだよ。わかる、わかるw

しかし、加藤のとっさん、さすが国体選手というより全国1位。

風格が違う。

意外とカッキーも昨年からやり始めなのにもうエース級。

俺の頼りになる女房役は何でもこなす。

伸介もそれなりにやる。泰平君も初めての割には慣れてきてます。

後楠橋の友と小島副理事長が混じればなんとかなりそうだ。

で、1往復し、戻ると黒瀬、発見!

IMGP1789.jpg
↑黒瀬乗る、おっと、揺れる!
IMGP1790.jpg
↑黒瀬座る、まだ、揺れる!

去年は黒瀬うまかった記憶もあったんですが、今年はわんぱくのほうの役割があるため

出れません。おしいねぇ。新生JCカッターチームに黒瀬は欠かせないでしょう。

そして、もう1往復。

腕が痛くなってきた。

みんな疲労のため、しかもバラバラ(苦笑)

やっぱり、しんどい(苦笑)

で、しんどさと、暗さもあり、ここで終了。

しかし、その後もかじ取りの仕方を松本先輩が伝授してました。

IMGP1791.jpg
↑フラッシュたかなかったので手ぶれしてるけど、暗い中、松本さんの教えをみんな真剣に聞いてる。

昨年までカッターも先輩達の力を借りてきましたが、今年から現役で挑戦します。

当日、そこまで活躍はできないかもしれませんが、今後は伝承できる気がします。

いや、当日も私はいないですが、頑張ってくれるでしょう。

手伝っていただいた先輩のためにもみんなよろしくお願いします。


追伸

今年はだめでも来年は3回でも4回でも練習をしようぜ。

みんなでやればカッターも楽しいもんだ。

張り切っていこうw

[ 2010/08/28 07:17 ] クラブ | TB(0) | CM(0)

第1回中心市街地再生基本計画策定専門部会(8月25日)

少し夜も朝も過ごしやすくはなってきました。

しかし、昼は暑い!

わんぱくきずな塾、いよいよ明日です。

担当委員会の地域力創造委員会のメンバーだけでなく、参加するJCメンバー全員で

子供たちのケアをしていきましょう。


さて、公職で一番多く出席している中心市街地再生化の作業部会も終わり、

専門部会に移行しました。

専門部会では、それぞれが自分の好きな担当に分かれ、つめていきます。

サイクリングネットワークを考えるサイクリング部会、まちの様々な事業を考える

にぎわい部会、そして統一性を持ったグランドデザインを考えるデザイン部会に分かれています。

私はデザイン部会に入りました。ちなみに八木副理事長はにぎわい部会へ。

本日は次年度の常任理事予定者会議ということで、欠席でした。

にぎわい部会、サイクリング部会はどちらかといえば、具体的な事業を考えていく部分ですので

それぞれに盛り上がり、方向性も見いだせやすいのですが、いかんせんグランドデザインは

抽象的です。

今治の市役所を中心とした今治市を考えるに皆さんは何を思うでしょう。

海のまち、今治城ぐらいですよね。

前回も話したように、我々も海のまち(海事関係も含みます)、今治城、広小路を中心で

考えるべきであるという意見で今現在まとまっております。

IMGP1783.jpg
↑細かいところ報告すると時間かかると思ってとってたのだが、ボケて見えないね(苦笑)

その中で地図により今治の地形の特異性を見出し、俯瞰的な観点で、ルートを見出し、

大枠なデザインを決めた後、エリアでそれを関連づけて、考えていこうとしています。

逐一報告していきますので、ご意見を言ってください。

それをこの会でも報告していきますので。

今回は流れの再認識、そして次回は何を決めていくかを選定していきます。

時間もないため、急ピッチで物事を決めていかなければならないでしょうが、

この部会には建築士会の支部長さん、ICPCの副会長さん、商店街から箱崎さん、商工会議所

若手建築家でイベントをしている方、公募委員等、話が早い人が多くいるように感じます。

全城連の時、どうこの中心市街地にお城を絡めるかで四苦八苦いたしました。

事業の連携も意図もそれによって理由づけしていかなければナいません。

早いことせんと他の部会が先行し過ぎると今治特有のめいめいはちはちの企画になってしまいます。

やりがいのある部会ですので楽しみながらしていきたいです。


追伸

IMGP1782.jpg
↑にぎわい部会、商店街の方々が多いので外部も参加し、外から見る意見も多く意見をもらえるといいね。
IMGP1781.jpg
↑サイクリング部会、NPOサポートセンターの山本さんが今回もしてました。すごいですよ。

今回もまとめの部分をそれぞれ、写真のようにプレゼンをします。

我々の理事会のような運営ではありませんが、このスタイルは委員会運営に取り入れると

プラスになるでしょう。

オブザーブができるかどうかは確認しますが、部会に推薦すればメンバーも入れます。

勉強にはなりますので見に来たい方がいたら言ってください。

相談してみますので。

[ 2010/08/27 09:17 ] 公職 | TB(0) | CM(0)

内子紀行 その2 (8月14日)

一昨日、因島青年会議所さんが、今度のしまなみ3JCの打合せに

今治に来ていたそうです。直前理事長の村上英太郎君も来ていたそうです。

仲渡委員長と食事をしている時電話があったのですが、

残念ながら松山にいたのでお会いできませんでした。

カッター大会の練習もあったのですが、こちらもキャンセル。

体が3つあれば全部出るんだけど、今回は一番の先約を優先しました。

すべて大事なのですが、本当に残念です。

しまなみ3JCの当日は大いに語りたいですね。


さて、昨日の続き内子です。

内山JCの上田理事長に連絡を取り、桃狩りに百楽園へ。

上田理事長の経営する桃園でできるのです。

機会あれば行ってあげてください。

さすがに街中から遠く、あってるかどうかわからないまま、20分ほどかな。

ところどころに看板があるのでなんとかたどり着きました。

2010081514360000.jpg
↑こんな感じではなく、もっとおっきい看板です。

上へあがると仕事してます。

少し暑いのでダレていますが(苦笑)

2010081514390000.jpg
↑まぁ、暑かったし、しんどそうです(苦笑)

案内してもらった後、桃狩りのルールを教えてもらいさっそく開始。

たれもいないのでのんびりできます。

2010081514590000.jpg
↑木熟れの様がリンゴのようです。

最初は試しに適当なものをひとつとりむぎ、食べてみるとリンゴのように丸かじりできるぐらい固い。

2010081514450000.jpg
↑彼女も桃狩りは初体験。

桃は木で熟れていてもそれほど柔らかいものではないんです。

いつもの汁がたれて困るぐらい柔らかいのは、収穫して置いているからだそうです。

固くても、家で食べるより甘い。やはり木熟れ。

暑い日差しの中、彼女とのんびり木陰で食べる桃もおいしいです。

でも、桃もいっぱい食べれるもんでもありません。

適当に2個ほどむいで食べたらおなかがおっきくなりました。

これでは、楽しめないではないか。

斜面のためヒールの女性は意外と桃狩りもしんどいので、

私が張りっ切って、良く熟れているのを探し出し、彼女に食べさせようと。

上田さんの説明によれば、枝の先から熟れるらしいが、それだけではいいものに当たらない。

で、研究してみました。

まずは、上もふまえて、桃自体に日が当たるものを探し、

まんべんなく赤さが黒みがかっているぐらいのものを探します。

2010081515160000.jpg
↑真剣に匂ってました。触るとそこから腐るらしいので触っての選定はNGです。

それと桃のお尻を匂います。本当に熟れている桃はにおいもすごく甘い。

そんなこんなで5つぐらい食べながら選定。

一つ食べるごとに甘くなります。

そして、であった一品、全体には赤くなってないですが、木のてっぺんで上にお尻が向いてるのが一つ。

2010081515170000.jpg
↑たまにはこういったとこもいいでしょう。

これに関しては、めちゃくちゃ甘いし、柔らかくなっている。

彼女も喜んでくれました。

1時間ほどは、そこでのんびりしたかな。

最後にせっかくだし、後で食べるのとそれぞれの家用に余分に取って、受付に戻ると

上田理事長が、お金払うつもりでとってきた桃と葡萄をサービスしてくれました。

百楽園、いいところです。

桃は20日まででしたが、葡萄がこれからです。

葡萄狩りも時間が合えば行ってみたいです。

毎年行きたいですね。

その後百楽園をでて、帰り道、いつも内山JCが清掃しているミニ小田川の前を通ると

子供たちが河川敷で遊んでます。

川は川で海より涼しそう。いいねぇ。

そして、内子の町並みをみて、高速へ。

やっぱり帰りも混んでます。

行き同様、トンネルに入るとスムーズに。

まぁ、これぐらいなら許します。

さーて、次はどこに行くかなぁ。



追伸

今度の10月9日には、内山の20周年です。

現役だけでなくOBの方々も行かれるといいかもしれません。

特に実行委員長が20年選手のチャーターメンバー徳田さんですからw

からりは、周年の時、時間があれば専務や河上君と食べに行きたいです。
[ 2010/08/26 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)

内子紀行その1(8月14日)

今日はゆえあって、少し二日酔い。

暑い時の二日酔いは、熱中症になりそうです。

今週は最後の体力勝負、どこかで体休めんと持たない気がする・・・


さて、古くなりますがお盆の話。

皆さんもそうでしょうが、どうせならJCで見たところに彼女を連れて行こうと思っています。

今年、必ず行こうって思ってたのが、内子です。

今年のお盆は少し余裕がなく、県内で済ましたかったので内子へ行きました。

お昼過ぎに今治を出て、高速で。

今治から松山までは、スイスイと快調。

しかし、松山から南予方面に入ったとたん、3kmの渋滞。

私、短気なため渋滞を過度に嫌います。

正直、松山ICの手前で渋滞表示を見て、一度おりました。

しかし、彼女にたしなめられ、思い直してもう一度高速へ(苦笑)

多少我慢しながら内子へ。

確かに渋滞とはいうものの、イベント事で前に進まない程度、まぁいいや。

あるトンネルに入ると途端に渋滞が解消。

不思議なことに、トンネルはいるとき、暗さでブレーキを踏むことが渋滞につながっているのでしょう。

交通整理学は奥深い。

そして無事到着し、昼ご飯をとっていなかったので、道の駅のからりに行き、

なんか買っていこうと。

このからりも今はやりの地元の農産物を売り、近場で済ます観光の一つとして

収益を上げています。

駐車場も近くにとめれず、少し離れた場所へ。

入口もぐっすら。

2010081514150000 (1)
↑まぁ、高速無料化も影響していると思います。

野菜はさすがに持って帰っても仕方ないので、ぷらぷらと見ては回ったのですが食指が動かない。

果物はやはり、桃と葡萄がメインだし、この後、桃狩りに行く予定だからいらない。

ということで、恒例のソフトを。

並んでました。ジェラートでしたが、5分ほど並び桃を食べたかったんですが売り切れでないとのこと(泣)

何食べるか悩み、まぁ、梨があったので梨を。

2010081513200000.jpg
↑丸いよね。俺・・・なんかだんだん丸くなってるよね・・・

ごめん、びみょー。好みでなかったです。

彼女ははったい粉のジェラート。まぁ、これは甘いけど食べれたかな。

実は彼女、甘いものはあまり食べない。いつも、買うたびに残り半分は私が食べます。

肥える一方です(笑)

そして、何か食べようと散策していると地元の内子バーガーなるもの。

2010081513330000.jpg
↑もろみだからみそです。味は濃いけどうまい!

実は私はあんまり豚肉が得意でないので、遠慮がちでしたが彼女が食べたいというので

買いました。

これが意外!めっちゃおいしかった。

最初、私は内子の豚のハムを挟んだサブウェイのサンドイッチみたいなのを食べ、

彼女は豚肉のみそいためのようなものを挟んだ内子豚もろみ焼バーガーを。

2010081513460000.jpg
↑サンドイッチ何が入ってるのか、眺めてます。
2010081514060000.jpg
↑これがもろみやきバーガー、どちらかといえばしょうが焼のみそ味ぽいかな。

ごめんなさい。めっちゃおいしかったです。

うまかったので、追加。

これは別の豚つみれのハンバーガー。そして、ソーセージ。

2010081514050000.jpg
↑これが豚のつみれです。肉が柔らかく、ふわっとした感じでおいしかった。

うまい。

多分肉がうまいのバンズが焼き立てなのか。

内子の豚肉、おそるべし。

で、満足して、メイン事業、桃狩りへと出発。

これは、明日のブログで!


追伸

この、飯に関しても口うるさい俺がほめるからりのバーガー。

出てくるのは遅いですが、真剣にうまいです。

今度内子いった時にもしよかったら、行ってみてください。



[ 2010/08/25 07:36 ] その他 | TB(0) | CM(2)

今治少年少女合唱団50周年記念式典、定期演奏会、懇親会(8月22日)

今、机の上が錯乱状態。

現場数が多すぎて、わけがわからん。

ちょっと、無理しすぎてるんじゃないか?

いかん、これはピンチだ。人を動かす時の忙しさは好きだが、

見積りやら計画する時の同時進行は、整理ができん。

現場は動いているし・・・

えーと・・・ 

まぁ、頑張るしかない。



さて、22日の日曜日、今治少年少女合唱団の50周年の記念式典、定期演奏会、そして祝賀会と

1:00~7:30という長い時間参加しました。

まず記念式典は、中央公民館で13:00より開始。

来賓として呼ばれているのが、市長、国、県の議員、商工会議所会頭、文化協会の会長と私です・・・

これだけはいつまでたってもなれません。周りで見て私自身は年いっとるのかもしれませんが、

心はいつも青年です。

申し訳ない気持ちで座っていました。

すると開会。

オープニングは子供たちの講演。

IMGP1773.jpg
↑頭が移っているのは村上代議士の秘書の方の頭です。

一生懸命、歌う姿は愛らしい。しかもどうしても落ち着きのない子供もいる。

そういう子を見ていると自然とほほも緩みます。

IMGP1780.jpg
↑意外と年齢層は広いです。年少さんから高校2年生まで。

そして、団長挨拶。

50年という長い歳月の歴史を受け、今ある素晴らしさが伝わる挨拶でした。

その後、来賓挨拶があり、来賓の紹介。

そして、50年の歩みを映像に。

ドイツ、韓国、中国、ウィーンと年代によって違いますが、海外の少年少女の合唱団と交流をもち、

多くの少年少女の育成に寄与されてます。

50×10名としても500名ですからね。

また、愛媛県最初の合唱団として多大に貢献しているようです。

そして功労賞、これまでの団長、指導者を表彰されます。

そして、最後に来年今治で行う全国大会のための曲を作ったということで発表。

そして、演奏会。

6部に分けれて、小学6年生以下のバンビ、高校2年生までのジュニアそれぞれが歌います。

みんなの一生懸命歌う姿は応援してあげたくなる。

特にバンビは低学年、幼稚園児もいるようです。

落ち着きない子、座りたそうにする子、隣の子と手をつなごうとする子、一生懸命歌う子

それぞれにかわいいです。

IMGP1774.jpg
↑振付も入れながら歌ってました。こういう子どもたちは挨拶とかも上がらないんだろうな。
IMGP1776.jpg
↑写真見てわかるように落ち着きないでしょwかわいいんですよこれがw
IMGP1777.jpg
↑Tシャツはどうか知らないけど、セーラー服みたいなのは団持ちだそうです。運営も大変だ。
IMGP1779.jpg
↑OBのおじさま、おばさま方もw先輩の中ではその声でと思う人もいましたw今は昔だなw

その後、前述の全国大会のための歌を披露されました。

君のためにだったかな?

でも、この中のワンフレーズが頭に残っています。

「がんばって、がんばって、でも、頑張りすぎないで」

昔の日本人なら最初のがんばってだけでいいけど、今の日本人は最後の頑張りすぎないでが

必要ですね。

IMGP1778.jpg
↑何かの式典なんかで使うのなら声かけます。

子供たちの歌声で歌われると癒されること(笑)

そして、会も終わり、外に出ると知り合いにも会います。

看板の撤収で垣本専務に合うし、同級生にも2,3人会いました。

こうやっていろいろなことに出ていると最近よく今まで会わなかった同級生と不思議と会う。

懐かしいもんです。

そして場所を変えての祝賀会では、高校2年で退団のため、3人の子供たちが

思い出というか挨拶してました。

若いうちにこういった団体の中でつながりを築き、そして、退団するという経験ができたということは、

彼らにとっていい思い出になることでしょう。

本当にお疲れ様。

ここでは、OBの人たちに挨拶していると先輩方、取引先の社長も多くいました。

島田先輩、浅井先輩、松岡先輩、近藤康敏先輩。

こういった多くの人材も輩出されているのも、50年という歴史ですねw

我々JCもこれから50年を迎えるのですが、そう言っていただけるようにならないといけません。

それは1年1年の積み重ねです。

確実に一歩ずつしっかりと進んでいきましょう。

それと、来年3月に全国大会のお手伝いをすることを昨年、青野直前の時に

審議をとりました。

3月の26日、27日に全国から30ほど合唱団ですから、1000名近い参加者だそうです。

お手伝いと行っても駐車場係と聞いてます。

今後、実行委員会が活動していくでしょうから詳しい話は聞いておきます。

どちらにしても、今治に来られる方にいい印象を与えたいですね。


追伸

取引先の社長からコーラスクラブひびきというところに誘われました(苦笑)

どうも、西原君のお母さまがされているようです。

今は丁重にお断りさせていただいています。

これからもずっと断るでしょうw
[ 2010/08/24 00:00 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

わんぱくきずな塾 現調その2(8月21日)

少し、夜が涼しい気がします。

昼の猛暑とのギャップで体調崩しやすいので気をつけてください。




さて、昨日の続き、41番を超え40番を探すに見当たらない。

地図に40番は書いてるけど41番書いてないから、誤記かと思い込みスルーしていました。

まぁ、しんどくて限界が来ているため、少しでも減らしたい心理だったんだと思います(苦笑)

そして、37番示現庵、38番仏浄庵を目指して、目で見てわかる難所、名駒越え・・・

ああ、しんどいねぇ。そりゃ、しんどいさぁ。自問自答しながら上がります。

これって子供よりおっさんのほうが体力ないから、きついよ(苦笑)

せっかく借りた自転車も坂道では機能を発揮せず、ただのお荷物・・・

押して上がります。

37番名駒へ
↑かおりん、ほんとごめん・・・

ここでも休憩箇所は1度とらないといけないのと、上がる前に必ず、トイレに行かせないとな。

しんどさもピークになるとラリります。歌を歌いながら上がってみました。

なるほど、登山の歌が多いのはそういうことか!

馬鹿なことをしながら、ようやく坂のてっぺんに。

上に上がると海風が下り坂側から吹いて、涼しい。しかも影がある。

やり遂げてないのに、達成感を味わってしまう俺(笑)

37番名駒へてっぺん
↑ここが休憩ポイント。日陰のありがたさが心に染みました。

10分ほど休憩し、のどが渇いたんですが手持ちの飲み物3本はもう空っぽ・・・

自動販売機もないため、仕方なし、下って海岸を目指します。

すると海岸と灯台が見えて、ここも絶景かな。

多分坂がきつかったから余計だと思うけど(笑)

37番降り口風景
↑ど真ん中に灯台があるんだけどわかりにくいね。ちなみに船も通ってるんだけどわからんな。

それにしても下りは早い。自転車でよかった(泣)

そして37番示現庵へ

37番
↑ここは不動明王を奉っています。俺はこのコースを決めた武田委員長がそう見える(笑)

そして、名駒の民宿の自動販売機へ。

ぷはぁ~~~~  生き返りました。(決してビールじゃありません)

ここでもう、3時30分・・・まだ、38、39、40と回っていない。

時間的に2時間たってます。

38番この島四国一番の難所らしいが、これ行くと遭難したのと一緒だな・・・

えーい、断念。

この38番、足や体が悪い人のために前札所というのがあります。

それぐらいきついのよ・・・

そこに回りました。

38番代理
↑だからまともなことを書いてないのです。でも、この配慮に私は助かりました。

そしてまた、来た名駒越えの坂を上がります。

行きより楽です。

俺の予想だとこちらのほうが影があるため、体力の消耗が少ないんでしょう。

もうこれを越えると坂は終わりだという気持ちもスパイスになってるのかもしれません。

30分ぐらいであっという間に越えました。

そして、39番へ

地元のおじいさんが声をかけてくれます。

私でなく彼女に・・・

38番てどこらあたりですかと聞くと苦笑しながら山越えだからやめて方がいいんじゃないって

脅します。

38番下から見た風景
↑この山を越えるかどうかはあなた次第(苦笑)

やっぱやめて正解だよと自分に言い訳しながら、39番 宥信庵へ

39番
↑後、40番だけ見つけたら終わりだ。頑張れ。

そして、40番、帰り道からでも分かりにくかった。

多分俺たちが通ってた道はお遍路道ではないせいか、わかりにくかった。

しかし、当然見つけなあかんので探しましたよ。

ありました、40番 浄花庵

40番
↑写真じゃそんなに違わんな。最後ですので念入りに安全と成功を祈願。

終わったぁ・・・

結局、1時30分から歩きだし自転車であえて行って、5時10分までかかってしまった。

これは当初言っていた回り方ではまずい。

今回、実際に(一部分は除くが)回ってみて、トイレと休憩ポイントは確認できました。

子供たちを安全に運航するため、それぞれの担当者は回ったそうです。

そういった確認と準備であり、きちっとやるのがjcです。

さぁ、もう少し、最後の最後まで頑張って行きましょう。


追伸

飲んだ水分量、500ペット4本ずつ、行ったトイレ終了後1回・・・

どれだけ汗かいたことやら。

自動販売機も簡単にないし、持っていくのも重い。

水分は休憩所を決めておいて渡すか、車が番走者でついていくかせんと厳しい。

どちらにしても一番大事なのは子供の笑顔と安全だからね。
[ 2010/08/23 11:21 ] 事業 | TB(0) | CM(2)

わんぱくきずな塾 現調その1(8月21日)

来週いよいよ、わんぱくきずな塾ですね。

28日にはブロックの会員会議所を欠席させていただき、夜には大洲で合流いたしますが、

土居ブロ長、そして他の理事長には申し訳ない。

日程がなく、この日に悩んで決断したことご理解ください。

八木副理事長が代理で出席してくれますので、よろしくお願いします。


さて、わんぱくきずな塾で、子供たちを島四国88か所巡りに先達として、今年の卒業予定者と私が

エリアを分けて回ります。

実際、体験するべく行ってまいりました。

ブログでの報告は3回ぐらいにわけます。飛び飛びになるのは許してください。

何度か車で見回ってはいたのですが、正味でするのは初めて。

今週は日曜に公職が入っているため、彼女を連れて一緒に自転車で回りました。

午前中は仕事をして、昼より彼女を迎えに行って、日曜にご当地バーガーをふるまう

いきいき館に車を止め、歩く準備。

しかし、回るコースを海沿いに見るとあまりに遠い・・・

彼女だけでも自転車と思いレンタサイクルを借りたのですが、実際3時間で回れるかが怪しい。

ということで私も自転車を借り、出発。

どこから回ればいいかもわからないため、地図を見ながら近いところから回っていきます。

まずは44番 十楽庵。

44番じゅらくあん
↑ここは楽勝。心をこめてお参り。

ここは下田水港の近くですし、道沿いのため参りやすい。

道沿いがほとんどと思いこんで、ここを基準に考えてた私は、余裕で気持ちを込めて事業の成功と

参加者の安全祈願をお願いしました。

44番スタンプ
↑調子こいて、スタンプを押してみました。

そして続いて43番 蓮花庵へ。

さっそく、道を間違い迷います。

すごい坂を自転車押しながら上がっていったのですが違う場所。

順番通り行ってないためか、わかりにくかった。

彼女にはしんどい思いをさせてしまったのですが、できた彼女ですので笑っています。

そして、巡り巡って、入口まで到着。

もう疲労困憊。上り口の急さを見て、更に困憊・・・

43番上り口
↑まぁ、まだ楽勝なうちなんですけどね(苦笑)

坂を上がり、やっとお参り。

43番
↑43番 蓮花庵  彼女怒ってないかな。

ここでのお願いは、今日怪我しないように・・・

そして、いろんなルートを通り確認しようと先ほどとは違う道を周り、国道に出ると

橋が見えます。

43番~42番
↑歩くからこそゆったりと見える風景。

やっぱり、景色はいいねぇ。そして下り坂って素晴らしいと改めて感謝(苦笑)

ここらで一度、子供たちには休憩させるといいななんて思いながら、

さー42番 証林庵へ行くぞ。

ここでも、案内を見逃し、下道から上がっていきます。

42番通路
↑そう、島の集落って、こういった狭い道が多い。

そして、少し上がって、証林庵へ到着。

42番
↑42番 証林庵 何をお願いしてるんだろう・・・

ここでのお願いは、彼女が怒りませんようにと強くお願いしました。

そして振り返るとここの景色もよろしい。

42番風景
↑絶景かな。

疲れがいやされます。

さーまだまだ半分も行っていない。41番へ行こう!

一度ここも降りて、道沿いに出ていっていると遍路の道しるべを今回は見つけました。

入っていくと畑の中の道。あってるかどうかわかりません。

41番通路
↑マジで現調して良かった・・・迷うわ、これは・・・

みるとイノシシ除けの電流を流している柵があります。

41番入口
↑少し、無茶なような気がしてきた・・・

マジでここか?

疑問に思いながら、歩いて行くと、あぁ、ありました。

41番斜面
↑左のほうに見えますか?

これ、マジで性根入れて子供たちのこと考えんとしゃれにならん。

41番
↑41番 海照庵 またもや、何事もないようにとお願い。ここまでで1時間ごえ・・・

ここでも休憩させんといかんなと思いながら、次へ・・・

40までは少し離れているため、少し陰で子供たちを休ませる場所を探しながら行くと

ちょうどよさげな場所があり、西条の高田顧問より電話が鳴っていたので休憩をとりました。

42番~41番休憩場所
↑それにつけても、日陰のありがたさ。どこかでトイレも借りてあげないかんな。

まだまだ、続くので今日はここまでで・・・


追伸

高田顧問の電話は事業がらみの電話、呉JCに知り合いがいないかとのことでした。

私は尾道の鍛冶川理事長しか知らないため、鍛冶川理事長に電話して間をとってもらい

無事用事は終了。

鍛冶川理事長には、いろいろと世話になってます。

しまなみ3JCで若い頃からの知り合いで、今年もおんまくに自転車で遊びに来たり、

絵本の予選審査を快く受けてくれたりしてくれています。

かじやん、今回もありがとう。感謝!





[ 2010/08/22 12:33 ] 事業 | TB(0) | CM(2)

中心市街地再生基本計画策定専門部会懇親会(8月20日)

残暑厳しいです。

今朝もちょっとしんどいということで社員が3名来ていません。

特に我々建設業界は高齢化が進んでおります。

社員を多少休憩時間を増やしながら仕事をさせてやらんと昔と比べて暑さが異常です。

その分、仕事が伸びないのも仕方ない。

外の仕事していて思うのは、夏単価ってあってもいいんじゃないかと。

そう考えるとやっぱり、寒いほうがまだ現場はいいな。


さて、8月20日は以前から話している中心市街地再生基本計画のメンバーとの飲み会です。

役所の方も交え、正直なことを腹割って話そうということで開催されました。

私自身も最初はそれぞれの団体に警戒心は持ってました。

JCに何か頼みごとを言われるんじゃないかとかです。

まぁ、言われたら言われたで判断しますし、私ももう任期が4か月不用意なことは言えません。

しかし、付き合ってみるとそれぞれに個々の思いを持って考えているんですよね。

話していても逆にこちらが勉強させられます。

そんなこんなで2時間半ほどみっちりとみんな盛り上がり話しこんでいました。

最近、良く言う腹を割るという事を考えます。

腹を割り、話す時間を持てる事が、前向きな考えになりどれほど自分にプラスになるか。

腹を割ることでマイナスな話も、プラスになるように話が進みます。

昔はこういう時間が多かった。良く私が言うよもよもは確かにネバイのでしょうが、

こういう時間に話すことが多かった。

今はこういった時間はないとは言わんけど、お酒を飲みに行っても

個人主義な飲み会になっとるような気がする。

確かにお金払うんだから楽しみたいのはわかるけど、

せっかくなんだからもっと、良くなるように話をしたいと思う。

仕事に関してもこういった腹割った場所での話が、次につながっていくんだけどね。

まぁ、俺みたいなおじさんはそうなったらネバイからきりはないけど、楽しさを覚えます。

若い子たちもそういう時間を作って、もっと熱く語っていってほしいと本当に思う。

ということで俺に誘われたら覚悟するようにw


追伸

この会に八木君もいて、村上哲郎先輩、越智紀方先輩もいて、話してました。

みんなそれぞれに夢を語ります。

若いしには負けんぞって言う気持ちでなく心が若いです。

私も負けないように熱く語っていきたいですねw




[ 2010/08/21 09:31 ] 公職 | TB(0) | CM(0)

8月例会(8月19日)

先日から非常に忙しい。

私自身の手持ちの現場が8現場。

次に入っていくので準備しているのが4現場。

下請けや土木だからできる管理の数ですが、私のおなかのようにパッツンパッツンです。

無理なくこなしていくには5現場ぐらいがちょうどいいんですが、そうもいかないのが現状。

軌道に乗れば、スムーズに流れるんだけどね。

そう何事も準備段階が大変なんです。

八木次年度!9月に入ると次年度が始まります。

同時進行だろうけど、じっくりと今を準備し、ドンと構えておけば大丈夫!



さて、8月例会が昨日行われました。

私はいつものように7時入り。

みんなの会場設営などを見ていました。

DSCN0031.jpg
↑さすがに例会中はとれないため、開会前の写真です。

それぞれの打ち合わせ風景や

メンバーを見ていると本当にありがたいしほほえましく見えます。

DSCN0028.jpg
↑委員会アワーで心の絵本推進委員会はブレイクするでしょうかw

DSCN0033.jpg
↑司会の富田君、かなり緊張気味ですw言葉をきるところが独特の間を持つ君の司会を楽しみにしてましたw

DSCN0029.jpg
↑銭湯マニアの省吾と泰平君。風呂談義でもしてるのでしょうか?

DSCN0030.jpg
↑小島副理事長と荒木室長。二人ともただならぬ雰囲気。職業変えれると思う(笑)

そして、8月の例会委員会アワーは、心の絵本推進委員会です。

第5回より関わってもらった絵本の審査員、加納果林が講師であり、

羽藤委員長の今治北高の突撃作成レポートもプロの作る映像ですので楽しみです。

しかし、若干集まりが悪い。

7月から数多くの事業、対外事業が開催された経緯もあり、正直、お盆明けの例会は

毎年見ていて集まりが悪いのが現状。

しゃーないなと思いながら座っていました。

しかし、開会5分前になり、わらわらと集合し始め、一安心。

そして、開会。

トミーの司会により始まり、開会宣言は近藤室長。

やらかしました(苦笑)

スローガンが言えなくて垂れ幕を確認(笑)

しかもそれでもなおかつ間違え(笑)

まぁ、8月らしい始まり。

そして、いつも通りの流れで挨拶も終わり、報告事項もそれぞれに伝えたいことを伝え、

3分間スピーチ

今回は同級生の藤山太志君と卒業予定者の井出敏博さん。

まずは、井出さんですが、4回目の3分間スピーチです。

今まで3回ともカンペを読みながらだったため、

あまり評価としては低く、前日の太鼓の懇親会にて叱咤激励をしたところでした。

テーマもその時話していたテーマで話し、自分の言葉で気持ちのこもった話でした。

藤山君もベテランの味を出し、落ち着いて話されていました。

おかまを掘られた話でしたが、すごく聞きやすく、私自身自分を振り返りへこたれました。

そして、例会委員会アワーは、過去の大会を検証し、どうやって今年度集客していくかを話し

その後は、加納果林さんのお話。

相変わらずのほんわかした話し口調で、会場がいやされたように感じます。

そして、羽藤プロによる今治北高校の絵本作成現場の映像。

生徒の真剣な作成現場は、興味がないメンバーも引き付けたに違いありません。

しかも、良く見れば担当の先生が、私は直接教えていただいてないですが

当時私が在学中の美術の先生、、小田先生ではないですか。

こんなところで見るなんて嬉しかったです。

そしてその後は、神野副委員長のインタビューNG集。

笑いました(笑)

涙がでました(笑)

さすが、羽藤プロ!おもろかった(笑)

そして監事総評は、矢葺監事でやさしい口調での総評でした。

8月例会も結局、開会時は83%だっため、次第点。

そして何よりも、なごむ例会でした。

まぁ、たまにはこんなのもありか(苦笑)


追伸

木村監事、垣本専務は同級生であり、同じ北高です。

小田先生ではないですが、年をとると不思議とそういった時のつながりが

意外と出てきたりします。

お互い大人にはなったけど、あまり変わらず腹の割れる関係です。

子供の頃のつながりっていいもんですよw

DSCN0027.jpg
↑市民会館の前にあった靴。この靴のように子供の頃の縁は忘れないようにw
[ 2010/08/20 12:30 ] 今治JC | TB(0) | CM(4)

今治寿太鼓慰労会(8月18日)

例会当日の朝は、仕事の段取りが終わり、社員を現場に送り出すと

すこし、挨拶のことを考えます。

今何が今治JCに必要かを考え、それを軸に時節の出来事であったり、LOMの事業であったり、

私自身が経験したことを話すように心掛けています。

本当にあがり症で人前で話をすると理路整然にできない私でしたが、今年、理事長という

職をさせていただき、皆様に伝えたい言葉をうまく言えれるようになったように感じます。

これも役職という責務があってのハードルを乗り越えれるということでしょう。

ただ思うのは、どの立場においてもそれができるようにならなければならないということです。

JCにおいてだけでなく、まずは参加すること。そして一番初めにできる事は、例会出席です。

JCとして組織として一体感を持ってあたっていくためにも、例会を参加して行きましょう。

今日、8月例会です。

残りもう、4か月とちょっと。気持ちを切り替え、改めてスタートすることも大事です。


さて、何でこんなに長い前ふりか。

それは昨日、今治寿太鼓の慰労会、そして次年度幹事長の発表の日に、

いろいろエキサイトな出来事があったからです。

まず、慰労会。

場所は、笹。毎回春祭りなどで、叩かさせてもらい寿太鼓に協力してもらっています。

その中で、今年度幹事長の佐川幹事長より、半年以上になりますが出演の慰労をかねて

労いと感謝の言葉で始まります。

まぁ、慰労会ですから、当然ですが寿太鼓の出演、そして、メンバーの井出さんの結婚式の話題が中心に

話は盛り上がっていました。

DSCN0023.jpg
↑佐川幹事長、お互いもう残り4カ月ですね。最後まで頑張りましょうね。
DSCN0022.jpg
↑トミー今日例会の司会らしい。太鼓も来年、仕切りもせないかんのやから、頑張れよw

あまり多く参加できていない私にとって若干、みんなの話についていけない自分に寂しさを感じながら

みんなが楽しそうに話すのを見ていました。

酒も入りすぎたのか、ぐだぐだ感がで出したところで次年度理事長予定者であり、

新入隊員の八木君が来たところで、次年度の発表。

次は丹下亮君に決まりました!副幹事長兼会計は、富田浩之君、そしてお目付け役ということで

副幹事長補佐に私です。

丹下君は太鼓経験は3年という短い中ですが、

幹事長の次に今一番太鼓が好きで、一生懸命練習しているのは彼であると断言できます。

いい意味で経験がない中での幹事長は、古いしきたりをしていると返れないことも

フレッシュな目線でできるでしょう。今後の太鼓を考えるに大事な一年になるでしょう。

そして私も、直前理事長という立場で、少しは余裕ができる中、練習だけでなく、

寿太鼓を支えていくことができるのではないかと思います。

その後、亮君のお祝いに、新入会員の越智さんの店へ、流れていきました。

そこに山本剛歴代幹事長が合流。こういったところで遅れても参加するのはさすがだし、

やっぱり、太鼓に気持ちがあるということです。

その中で今後の太鼓の勧誘の在り方、運営の仕方、今までの事と怒声も交えながら、

真剣に話していました。

DSCN0026.jpg
↑佐川さん、井出さん、そして私と、卒業予定者と私みたいな去りゆく人間は、離れたスタンスで冷静にw
DSCN0024.jpg
↑亮君、課題はたくさん出たからこれからも頑張っていかんとね。トミーは100倍頑張ろう!

こういった席だからこそ、剛さんのいう腹を割る話ができ、みんなで真剣に今後の太鼓のことを

考える事が出来たのは有意義でした。新たな幹事長が生まれ、今後バトンタッチしていくまでの

4ヶ月半、課題を明確に話せたことは次につながります。

いつも一緒にいる太鼓だからこそ、JCの委員会以上に一体感があるからこそ、できる事でしょう。

来年も私自身も忙しい身ではありますが第一義はJCでありますが、私の役割をその中で全うします。


追伸

そこでの話で、私自身太鼓の中で出席ができないのでやはり、

波にのれず寂しい思いをするという話はしました。

現実的に参加していないと話しても混じりにくいです。

しかし、経験上では、自分の後ろめたさがそういう風に感じるだけで、実際はそうでもないです。

気にせずに参加していかなければ、もっと堂々巡りです。

なんでも、リセットして出ればいいんですよw

DSCN0025.jpg
↑おいさんの無邪気な笑顔は、良くも悪くも必ず太鼓で中心になってしまうんだから、
そろそろ、ちと考えんと(苦笑)

ねぇ、剛さん(笑)

[ 2010/08/19 10:28 ] 今治寿太鼓 | TB(0) | CM(2)

8月昼常任(8月17日)

今年、理事長職という中、また不景気な中、不思議と仕事も忙しくさせていただいています。

土居ブロ長のブログにも書いていますが、忙しいから仕事ができないわけではない。

たまに、待ってもらってお客さんに怒られることもありますが、普通に関係修復はしています。

たまたまJCの理事長してることで仕事が差し支えるなら、それは自分のせいであり、

決してJCのせいではありません。

役職をやらしていただくことでもっと自分に磨きがかかる分、絶対にプラスです。

役を受ける覚悟は必要ですが、悩むなら受けるべきです。

ひよこでも殻は薄皮にはしてもらえますが、最終的には自分で破るのですから。

いかん、最近よもよも書き過ぎて、前ふりがくどくなった(苦笑)


さて、お盆開けての8月17日、さっそく、8月の昼常任が行われました。

それぞれに忙しい中でしょうが出席してもらい、8月例会の最終の詰め。

それぞれの担当のところを確認しながら、行います。

しかし、それにしてもまだまだ対外、事業と盛り沢山。

ふと行事案内見るとそういや、県じゃがの秋季大会が今治で開催されることを思い出しました。

そう、9月23日(木)の秋分の日に、行われます。

そういや、ずっと練習してませんでした。

そろそろ、再開しますかねぇ。ゴルフの練習・・・

まぁ、それは置いといて、その後時間が空いているため、少し質問を投げると絵本のことが話題に。

詳しい内容はまた後ほどということですが、私自身の今年の課題です。

一つ一つこなしてきていましたが、これが最後の仕事になるでしょう。

ゆるい雰囲気の中、この話題がでることで場は締まりました。

しかし、何事も急いては事をし損じるです。

うまく根回しをしながらやって行かなければならないでしょうね。

少し、久しぶりにエキサイトした時間でした。

気温に負けないぐらい暑かったです(笑)


追伸

今年の絵本の作品ももうUPしています。

今年も良い作品も多く見受けれます、是非、見に来てくださいw

作品閲覧はこちらから→心の絵本選手権HP
[ 2010/08/18 13:56 ] その他 | TB(0) | CM(2)

よもよも42

お盆もあけ、涼しくなると思えば、残暑が厳しいですね。

お盆はゆっくりできましたか。

家族とどこかにいかれたり、仕事してたり、ごろ寝してたりと

それぞれに過ごされたことでしょう。

ちなみに私は2日間は仕事、2日間は彼女と遊んできました。

英気も養ったことですし、まだまだ暑い夏ですが乗り切りましょう。


さて、ほんじつもよもよも。

家族とJCについて。

先日、渡部高史君のところの「ういち」に食事に行くと

木村夫妻とたまたま一緒に店に入りました。

カウンターに座り、隣同士で話すのですが、やはりどうしても

JCについての話になります。

私たちもお互いつれあい(まぁ、私は違いますが)にJCとかについて攻められます。

やはり、家にいない日が多いこと、食事をするしないのことでした。

それについては申し開きないし、JCだけでなく仕事の付き合いも含め多いことは理解してほしいと

話すと、連絡をちゃんとして、するならいいし、断れるものは事情を説明して断ることはできるでしょうとか

まぁまぁ、木村君といじめられました。

私自身は結婚していないですし、毎日いるわけでないので彼女もそこまでは気にならないでしょうが、

四六時中いる夫婦は、そういった意味でJCでいないこととかは目立つんでしょうね。

まぁ、JC未亡人って名前があるぐらいですから。

しかし、聞いているとそりゃ旦那さんがしていることですし、特に木村の奥さんは

JCの事業に良く参加してるから何をしているかを理解しているように感じました。

ただ、結局大事なのは、配慮だなと。

出ていくなら、ちゃんと連絡する。どこかに行くならお土産でも買って、感謝の気持ちを表す。

そういった、一般的に言われる配慮をきちっとしていれば、文句はないそうです。

そりゃ、好きで夫婦になったわけですから、旦那のことは理解してくれてるんでしょうね。

ただ、当たり前に思うのがいけないだけなんでしょう。

最近、JCで絡むご夫婦で見ていて思う点は、JCの事業に参加してくれる奥さんは

理解がある奥さんだなと。でも、参加しない人の考えを理解できないといつまでたっても

JC自身が奥さんとは歩み寄れないのかなぁと思います。

こちらのしていることを伝えるだけでは、いつまでたっても理解されないでしょうね。

しかし、我々は意志を持って行っている以上、奥さんの協力してもらわなければなりません。

何らかの手法で奥さんときちんと話せる機会を設け、理解してもらいたいですね。


追伸

木村君の奥さんは本当にいい奥さんだと思います。

そうは言いながらも、本当にお人よしの木村君を助けているんですから。

多分私が知らない奥さんたちの中にもみんなを真剣に支えてくれる人はいるでしょうね。

だからこそ思う。

ええ嫁もろとんやから、もっと大事にせなねぇ、木村君(笑)



[ 2010/08/17 11:07 ] よもよも | TB(0) | CM(2)

よもよも41

今日でお盆も終わりだ。

休みって早いよねぇ。

今日はある会で島に行ってのバーベキューやら地曳網やらで

久しぶりに個人的に海を楽しんできます。

多分5,6年ぶりやないかな普通に海に行くのは・・・


さて、最近の固いよもよもが続いていたので、趣味の話。

私は基本的に趣味はJCなんでしょう。たぶん・・・

しかし、JC以外で趣味といえば、基本的にはまっとうなばくちです。

競輪、パチンコ、麻雀。

競輪は、全城連してから忙しくてやめましたが、パチンコは玉にします。

一人になれるのが好きで、そのことしか考えなくなるので好きですね。

そして麻雀。

昔はフリーにもよく行ってたぐらいの麻雀好き。

学生の頃、朝、モーニングを喫茶店で食べ、パチンコ屋にならび、部活に行って、

麻雀。そんな生活を繰り返したおかげで5年、大学に行ったんです・・・

友達にプロになったやつがいたり、わざわざ、よその地域に旅うちしたりと

今考えれば、あの頃はあの頃で正直やさぐれてました。

一生、してるんだろうなっていってたもんなぁあの頃・・・

でも、仕事しだしてみんなにお前は変わったっていわれましたねぇ。

それでも、仕事初めて3年ぐらいは週末は松山へ行き、友人がメンバーをしている

フリーの雀荘に良く行ってました。仕事が忙しく、休みがほとんどなくなり、しなくなって5年ほどかな。

その後、JCに入り私が初委員長をしたときに、中村さん、矢葺君、元岡君で

周期的にしていました。

そして、最近、黒瀬、宇野哲達とします。

やっぱいいねぇ。

麻雀は、やはり性格がでるもんで、面白いんですよ。

私はこう見えても、意外と場をよく見るほうで、冷静にうちます。

たまに脳が活性化して神が降りますが(笑)

黒瀬は見た通りの豪快な打ち方。

宇野哲は、どちらかといえば、美学にこだわるため負けてしまう打ち方。

広川は、ある意味、本当の意味でのばくち打ちの打ち方です。

他にも打ちましたが、まだまだ、見極めれません。

ということで、以前も言いましたが理事長杯を必ず開催します。

キングには頼んでいたんですが、してくれそうにないので、

囲碁将棋クラブとは別に非公式でしたいと思います。

何人集まるか知らんけど、おもろいと思うんだけどね。

乞うご期待。



追伸

黒瀬と広川、協力してくれんか。

9月か、10月にしよう。

大三元貸切りできるかどうか、きめてしよかw



[ 2010/08/16 06:17 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

桃園会(8月12日)

今日、8月15日は終戦記念日ですね。

子供のころはこの日に戦争の映像が流れて、アニメとかがなかったので

あまりうれしくなかったです。

しかし、今は当時のことを知り、どういった気持で出動していたか等の話を聞くたびに

自分自身に勇気をふるえ立たせてもらっています。

負けとれん。


さて、今日は久しぶりに無尽へ。

桃園会は以前も話しましたが歴代常任の無尽です。

今回はメンバーの渡部高史君ところの「ういち」で開催。

メンバーの集まりも悪く12名ほど、現役というよりOBのほうが多い(苦笑)

今回は桃園会において八木君の次年度への抱負と報告も含めています。

最初に集まっているのが、相原さん、清水さん、森本さん。

まじで、おんまくのお疲れ会のような顔ぶれ。

私自身、当日のイベント部会の打ち上げは参加しなかったので、気分的にはそんな感じ。

そして、藤田君、八木君、青野さん、松本さん、近藤さん、丹下亮君だったかな?

あれ10名だ・・・

すみません、疲れたまってたのか妙に酔っ払い、トイレに行こうとする足が妙にふらつき

高史に心配されるしまつ・・・

はい、あんまり覚えていません(苦笑)

とまぁ、楽しく話して、酔っ払って終わりました。

やっぱり、この時期は次年度の話になるため、気も抜ける事が多いため、

こんなもんなんでしょうw

とにもかくにも、八木君も近しいOBの方々からアドバイスをもらいながらやって行かないと

なかなか現役メンバーには弱みというか相談しにくかったりするので

こういう席を利用していくのがいいと思う。

せっかく常任したメンバーは、なるべく出れるときは参加して、気兼ねなく聞くといいですよ。



追伸

本来なら昨年度専務が世話役なのですが、私が理事長のため長尾君がしてくれてます。

おかげさんで、皆さんにきっちりとできていると思いますよw

間違いなく俺より向いてるもの(笑)

いつもすまんねぇ。
[ 2010/08/15 07:53 ] その他 | TB(0) | CM(0)

よもよも40

テレビを見るとどこも避暑地の映像。

お盆に入って、私もやっと人並みの休みです。

とはいえ、いろいろと忙しかった分、仕事がたまっているので

やらなければならない現実・・・

本当に彼女には申し訳ない。

今日なんとか全部済まして、明日、明後日は彼女孝行してきます。




さて、昨日は久しぶりに家族総出で迎え火をしました。

東京で映画監督の卵をしている妹も帰ってきてのことですので

相当久しぶりです。

みんな年をとりました。

父や母は当然ですが、私自身も含め妹2人も。

改めていつまでも若くないなと思ったのと同時に、誰もつれあいと子供を連れていない現実に

正直に、何をしているんだろうと考えました。

私自身は、長男として家を守っていかなければならないとの意識はあるのですが

処々の事情があり独身。

これは正直、自分自身にとっても自己嫌悪でもあります。

やはり家庭を持っていないと仕事に関しても会社に関しても多少の負い目はあります。

結婚していないため、あまり30代前半のころと変わり映えしない生活というのも

気は若いのですが、周りがそう見ないですし、今のままじゃすべてにおいて何か違う気がする。

何事もタイミングと勇気であるなぁと今だからこそ言える現実を迎えています。

結婚だけでなく何事もそうなんでしょう。

大なり小なり、政治であれ、会社であれ、家庭であれ、改善していかなければならないことも

いろいろな観点で物事を見れば、いろいろな不具合がでて正直、前に向けて進むことができない。

しかし、変えていくのにすべてのことがうまくいくわけがない。

独善的といわれようがしなければならないことはあるはずです。

ただ、周りが推し進め、調整してあげること、そうしていかなければならないでしょう。

国であれ、会社であれ、JCであれ、基本的にTOPは孤独です。

相談する前に自分の考えは、持っておかなければならないのですから。

間違った答えなのかもしれないという意識は常に持っているでしょう。

しかし、不安を打ち消し、当たっていくのです。

だからこそ、周りは不安を消すべく動きをしていかなければならない。

不安をあおるようなことをしてはいけないのです。

今、民主党政権も一枚岩ではありません。

そして、マスコミも毎度いろんな観点で批判をしているように感じます。

自分たちがあおって担ぎ出した神輿を批判することは自分を馬鹿にしているようなものです。

そうではなく、神輿を最後まで神輿として扱い、うまくいくように担がないと

意味がない。

何事も自分がなしたことを無責任に放置するのはいけないと思います。

私自身もできてはいないですが、いつも頭において行動していきたいと思います。


追伸

特に、今時代の変革に伴い、こういった話は、どこでも起こっている話だと思います。

産みの苦しみという言葉があるように、今苦しいのは当たり前です。

その苦しみにへこたれることなく、次へ渡すためにみんなで努力していこうよ。


[ 2010/08/14 11:13 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

よもよも39

お盆休みにわが社も入りました。

4日間です。

長い休みですが、できていない仕事の資料でも作りながらのんびりしたいと思います。

皆さんも家庭サービスを十分にしておいてください。



さて、先日ホッとの時に来ていたと話していた福岡のお客さんですが、実は4年前に全城連の報告として

ブログを書いていた時期にブログで知り合いました。

そのブログにコメントを書いていただき、ブログ訪問をしてからの付き合いです。

といっても、あったのは2回目

1度は、私がロッテファンだということで、たまたま向こうさんがVIPルームがとれて、

そこで応援をしようということで誘っていただいたのが縁です。

でも、なぜブログで知り合っただけでそんなことを言っていただけたかというと

向こうさんはJCのOBであり、他の地域のJCの人も呼んでいたからでした。

ただ些細な縁ではありますが、JCに入っているというだけで、JCを経験している人にとっては

信用という高いハードルを乗り越えているということなんでしょう。

そう考えるとJCってなんなのでしょうね。

非営利団体の中で、あくまで地域のために、人の世話をする。

JC経験者ならわかるように、そのためだけにどれだけ時間とお金を費やしていることか・・・

しかし、その中で得た滅私奉公という信頼があるこそ、JCという世界各地にあるネットワークにおいて

友情が結ぶことができるのです。

私自身は、出向といっても地区どまりですし、全城連の会長をしたといえども

日本全国を渡り歩いたというほどの活動はしておりません。

しかし、それでも、各地に多くの友人、知人がいます。

それも、他のJCの人たちが築いた信用があるからです。

良く今治でも話をしますが、今治内で事業をするにあたり、他団体との折衝があると思います。

それも、協力していただけるのはいろんな先輩達が築き上げてきた信頼があるからです。

だからこそ今現在活動している私たちも、信用をなくすようなことはできません。

次の世代がお願いをするときに、JCは信用できないから協力できないと言われることもあるでしょう。

だからこそ、青年会議所活動は、規律とモラルを守り活動していかなければならないのです。

自分だけのことならいいですが、団体として活動する場合は、そういうわけにはいかない。

そう、自分に言い聞かせながら、今まで活動してきました。

皆さんも、これだけは守ってほしい。

悪い意味としてとらえるのでなく、自分の良い行動が他の人にもいい影響を与えることを

考えながら活動してください。


追伸

たまに、その福岡の人もブログを見てくれているようです。

実は本も書いている人なので文章的には非常に面白いです。

ブログもずっと続けています。

興味があれば見てください→平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ
[ 2010/08/13 18:10 ] その他 | TB(0) | CM(0)

よもよも38

今日で、お盆前の仕事納めのところも多いでしょうね。

今年の夏は、暑かった。

ゆっくりできるかどうかわかりませんが、皆さん、お休みを楽しんでください。

私も1日ぐらいはのんびりさせてもらいます。



さて、今日のよもよもは我が家でのお盆の役割を。

うちの家は現在の東村にいついたのが、江戸の中期と聞いてます。

もともとは和歌山県の出だそうです。

大庄屋といって、庄屋さんをまとめる庄屋だったそうです。

ですので、墓も古くからの墓があるため、子供のころは水を差しに行くのと

掃除するのが役割でした。

お盆の時は、線香をたてるために盛砂を一つ一つのお墓に持っていくのが仕事です。

今でもたまにしますが、子供のころはこれが大変だった。

砂浜からお墓まで大体500mぐらいの距離を、どのう袋8袋ぐらいを一輪車にのせて押します。

大体どのう1袋が20kgあって、4袋ずつの2往復して、お墓ごとにやってました。

今思うと、子供でもそれぞれの役割がありました。

することを決められ、まじめにしていたように思います。

そして、一緒にお参りしていました。

今の家庭ってお盆やお彼岸とかどんなふうにしているんでしょうか。

核家族化が進み、実家に行っても準備されてる中のお参りだったりするんじゃないですかねぇ。

儀礼的なことは面白くもないし、意味もわからないことが多いでしょう。

しかし、こういった儀礼をすることは、日本人の文化、伝統であるように思います。

めんどくさいからしないではなく、意味を知ることが大事なことのように感じます。


追伸

今回のわんぱくでの島四国もそういった意味もふくめ、

我々自身が勉強し、子供たちにきちんと教えてあげることが大事だと思います。

幸いなことに池内さんや青野君は仕事上そういった知識も豊富です。

教えてもらって、どや顔で子供たちに教えてあげましょうよw

[ 2010/08/12 17:06 ] よもよも | TB(0) | CM(2)

よもよも37

最近会う人、会う人に黒くなったねと言われます。

確かに私は色が黒くなりやすいほうです。

建設業でも2,3位を争うぐらいじゃないでしょうか。

ナンバー1は言わずと知れた加藤のとっさんですが(笑)


さて、ひさしぶりによもよも。

いまさらでしょうが、私は男気って言葉が好きです。

以前も話したように男気には、やさしさと強さ、この二つを兼ね備えて

初めて、辞書なんかでのる「自分の損得を顧みず弱い者のために力を貸す気性」ってものが

意味をなすと思います。

強さって言葉を言うと語弊があるかもしれませんが、喧嘩が強いとか体力があるとも違います。

確かに、どうしても「自分の損得を顧みず弱い者のために力を貸す」って言葉をイメージにすると

それぞれ違うでしょうが、どうしても災害時に被災者を助ける消防士とか自衛隊とかを

思い浮かべてしまうのは事実です。

そして、そのイメージに伴うのは、筋骨隆々の男の人でしょう。

しかし、男の人、女の人関係のないものだと思いますし、

ただ、弱い者を助けるっていうだけが男気ではないと思います。

だからこそ、強さと優しさが兼ね備わって初めて男気じゃないかなと思います。

仕事においても家庭においても、男性だろうが女性だろうが自分の守るべきものを理解し

覚悟して、常日頃行動している人には、必ず備わっています。

そういう人って、厳しくもあり、やさしくもあるはずです。

守るべきもののことを考えると、ただ、かわいがるだけじゃいけないですよね。

いつでも守る姿勢を保ちながら、その人のことを考えあえて厳しくするのがやさしさって

こともあるでしょう。

それができなければ、男気があるって言えないんじゃないかなぁと思います。

今現在、親であれ、上司であれ、政治家であれ、これが足りていないといつも感じる。

今だからこそ、キーワードは男気だと真剣に思ってます。

しかし、これは私の価値観。

日本人の利点であるあいまいさでいえば、男気って言葉は、人それぞれの人生観に当たるものでしょう。

決めつけるべきものでないし、自分で経験していくことで得る価値観なのだとおもいます。

ただ必要なのは、こういった言葉を自分の信念として定義づける事が

出来るようになることなんでしょうね。


追伸

中学の頃、映画「カサブランカ」でハンフリーボガードが言ったセリフを

今でも良く思いだします。

「タフでないと生きてゆけない。やさしくなければ生きる資格がない」

こんなセリフの似合う男になりたい、いつもそう思います。
[ 2010/08/11 09:00 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

おんまくおよびやきとリンピックIN今治撤収(8月9日)

さーてと、やっと追い付いた(苦笑)

今回は正直きつかったです。

とはいえ、せっかくみんな楽しみにしてくれているようですし、

見てくれる人がいる以上は、ブログUP今年はやりとおします。

こんなに物事を続けたこと始めてかもしんないw



さて、祭りの後は片づけが基本。

おんまくの提灯の撤去とやきとリンピックの撤収。

私はこういうところで自分自身の存在意義を見出し、燃えるのが常です。

というか、イベント時はいつも燃えてますがね。

やきとリンピックのほうには8:30に1名社員を連れていき、朝に流れの段取りを話をし、

9:00に提灯撤去へ。

メンバーが多く集まっていて、13名ほどいました。常任が半分来ていたせいもあるんですが(苦笑)

提灯撤去は私と垣本専務、後から八木君と大パンが手伝い。

その他のメンバーは駐車場で使った各学校の整備。

私たちは9時半には終わり、ヤキトリンピックの会場へ

こちらも10人以上・・・

私の男気でついつい困ってたやきとリンピックの井村実行委員長の設営撤去のお願いに

じゃあ、やってやると車も出すとの言葉がメンバーに負担をかけたかもしれないと思いながら、

メンバーの集まりに感謝。

余計に撤去に張り切ります。

テント42張りの撤去、椅子は240、机も120。とりあえず、午前中に返却するものを

3台のトラックで運搬してもらっている間に、テントを片づけています。

ほとんどがJCメンバーという中、頼るべき仲間たちで片づけ。

11時にはテントは終わり、後は残りの返却を待つのみ。

あの貴公子西原君も撤去で頑張ってくれます。

いいねぇ。こういう、一人ひとりの力を感じるときってw

返却はうちの社員と商工労政と実行委員会のメンバーだったので

出た時間と片づけの時間を予測し、後の人間で大体回るとよんだため、JCメンバーは解散。

私は社員をまち、車出している関係上、最後の4時までかたづけました。

実行委員会のメンバーの皆さんは、JCメンバーは疲れたでしょうが、

本当に感謝していました。苦労しているからこそ本当の助けの価値がわかってもらえやすいんです。

我々の中でも同様です。

同じ仲間の中だからこそ、助けが些細なことでも当たり前でなく、感謝しないといけないし、

当然、助けるほうは感謝されるためでなく、仲間だからこそ、苦労してるからこそ手伝うんです。

私自身、市長から仕事してるのかと冗談で言われるほど、いろいろしてますが、

仕事も苦労してますが、その分、助けられていることをひしひしと感じます。

だからこそ、皆さんに伝えたいのは、見て見ぬふりはしないでほしい。

義を見てせざるは勇無きなり

私の座右の銘ですが、勇気はいつも持っていないといざという時心が動きません。

このいざという時のために心を鍛えるべくJCで磨いていくことを私は教えてもらいました。

押しつけがましい話かもしれませんが、みんなの動きや働きに正直、この2週間感動しました。

私もこの2,3週間。まともに仕事したのは今日が初めてです。

でも、この気持ちがあれば、仕事をもっと頑張っていけるそう確信してます。


追伸

次年度の八木君もこの気持ちを熱く持った男であると確信しています。

これから、次年度に向け、本気でスパートしなければなりません。

みんなで助けて、こういった気持を持った男をぐぐっと引き上げてやるのが男ってもんだと思います。

さぁ、ねんごたれずに気持ちよくやって行きましょう。



[ 2010/08/10 19:38 ] 協力団体 | TB(0) | CM(2)

第13回市民の祭りおんまく2日目(8月8日)

やっぱり、盆前のおんまくは、きつかった・・・

見積りがたまりすぎたのと、やはり盆前、盆明けはどうしても段取りをシビアに行わないといけないため、

時間がいっぱいでした・・・

体力的には、大丈夫だけど、それも睡眠ありきだし・・・

来年は4日、5日なので大丈夫だからいいけど、今回みたいのは勘弁ですね。


さて、2日目は、JCの理事長としての仕事はあまりないため、

朝からイベント部会に張り付けです。

そう、おさかなゲッチュウです。

9時から設営し、10時ぐらいに大かたになるともう並んでいます。

暑い中、こっちは心配ですが親御さんたちは関係なし(苦笑)

今回は村上部会長の提案で、日本食研さんや光藤さんの試供により、飲みものを配りました。

そして、常時散水を行い、暑気払いをすることで暑さ対策をしました。

おかげ様で熱中症の子供さんも出ずに済みました。

今年は、昨年よりもさらに学年を落とし3年生までにはなりましたが、

全部のグループが満タンです。

2010080813230000.jpg
↑何もない時はこんな感じ

2010080813240000.jpg
↑集まるとこんな感じ

今年も無茶だろうというちっちゃいお子さんもいます。

待っている間に泣いています・・・お母さんの所に連れ帰ると追い返されました。

更になくので別の人が連れていくと再度追い返されました・・・

確かに後で写真とか見るのは思い出には残るでしょうが、なんかねぇ(笑)

仕方ないので女性スタッフがその子を抱いて、ずっと付いていました。

そういったこともありながらですが、子供たちが8m角の水槽に80名ずらっと並びます。



司会の矢野ひろみさんが、子供に掛け声を出さすと黄色い元気な声が。

かわいい・・・

子供っていいねぇ(苦笑)独身ですが子供大好きなんですよ(笑)

そしてスタート。

たこ、あじ、石鯛、たい、チヌ、はまち、そしてサザエにあこう。高級魚から慣れ親しんだ魚まで

多くの子供が群がります。

2010080813320000.jpg
↑群がるって言葉が適切でしょw親も群がってるけどw

魚が怖くて逃げる子もいますが、子供が楽しそうにする姿はいいです。

2010080813330000.jpg
↑ちっちゃい子でも獲物を狙う時は女の子のほうが怖いw

2010080813320001.jpg
↑大きい魚影ははまちです。ちっちゃい子には怖くて見てるだけの子が多かったですよw

親御さんも必死です。晩御飯にするつもりと取りやすくて食べやすいものをとるように

子供たちに怒声で「たこ取れ!」「その石みたいなやつを取れと(多分サザエ)」とうるさい(笑)

ある意味プロレス見るより面白い(笑)

ピーっと終了の合図で終わるととれてない小さな子には、1匹ずつアジを上げます。

この時の子供のうれしそうな顔もかわいいw

jcメンバーでいえば越智浩之さん、長尾君、しげちか、南条君、初参加の、森松。

OBの安永さん、相原さん、鎌田さん。市民スタッフの湯浅君、小池君たち。

受付の市民まちづくり課の竹谷さんや市役所の加藤君達、スタッフだった原田さんや弥生さん、。

みんな楽しそうです。

やっぱり子供の笑顔にはかなわん(苦笑)

そんなこんなで、2周り行い、240人×2回の500人ほどの子供達が参加。

その他にもプラモデルつくってゲッチュウ、タミヤカーグランプリ四国大会と

工業の高校生たちに手伝ってもらって、中川や八塚さんが毎年来てくれてる豊島さんたち市民スタッフと

楽しく行ってました。また、愛媛県のPRキャラバンが南予の事業のPRにねこのぬいぐるみを連れてPR。

会場は子供たちの笑顔で満載です。

安永さんと良く話すのがここを子供たちの遊ぶ子供広場にしたいというのが目的です。

来年も新企画を考えて、若いスタッフと楽しくしていきたいですねw

そして、3時半より昨日の踊りの審査の講評を大人数の前でさせていただきました。

最近場馴れしてきて、緊張はしなくなり、挨拶うまくなったねとお褒めの言葉をいただきます。

ありがたいことだw

そして、いよいよ花火前です。

私はメンバーの配慮で警備から外させてもらったので、彼女が浴衣姿で来てくれたので

警備してるメンバーへお茶の差し入れをしに、一緒に歩いてもらいました。

昨年、青野直前がされたと聞いて、いいことだと継承させてもらいました。

港湾ビルから内港まで、しんどかったし暑かったでしょうが、みんなのところへ。

途中で広川カップルと会い手伝ってもらいましたが、こうやってみんなにこの時間を作ってくれた感謝を

しがないお茶ですが、一緒に差し入れしてくれた彼女に感謝です。

そして、一緒に花火を見させてもらい、いい思い出ができたおんまくでした。

今年の花火はきれいでしたよw
2010080820510000.jpg2010080820510001.jpg
↑ヒューン                      ドーーン

2010080820520000.jpg2010080820530000.jpg
↑もういっちょ、ヒューン                 ドーーン
そして、ゴミ拾いを1時間半ほど時間をかけながら、一緒に拾ってもらいました。

本部までの帰り道、浴衣で鼻緒のげたでしたので、本当にしんどかったと思います。

しかし、私の性格上、そして自分のしていることに理解してもらっているありがたさは

本当にありがたいです。

来年はスタッフとして一緒に拾ってもらえるようにしていきたいです。

今年のおんまくは、JCメンバーと彼女とおんまくスタッフに助けてもらったりしたおかげで、

一番楽しくて、充実したおんまくでした。

来年はまた、一兵卒として、スタッフで頑張っていきたいですね。


追伸

たばこを吸う人間として、痛感しました。

ゴミ拾いで、煙草の吸殻が一番数が多い・・・

本当に多い・・・

これを見るとゴミを捨てる人もたばこを吸っている人が多いのではと思ってしまいました。

正直、一緒に見られたくないとたばこ吸いの俺が歩いている途中、吸うのを我慢しました。

マナーさえ守れば、煙草は嗜好品であるんですから、文句はそうそう言われないと思います。

見えないからいいんではなく、人がしているからいいんではなく、

どうするべきかを考えてほしいと思いました。

私自身も吸う身ですから、もっと逆に訴えかけなければならなく感じました。

いつか愛煙家の吸いがら拾うイベントを作ってやるぞ!

[ 2010/08/09 16:54 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

第13回市民のまつりおんまく(初日)

今年も暑い夏も終わりが、近づいてこようとしています。

おんまくも、終わってしまいました。

私はお祭り男ではないですが、イベントは好きです。

この時間にやり遂げるという緊張感とうまく行った時の充実感は何の趣味にも勝っています。

とはいえ、あまりでしゃばらないようには心掛けているのがジレンマです。

とりあえず、おんまくも終わり、体は空けれるようになったので仕事を頑張ります。

わんぱくきずな塾が8月28日29日に開催しますが、一時小休止ということでご勘弁を。


さて、市民の祭りおんまくも13回目を迎え、8月7日に開催されました。

このおんまくは、JCが立ち上げたバリ祭と毎年、商工会議所が開催していた港まつりが

一緒になり、おんまくというまつりになりました。

以前も書いたようにホッと畑の私が、清水さんに誘われ入って4年目。

今年は理事長職に重きを置きながら活動しました。

朝の9時に沖洲多目的広場に行き、安永さんと明日のおさかなゲッチュウとかの設営をし、

003.jpg
↑南条君がいつもゲッチュウの水槽はしてくれてます。さすが大工さん。
002.jpg
↑安永さんと今年から手伝ってくれている八塚さん。

開会式へ理事長として出席。

本来なら先触れ太鼓の寿太鼓を見に行こうとしていたのですが、ちょっとバタバタして

みる事がかなわず、撤収の時に行ってしまいました。

004.jpg
↑佐川幹事長、省吾君が叩いたそうです。ごめんなさい。

そして、今治の重鎮が座る中、座り開会セレモニーも終了。

005.jpg
↑本当にえらいさんばっか・・・少し気が引ける。

ゲッチュウのある沖洲で設営を手伝っていると佐川さんが登場。

006.jpg
↑踊りの格好をしてきています。泰平君の頼みだから来たと言ってました。

そして、昼ご飯をヤキトリンピックで、焼き鳥を買いに行きました。

会場に入ると意外と集まっています。昼飯時だし1000人ぐらいはいるのかな?

さっそくいろんなところのを買いに行き、食べ比べ。

個人的には宮崎地鶏の炭焼きをゆず胡椒で食べるのが一番うまかったです。

そして、ゆっくり食べて、踊りのパレードの審査の説明を聞きに本部へ。

いくとなぜだか知らんけど、審査委員長とのこと。

まぁ、いいです。言われたことはやりますよ。

説明も終わり時間があるため、ぷらぷらと会場をしてるとJC踊り連のメンバーが

続々と集結しています。

008.jpg
↑河上君たちは先に準備してました。
010.jpg
↑トミー佐川さんたちは、さっきいたイベントの会場より登場。
011.jpg
↑たかやん荒木は、ヤキトリンピックでうだうだしてたそうです。
荒木が太ももに注目!先週私がローキックをした時の痛みがまだ残っているため湿布を貼ってます、ごめん。
009.jpg
↑八木次年度は踊り部会の設営をギリギリまで(苦笑)八木君らしい(笑)

そして審査開始。

まずはバリダンスから。

このバリダンスは今治JCが作った踊りです。私は当時を知りませんが先輩達からいろいろ話を聞いたものです。

企業さんの踊りが続き6番目に今治JC連登場。

元気だけは、バリダンス、木山音頭を合わせても一番でした(笑)

012.jpg
↑八木君がプラカード、卒業生が絵本の開催横断幕をもってPR。

そして、1時間ほどして、バリダンスの終了。

ダンスチームのうまい踊りも素晴らしかったですが、私は子供連がよかった。

一生懸命する子、照れながら適当にする子、そして、いろいろ仕切っている親(笑)

優勝はHot Baibeis でしたが、私自身は子供たち、全員に賞をあげたかったです。

そして2時間ほど空くため、イベント部会へ。大浜の廻伝馬の手伝いに。

013.jpg
↑南条君がここでも登場。

行くと、いつも担当しているので今年は担当やないんかとおいさんたちが声をかけてくる。

こういう時うれしいねw

この大浜回伝馬は、海のお祭りのものを岡にあげ広小路を走らせます。

広小路を止めての走行は、壮観。そして、走らせていると快感です。

暴走族が路上封鎖する気持ちがわかる(苦笑)

014.jpg
↑遠くでとってるため写真じゃ、迫力伝わらないね。

そして無事終了したため、またもや審査に戻ります。

次は木山音頭。

今治人ならだれもが知る。子供のころから、盆踊りといえばこの曲です。

今治城の普請奉行であった木山六之丞を歌った音頭です。

企業、自治会、踊りサークル、子供たちと様々な団体が踊ります。

015.jpg
↑四国電力の山車は派手です。シャボン玉とかも飛んで、人の目を引きつけます。

昔ながらの曲のため、ついつい手拍子したくなりますw

ここの優勝は、西原君率いるバリィさんが優勝。

私が個人的に点数をつけたからでないことは、お知らせします。

どちらにしても、私自身は個人的に、木山音頭好きですねぇ。

こちらも、夜の9時過ぎまでしました。

夜は喧嘩もありパトカーとかも走ってましたが大したことはなかったようです。

初日の熱い夜は、熱気がまだまだ続く中終わりました。


追伸

今回の踊りでは幹事会率いるJC踊り連に多くのメンバーが参加してくれました。

河上副専務、そして担当で段取りした渡辺仁君、西原君、そして幹事会のメンバーお疲れ様でした。

勢いのある踊り連を見て、うれしかったですよw


[ 2010/08/08 23:59 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

第8回定例理事会(8月5日)

いよいよ今日からおんまくです。

間違いなく暑いですが、今日は踊り連があります。

皆さん、各委員会幹事が段取りしていますので、若いメンバーを盛り上げるためにも

参加してあげてください。



さて、8月5日、第8回定例理事会が開催されました。

今月は審議が次年度の人事に関する案件2議案と例会に関する4議案、

そして協議が例会に関する2議案、のぼりの1議案、後援に対する1議案です。

次年度も決まり、事業の議案数も少なくはなりました。

また、スムーズな運営を心掛けたおかげもあるのか、今まで私自身が経験した中で最短の

9時前に終わりました。


しかし、意見が少ないように感じます。

最初から話しているように、当初は皆さんの自主性を引き出すためにあててはいましたが、

今は意見があんまりないようでしたら、気になる点だけ私が質問して終わっています。

今一度考えてほしいのは、特に議決権のある理事は、委員会の代表であるということです。

みんなの意見をまとめているということを重きにおいて質問をして欲しい。

委員会では意見がなくとも、それを導き出すのも委員長の仕事です。

それができているかどうかで、最終的には委員会のまとまりがでてくるものですし、

委員長の職務が全うできたと言えるでしょう。

再度協議事項をよく見て、意見を出し合うことを重要視してください。

我々青年会議所は、議論をきちんと執り行うことで組織として、

きっちりした事業を行っているのですから。

もう、残り4回しかありません。

委員長はなかなか2,3度とできるものではないです。

残り4回で皆さんのそれぞれの役職を全うしてください。


追伸

理事会で副委員長が議案説明することが多くなりました。

当然、勉強をしてもらうという意味では必要でありますが、

必ずその委員長は、うまく言えるようにどのポイントを押さえなければならないのか等を

教えてあげてください。

任せるのと丸投げは違います。

必ず、フォローは言えるように、自分が言うつもりで臨みことで、副委員長もいい議案説明ができるはずですよ。

[ 2010/08/07 09:27 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

今治市青少年ホーム運営委員会(8月3日)

うーーん、蝉の鳴き声にわくわくしません。

朝起きて、蝉の声がしていると今日も暑いなとしか思えない。

でも、もう、明日ですおんまく。

今年は設営には関わりましたが、やっぱり企画などからやってないせいか、

やった気にならん。どきどきせん。やっぱ、参加するならやってなんぼですね。

来年は復帰するぞ!


さて、8月3日青少年ホームの運営委員会がありました。

これも1年に1度の会です。

皆さん知っているかどうか知りませんが、勤労青少年ホームという組織があります。

これは勤労青年に文化、娯楽、レクレーションを通じて、交流を持ってもらったり、

上記の文化的な講座を開催し、そういう機会に接する機会を与えることなどをしています。

これは地方自治法で決まっているので、全国の市町村にあるはずです。

それの総会というか、委員が10名ほどですが、昨年度の事業報告と今年度の計画を承認しました。

通年どおりのため、特に意見を言うこともなかったのですが、

気になった点が1点だけあり聞いたところ、参加者の定義は原則、30歳までだということです。

9割女性で、1割男性ということもあり、そういった中で婚活的な催しをしたいとの話でしたが、

現実、そういうところに飛び込んでくる男性っていうのは、なかなかいないです。

それだったら独身のJCメンバーでも紹介して、何人か行くのもいいのかなと思ってたのですが、

30歳までということでしたので、紹介できないのが残念です。

うちの妹も以前ここで普通に習いものとかをしていたようですが、かわいい子が多くいるらしいです。

本当に残念・・・

しかし、この青少年ホームの目的と意図が婚活ということになると意図が違うなぁという認識でした。

戦後の我々の父親世代の頃の仕事ばっかりで習い事ができなかった世代のころの

安い金額で習い事ができ、文化等に触れ合う機会を増やすのが当初の意図のような気がします。

今後、この青少年ホールはあり方を問われる時代が来るかもしれません。



追伸

もっと早く知っていれば、一人では行くのは勇気がいりますが、何人かでいくなら

いけるような気がします。

矢野君や羽藤君、吉朗等、JCの同世代のめんばーを連れて行けたのになと思うと

本当に残念です。

利用者が年間のべ4000人らしいですからねぇ。
[ 2010/08/06 09:26 ] 公職 | TB(0) | CM(0)

ヤキトリンピック今治実行委員会(8月2日)

今日も暑かったですね。

表題の件で、本日、テントや椅子、机をメンバーに設営していただきました。

長尾君、羽藤委員長、楠橋君、渡辺(豪)君、越智委員長、佐々木君、山本委員長、仲渡委員長

そして中川室長、垣本専務には、ホッとより多いテント数、42を立ててもらいました。

私は人がいないのと車がなかったため、夕方までめいちしましたが、正直、皆さんがいないと

設営どうにもなっていなかったと思います。

急な依頼ではありましたが、今治JCとして井村実行委員長が本当に感謝されておりました。

9日の撤収もよろしくお願いします。


さて、ホッともさめやらないうちに、やっとこさ、ヤキトリンピックの実行委員会へ参加できました。

最後の実行委員会であるということでしたのでやっと内容を確認できるとホッとしておりました。

開催日は土曜日曜で、以前も話したように、土曜には北は北海道、南は沖縄まで、

IMGP1726.jpg
IMGP1724.jpg


全国の焼鳥どころの職人の一番を審査します。「おいしゅうございました。」の岸朝子さんが

審査します。

会場にはキリンビールのドラフトカー、また舞台では様々なイベントも行うようです。

時間が空いたら会場に顔を出してみてあげてください。

IMGP1727.jpg


今治はやきとりのまちで、長いこと売り出してはいますが、目は出ていません。

しかし、今回も一つの通過点でしょうが、継続することが力なのでしょう。

あるものは伸ばしていく。

JCとして、そういった協力の仕方もあるのかもしれません。


追伸

今回、本当にどうにもならない状況で依頼があり、

間際に皆さんに招集をかけさせていただきました。

私も従業員とトラック2台を出し、一生懸命させていただきました。

しかし、本当に数の力はすごい。

人の力のすごさを改めて今回感じさせていただきました。

手伝ったメンバー、本当にお疲れ様。

IMGP1728.jpg


[ 2010/08/05 18:24 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

ホッと今治2010当日(8月1日)

今日から私自身のおんまくは、始まります。

交通整理の緑色の柵をよく見てください。

㈱渡辺建設ってシールはっていますから。毎年、公録で作ってるんですよ・・・

今週を乗り切れれば、とりあえず落ち着く。頑張れ俺。


さて、ホッと今治の当日、朝6時集合。

何名か来るべき奴が来ていない。遅れてるんだろうな(苦笑)

まぁ、良くあること。

みんな支度を頑張っています。持ち場の見落としがないか、担当はどこか。
IMGP1694.jpg
↑曽我部実行委員長落ち着きがないです。越智修三前実行委員長の余裕と対照的。
IMGP1695.jpg
↑新入会員の山崎君と村上君、ゴミ箱を作ってます。
IMGP1696.jpg
↑スタッフ部会の宮道君は、ホッとになるとハイテンションw
IMGP1697.jpg
↑卒業生の井出さんはガムテープを手にいっぱいつけ、なぜかうれしそうw
IMGP1698.jpg
↑能力が高いのにやる気がない近藤剛治君は、ホッとになると能力を発揮します。
IMGP1699.jpg
↑前日に続き、新入会員の山岡君、朝からまじめにコツコツやってくれてます。


そして受付の開始

IMGP1702.jpg
↑卒業生の越智さんを中心に受付です。バレーボール部会歴代部会長の桧垣君が心配そうに見ていますw
IMGP1701.jpg
↑ビール片手で受付をする山本君、後で越智さんに怒られたでしょう(苦笑)
IMGP1703.jpg
↑受付が終わりホッとしている富田委員長率いる新入会員。

そして開会。

曽我部実行委員長のあいさつ、緊張が伝わりましたが熱い挨拶でした。

そして、私のあいさつも、同様だったようです・・・別に緊張はしてなかったんだけど、おかしいね?


そして試合開始です。

バレーボール部会
IMGP1706.jpg
IMGP1710.jpg

ドッチボール部会
IMGP1705.jpg

サッカー部会
IMGP1719.jpg
IMGP1720.jpg

屋台部会
IMGP1707.jpg
IMGP1708.jpg
IMGP1718.jpg

イベント部会も、数多くのイベントしてましたが写真はとっておりません。本体にて確認ください。

ごめんなさいね。

それと会場各所の思いつくままに撮ったメンバーの写真↓
IMGP1710.jpg
IMGP1716.jpg
IMGP1712.jpg
IMGP1713.jpg
IMGP1722.jpg
IMGP1721.jpg


私といえば、彼女と一緒にだいぶいろんなところに参加しました。

ペアのバレーも出場しました。ぼろ負けですが(苦笑)

ホッとでこんなに遊ばしてもらったのは初めてです。しかし、来年からは戻りますよ。

そして、表彰式、昨年から恒例の綱引き。

私も片づけをしておりましたが手を止めて、参加。

会場に残った参加者もほぼ一体感を持って参加してました。

片づけはいつものように手際よく。

これこそ今治JCの伝統のような気がする(苦笑)

私は高校生とテントを戻しに行ったので、メンバーの皆さんと解散するところには入れませんでしたが、

参加者の笑顔にメンバーのみんなも充実した感動を覚えたんじゃないかと思います。

その後の打ち上げには30名ほどの参加で学校の先生ともども、しんどい顔の中、

みんな充実な顔をしてました。

本当にお疲れ様。


追伸

西条の次年度理事長予定者の田中君は、良くホッとに参加してくれます。

今回もTシャツも購入してくれました。

来年、地区大会のある西条には、ホッとに関わってるメンバーも行ってあげてくださいよ。

IMGP1709.jpg
[ 2010/08/04 08:56 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(2)

ホッと今治2010前日準備(7月31日)

ホッとが終わったといえど、暑い毎日が続きます。

今週はおんまく、同日開催の焼きとリンピック。

設営と当日と大車輪のように動かなければなりません。

確かに気持ちの中に負担という言葉が浮かんできます。

でも、みんなが時間を分け合ってすれば大丈夫。

一人じゃないんです。さぁ、楽しもうw


さて、今年もホッと今治の会場設営。

唐子浜に8:00に集合です。

私はテントをてんこ盛りに積んだ車にのって会場へ。

土曜は少ないだろうなと予想していましたが案の定。

とりあえず、テントを下ろしたり、コートの準備したりと高校生が来るまで

作業のできる状態へ。

高校生が集まり、9時になって一度実行委員長のあいさつ。

IMGP1691.jpg
↑たかやんの腹の丸さが気になりますw
IMGP1690.jpg
↑左から4番目が新入会員の山岡君、設営、当日と一生懸命頑張ってくれました。
IMGP1688.jpg
↑生徒数がこれぐらいなんて・・・実行委員会発足以来ではないでしょうか。

今年は特に高校生が新人戦のためサッカーを含み、50名足らず・・・

しかし、少ないからと言って、することが減るわけでないので黙々と会場に来ているメンバーは

作業します。現場はこれがいい。文句言ってても前には進まないですからね。

IMGP1684.jpg
↑高橋伸也さんから屋台を引き継ぎ、もう7年。康起さんも頑張っています。
IMGP1686.jpg
↑やのちゃん、修治さん、史典さん。みんな先輩です。
IMGP1692.jpg
↑舞台設営はずっとかかわってないけど、これも時間がかかります。

いつものようにテントを立て、ステージを立て、コートを設営していきます。

今回は若手が少なかったですが、ベテランは多くいます。

経験値は高いベテランですので、効率よく、少人数で作業が進みます。

それでも、コートの設営が高校生がいない分遅れる。

仕事では10年ぐらいユンボに乗ってないけど、昔取った杵柄で私も作業します。

まだまだ、げんばやれるぞーw

そのうち気づくと12時。

まぁ、やよりなんとかなったので、高校生はバーベキューです。

テントの中で覗いていると若いやつらは元気だw

肉よーくってる。

IMGP1693.jpg
↑肉に群がる高校生。テントから動くのがだるくなったため、遠めの写真。

こないだ言ってた、食事力=若さ、ってやつですよ。

私自身は食事せずにスタッフ部会の宮道、楠橋のともの3人で食事をしに行ったみんなを待って、

交代で2時ぐらいに食事に行き、戻るつもりでしたがほとんど終わっていたので

仕事に戻りました。

夜は前夜祭的にバンド、ブースによる無尽等を行ったようです。

福岡から友人が来ていたため、そちらは断りを入れたのですが、

だいぶ飲んで騒いで盛り上がったようでした。

こういった、設営はJCの得意技です。

今年は若いメンバーが少なかったため、伝えきれなかったですが、違う機会に学ぶことがあるでしょう。


追伸

いつも、思うのですが、真鍋君が入ってくれたおかげで、

飲み物などを冷やす氷を第一冷蔵から、運んでくれるようになったため、楽になりました。

今年も土曜から飲み物番をしてもらっていましたね。

それぞれに業種の得意なとこがあります。

そういうところをうまくできるのもJCだからですね。

来年も真鍋君、頼んだよw

[ 2010/08/03 15:45 ] ホッと今治 | TB(0) | CM(2)

第8回常任理事会(7月30日)

ホッと今治、無事終了いたしました。

参加していただいた皆さん、運営に携わっていただいた市民スタッフの皆さん、高校生スタッフの皆さんには

感謝のしようもありません。

また、多くの現役メンバーが炎天下の中、前日の設営からはじまり、当日の運営、撤収と

参加してくれました。JC本体の事業同様への参加、本当に感謝します。

そして、ホッと今治実行委員会の曽我部実行委員長おはじめとスタッフの皆様

本当にお疲れ様でした。

けが人もなく、多くの参加者が楽しんだ企画、運営をされたことを感謝いたします。

取り急ぎのお礼だけですが、ブログUPはのちほどいたします。


さて、ホッと前の30日に8月の常任理事会が開催されました。

IMGP1679.jpg
IMGP1676.jpg

今回も全員出席の中で様々な議論がされました。

IMGP1678.jpg


議案自体は例会案件、次年度案件のみの話ですが、様々な議論がなされました。

それだけ常任で議論がなされているからこそ、ほとんどの理事会を10時前に終了しているんだってことを

理解してください。

また、多くの他団体からの協力の依頼も多くございます。

これからLOM事業も多くある中、メンバーも時間が制約されているのいるのですが、

素晴らしい事業であり、公益性のある団体からの依頼である以上、我々も協力できるところは

していくべきであると思います。

それと、JCがそれだけ団体として頼られるということを考えれば、

我々自身の目的である明るい豊かな社会の実現を目指した運動、活動が理解されているということで

あると感じます。

ホッとは終わりましたが、次はおんまく、焼きとリンピックです。

それぞれの部会での参加しているメンバー、踊りに参加するメンバー、花火警備などの依頼に

参加するメンバー、様々なかかわりをするでしょうが、ホッと今治と同様のことを言うならば、

まちづくり団体であるJCは、楽しんでもらう人がいる以上

参加者の笑顔を引き出すことを楽しむべきだと思います。

そして、それを知っている我々だからこそ、運営していない時は精一杯、祭りを楽しんでください。

理事会もそうですよ。

忙しいさなかですが、理事会の資料も確認し、理事構成メンバーは意見を持って、

理事会に臨んで、議論を楽しまなきゃ。

同じやるならおどらにゃ、そんそんですw



追伸

IMGP1675.jpg


先日の提灯つけ忘れてた件ですが、皆さんが取り付けてくれたおかげで、

きれいについています。

さぁ、まつりだ、まつりだ。

勢いで突っ走ろうw





[ 2010/08/02 09:03 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。