スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よもよも50

記念すべき50回は、昨日の続き、全国大会について

私自身のこだわりの一つです。

無理は言うかもしれないが、反JCだった若い頃の俺が、今では日本JCとの強い接点はここだと思う。

ここで感じることこそが我々が日本の青年会議所だという証だ。

ということで、もう、小田原にいます。

松山の全国大会開催の決定の瞬間をまた、報告します。


さて、昨日の続き。

その次は郡山だっけ?

ここの思い出は、卒業生が全員そろって、卒業式の壇上に上がったこと、そして、のぼりの持ち込みをするのに

八木次年度を怒り飛ばしながら、持ち込んだ記憶が残っています。

この年、全城連の今治大会の決算報告のため、死にそうでしたので他は覚えていません・・・

次が帯広ですよね。

この年は、全城連の会長をしたときであり、自分と一緒にスタッフとして出てくれたメンバーとともに

ばたついてた記憶とやはり卒業式で、卒業生が森山直太朗と一緒に歌ってた記憶があります。

他はホテルがどう考えてもアパートにしか思えない間取りだったことと風呂の湯がいように黒かったこと。

後は豚丼がうまくて感動したことだな。

そして、一昨年は、思い出に残るベスト3に入る卒業式。

この時の卒業生が、竹中、相原、楠橋、近藤と歴代が4名、そして何よりともに全城連で苦労してもらった

安永さんが卒業・・・

私は専務予定者のため、青野の直前と前のりし、楠橋さん、当時の理事長近藤さんと飲んでいる時、

委員会メンバーだった相原さん、安永さん達は楽しく別で飲んでいたこと・・・

卒業式の時、ついつい想いが溢れて泣いてしまったこと。

そして昨年。

沖縄の地で、専務として卒業生に楽しんでもらおうといろいろ調べ、副専務二人と

調べていたことと卒業式の武田鉄也にがっかりし、さらに飲み過ぎで救急病院に運ばれたこと

この年も、青野直前、ふみくん、やましゅうをはじめとする多くの卒業生を送りました。

そして、今年です。

振り返れば、年は上だけど自分とともにJC活動をしてきた人たちに、思い出を残したい。

いつも涙目になるけど、共に歩んできた自分の歴史が去っていく気にもなるのかもしれない。

若いうちはわからないけど、卒業生をないがしろにされるのは自分の思い出を踏みにじられたようで寂しい。

感傷的かもしれませんが、我々は卒業するためにJCにはいっている。

だからこそ、今年も満足して卒業してもらいたいのです。

わからなくてもいい、聞き置いてほしい。

若い連中もいつかはわかる。その時のために俺は自分が卒業生になる瞬間まで言い続けようと思う。


追伸

今年の卒業生も、私にとってすべての人とともにやってきたものがあります。

来年は同級生。

一刻一刻と迫る卒業までの道。後悔しないようにJCをまだまだ頑張る!
スポンサーサイト
[ 2010/09/30 10:47 ] よもよも | TB(0) | CM(2)

よもよも49

最近、日曜と週はじめが余裕がありません。

特に今週はきつい・・・

どこの理事長さんもそうでしょうが、水曜出発にて全国大会小田原大会です。

今回は泣きそうなぐらいきついけど、仕事の段取り、必死でして、

小田原で感動したいです・・・


さて、今回は全国大会についての思い出話。

私自身は初めていったのが2001年の大阪大会です。

委員会からだれも行かないため、初めての理事ということもあり、委員会の代表で行きました。

私自身旅慣れもしていなく、地元でお金を使うことをポリシーとして当時いたため、

飲みに行って金額が高いのはどうなんだという思いしかなかったです。

それでも、卒業式にユーミンがでてきたときには、JCってすごいよなとは思いました。

次の年は旭川大会でしたが、ちょうど仕事が工期前のため、忙しくて行かなかったです。

そして、その次は福井大会。心の絵本を立ち上げたときであり、矢葺副委員長と

担当副理事長の伸也さんのお付きで行ったことを覚えています。

あの頃競輪で大勝ちしていたのですが、福井の競輪場に10万ぐらいぶっこんだことを覚えています。

あの一丸選手の落車さえなければ、みんなにおごってもいいぐらい勝ってたのですが(苦笑)

卒業式にはラッツ&スターの鈴木雅則だったかな?飲みに行ったのはべろんべろんで記憶がない・・・

そして、その次の年はフロアでしたが、水戸大会へ。

ここでは、懇親会で四国地区のブースを楠橋地区長のもと、手伝っていた記憶と雨のひどさしか覚えていません。

歌ったのは杏里だったかな?

この後の思い出は次のブログで書くとして、若い頃に対外的なことに関してずっと批判的な私が

この全国大会をいくようになったのは何かなと思います。

きっかけは役職としての責任感ではありましたが、記憶に残っているのは卒業生を送り出すために

2時間待ちとかを平気でしていた卒業式と馬鹿な思い出です。

あと、不思議とサプライズコンサートでした。

確かに無駄なお金のように感じます。しかし、同じお金使って無尽の旅行行ったとしても経験できないことが

沢山あります。JCでしか味わえないことっていっぱいあるんです。

だからこそ、私は当初から他の対外への登録はいつも通りでなくていいから全国大会にはできるだけ

行ってほしいと言ったのです。

自分だけの楽しさではない、仲間たちといる楽しさ、そして何より全国に今だけ同じ思いをしている人間が

いるんだという一体感を素直に味わえます。

これは全国大会の卒業式でしか味わえない物です。

今年いけなかったメンバーは来年には、行ってみてください。



追伸

ある意味、きっかけを作ってくれたのは歴代の竹中さんです。

始めて副委員長の時の委員長でしたが、当時は行けないと言われて、

声をかける以上どっちかがいかないとかたにならんということで行った記憶があります。

まぁ、本当に昔々のいい思い出だ(苦笑)

そんなもんだから、しかたなしで行けんメンバーは、そこまで気にせんでええよw
[ 2010/09/29 10:18 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

よもよも48

最近、涙もろい。

年をとったせいか、ただ涙腺が弱くなっただけか・・・

こないだのブロックの懇親会でも少しホロっとしてしまった・・・

能瀬専務、落ち着いたらゆっくり飲もうね。


さて、こんかいのよもよもは結婚式のこと。

先日、先輩の娘さんの結婚披露宴に出席してまいりました。

数多くの著名な政財界の方々の中、理事長として、前のほうの席へ・・・

いじめだ・・・

オープニングは今治寿太鼓。今回はお金をもらえるにあたるだけの演奏でした。

IMGP2049.jpg
↑ここのところすごい演奏です。聞いてて気持ちが伝わります。

しばらくしてご飯を食べて、仕方ないと思いながら座っていたのですが、いてもたってもいられず、

はやばやとお酒を皆さんにつぎにいくと、先輩方がちゃんと席に座っておけとからかいます。

そんなこんで、酒をつぎながら新郎新婦の衣装替え、友人や同僚の出し物、

盛り上がりながら滞りなく進んでいきます。

こうやってみていると会場は、新郎新婦の年に似つかわしくない年齢の方々が8割。

娘さん夫婦には申し訳ないけどどうしても、半分以上は先輩の知り合い。

しかし、私自身も良く自分で思いますが、ある程度は仕方ない点も・・・

ある程度事業をしている場合、親御さんにとって、結婚披露宴は紹介する場所の一つだということ

特に新郎さんは跡を継がれるということですので仕方ない。

自分自身の今後行うであろう結婚式に照らし合わせながら、考えてしまいます。

正直、大変だなぁ(苦笑)

そして、いよいよ大詰め、ご両親へのご挨拶。

IMGP2050.jpg
↑この場面はついつい泣いてしまう。

先輩が感動する姿を写真に収めようとみんなが群がります。

そして、娘さんが言う感謝の言葉。

こちらも、感動します。ということは先輩も・・・

普段やさしいですが、豪快な先輩もなみだ・・・

IMGP2054.jpg
↑先輩の涙こらえている姿は、なぜかかっこよかったです。

こうやっていつも結婚式を見て思うのは想いを受け継ぐということの

どれだけすごい作業かということ。

だからこそ想いを継いでいくという作業が一番難しいとJCしてて思う。

これは本当に長いこといろんな事業していて思うことの一つ。

そして、感動の一幕がとじ、解散。

彼女と会いたくなって、迎えに来てもらいました。

結婚式っていつ出てもいいですよねw

本当におめでとうございました。


追伸

村上先輩は、本当に素晴らしい先輩です。

その先輩もどうにもならないのが娘の面倒を一生見るのは旦那さんだということ。

足るを知るじゃないけど、できないことは黙って見送るそんな勇気がほしいですね。



[ 2010/09/28 16:46 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

2010愛媛ブロック会員会議所(9月26日)

国益を念頭に断固たる決意を持って、当たっていかなければならない菅総理とちがい、

JCにおいて理事長とは、LOMの益を個人的にどうとらまえるかにより対応は違います。

対外に対する負担を軽減することを目的に対外交渉するのか。

個人に経験というチャンスを与え、さらに人として成長させる事が益になると思い交渉するか。

外交とはトップをする中で、重要な役割です。

ただ間違ってはいけないのは、後ろに控えるメンバーがどうであるかです。

それを柔軟にこなせるようになれば、トップとしてなんとかできているのかなと思います。

まぁ、どちらにしてもみんな意識して発言はしますけどね。


さて、午後からは2010年度です。

役員会は食事をとり、1時間ほど法皇の石川理事長、次年度副委員長で出向の村上君と話してました。

IMGP2045.jpg
↑いつも受付をしてくれる松山から出向してくれる事務局次長

そして、会員会議所の開始。

IMGP2046.jpg
↑これでは気の抜けていない顔と言えないでしょうw

幸せそうな土居ブロック会長の挨拶は、アンパンマンの歌をたとえに話をしていました。

このひと、本当に話がうまい。アンパンマンをここまで感動的な話に仕上げるとは・・・

そして開催地の大塚理事長。

大塚理事長も素晴らしい挨拶をされます。今年の新居浜青年会議所がうまくいったかどうかがわかる

想いのこもった挨拶です。

議案に関しては、今度の世界会議のブース出展について。

苦言を言わせていただきました。

私自身も、ブロックで出向した時にできたかと言えばできておりません、

しかし、LOMの意見を預かる以上、言わざるをえない。

特に人の時間(ブロック出向メンバーも含め)を使っているという意識を持って、

物事を運営しなければなりません。

とくにLOMと違い、ブロック、地区、日本はその意識を持ってしないとやる意味がない。

言いすぎました。来年、我々もそうしないといけないという意識は持っておきます。

そして、会員会議所も無事終わり、懇親会へ。

懇親会も2010、2011合同です。

次年度の理事長は待ち時間が長かったため、しんどかったでしょうが、

それなりに残っています。

ステージのある宴会は、久しぶりですが、端っこのほうに寸志と書いた白い液体が・・・

そう、例のやつです。

今回も各LOMの話もしながら、飲んでます。

IMGP2047.jpg
↑能瀬君の司会と青木直前理事長の太鼓で盛り上がります。

私もほどほどに飲み、ほどほどに記憶もなくなり酔っ払いました。

こういった席で他LOMとの交流が持てるものです。

IMGP2048.jpg
↑LOMメンバーも大人数で盛り上げてくれました。

設えてくれた大塚理事長ありがとうw

そして2次会も楽しく過ごし、元岡と伸介とともに今治に帰っていたようです・・・

まぁ、帰れてよかった(苦笑)


追伸

私も昔はイッキが嫌いでしたが、最近、シチュエーションと量によっては嫌いではないです。

(量ですよ、あくまで量です。)

仲のいいメンバーとともに苦労をねぎらう席で飲む酒は格別に酔います。

能瀬専務とも色々話せてよかったしねw


さて、
[ 2010/09/27 14:08 ] 対外JC | TB(0) | CM(3)

2011年度愛媛ブロック協議会 役員&会員会議所予定者会議(9月25日)

今日は気合入れて仕事してるのですが、ブログもアップせんといけん。

気分屋の私を変えるためにも、これだけはやり遂げたい。

でも、ここまでなんとかやれたんだから、もうやれるやろw

頑張ります。


さて、先日、第2回の愛媛ブロック予定者会議がありました。

私はまだ、審議されていませんが副会長、そして近藤省吾君が議長ででます。

来年のブロック会員大会のためです。

まぁ、それは置いといて、朝9:00開始のため、省吾君が7:30に迎えに来てくれました。

従業員に後ろ髪引かれながら出発。

1時間ほどで着きました。

場所は別子銅山記念図書館大ホール。素晴らしい施設です。

到着すると藤田次年度と小野次年度専務と大塚理事長がお出迎えしていただきました。

IMGP2043.jpg
↑少し魂の抜けかけている永井次年度ブロ長w

IMGP2040.jpg
↑省吾がさっそく名刺交換。こういう意識はさすがに高いw

今回は副会長も全員そろい、監査担当役員も1名欠席、そして委員長は2名欠席でした。

少しだけ、寂しかったですが・・・副委員長が休むのはいいんですが役員が休むのは寂しいですね。

監査担当役員になりたい・・・

苦言はここらで止めて、次年度役員会ということで今回は、どちらかと言えばブロ長の基本方針等の

方向性の最終確認、そして各委員会の事業計画書とあとは、各LOMへの役割分担。

どうしても役員予定者があまり盛り上がってないように感じる。

多分、席割と委員長不在であるということが影響しているんだろう。

永井ブロ長予定者に次は進言してみよう。席は会長はじめとするスタッフと副会長委員長が対面で

話し合うほうがよく感じます。


そして、会員会議所予定者会議。

IMGP2041.jpg
↑時間どおりに今回は開始
IMGP2042.jpg
↑八木次年度、西条の田中次年度、新居浜の藤田次年度です。マジで柔らかい雰囲気になったねぇw

永井ブロ長予定者の挨拶は、自分の今現在の心境を照らし合わせ、前向きに変わっていかなければならないとの

話でした。同期理事長として愛媛の代表に出ていただき、本当にありがたいなぁと思いました。

支えていきますから、よろしくw

そして、役員予定者同様の話、今現在はブロ長が意見を2名ずつあてていくのですが、

当LOMの八木予定者は、バンバン質問いたします。昨年の私を見るようです(苦笑)

さすがは八木次年度、責任を持って質問する姿は、立派です。

これからブロックの議案出すの怖いなと真剣に思いましたw

そして、議事も終わり、所見。

まずは十亀さん。人柄でしょうが、いうべき意見も言いながらやさしく諭すようにお話をされる姿は

さすが神職だなぁと感心しました。

そして上田さん。彼のいうべきことを言うなかで、少しユーモアを交えた話は、十亀さんと比較しても

負けず劣らない所見でした。

それぞれが話し合うこともなく、役割分担ができている姿は今後頼もしく感じました。

しつこいですが、私もそこに座りたかった(苦笑)

とまぁ、次年度、本年度と忙しい中、各次年度理事長の空気が柔らかくなったのをみて、

ホッと一安心しました。

我々はこの愛媛を支えていく仲間ですから、喧々諤々と言いながらも同志としてやっていけるだろうなと

感じた次第です。

長い1日のことですので、午後の本年度会員会議所と懇親会は、次のブログで。


追伸

八木次年度は会議の中では存在感はぴかいちです。

私自身、LOMからの議案で良かったと本気で思いましたw

締まりのある会員会議所になるためにも、意見を恐れず行ってほしいと思います。





[ 2010/09/26 11:08 ] 次年度 | TB(0) | CM(0)

愛媛ブロックじゃがいもクラブ 秋季大会(9月23日)

ひさしぶりのゴルフ。

体が痛い・・・筋肉痛です。

相変わらずのトラブルショットの連続で足腰にかなり無理が来てます。

しかし、ゴルフ落ち着いたらしたくなってしまいました。



さて、愛媛ブロックじゃがいもクラブ秋季大会が今治主管で行われました。

今年の今治の会長は渡辺稔先輩、そして、いも長は八木次年度の元、年当初より計画していましたが、

いかんせん、あいている日がないのが現状。

ということで、祭日の23日の開催でした。登録していただいた91名の皆様ありがとうございました。

仕事が忙しく、見積りを2時ぐらいで終え、就寝したのですが、えらい激しい音で目が覚める。

時間を見ると4時、雷、雨、あまりにも激しい。

雷に関しては近年まれにみる落ちようです。

寝ようとしても気になって仕方ないので、結局起きて、ブログを書きながら、

これは正直、中止だな。

ゴルフをしない私は、普通に思っていました。

景品も用意しているし、中止になったらどんなにするんだろう。日にちずらすといってもないし、

景品に果物用意してたな。相談せんといかんなと心配してました。

7:00になり、羽藤プロが迎えに来てくれるといっていたのですが、八木君に確認してからにしようと、

作業着に着替え従業員を待ちながら電話すると、やはりするとのこと。

マジかよと思いながら会社を出発。

到着すると八木いも長がメンバーに指示していました。

受付準備
↑八木君は相変わらず、自分である程度してしまいます。来年のためにもどっしり構えてくださいw

私は来る方のお迎えということで渡辺稔じゃがいもクラブ会長とお出迎えをし、

2時間ほどつったってました。

受付
↑カッキーと二人で。
受付2
↑一番左の稔先輩は、男気あふれる先輩です。尊敬する先輩の一人です。

しかし、こうやって県じゃがにさんかすると昔世話になった他LOMの先輩と会えるのがうれしい。

懐かしい限りです。

高田顧問
↑西条の高田歴代ブロ長は、いつも写真の気配に気づくのが早いですw

プレーは最終組の10:38分スタート。

スタートホールはフェアウェイにのらないとナッシングバッツネットの募金です。

先に入れておきました(苦笑)

ナッシングバッツネッツ
↑山岡歴代が近藤吉朗君が持つ募金箱へ。

それにしても今回はブログに書いた日以来だから5月ぐらいかな、まぁ、久しぶりのプレー

そして、久しぶりのクラブを握ります。

いいんですよ雨だし・・・

そんな感じでっプレー開始。

一緒の組に回るのは、羽藤師匠、越智加代さん、そして、越智三誉先輩。気は楽です。

はとうプロ
↑俺の師匠羽藤プロは、本当にうまい。
越智三誉先輩
↑越智三誉先輩は、下ネタギャグ満載です。加代ちゃんがまいってましたw

順番引くとオーナーは私。わかってますって、神様、試練でしょ試練。

すると、しょっぱないいじゃない!真っすぐ飛んでフェアウェイだ。

そう、しょっぱなボギー始まり。今回は調子いいぞ!

しかし2,3と続けて9,10叩きます。

まぁ、いいのよと自分を慰めながら前半終了すると71。

俺にしてはいいのか?それにしても寄せとパットがいい。ほとんど1パット。3パットが一度もない。

後半も少しは期待します。

食事をして、雨の中、後半開始。

後半一打目はやはりOB。遠く右に飛んでいくたまに、ファーという声が悲しく響きます。

しかし今回は本当に寄せとパットがいい。

サクサク進みOB連発、ダフリ連発以外はうまくいく。今回は140は必ず切りそう。

そして最終ホール、思いっきりふってやろうと、ブン回してちょろ。

二つ回してチョロ・・・

加代ちゃんに笑われました(苦笑)

3つ目が会心の一撃!羽藤プロに年一ですねと一言(笑)

その後も5番で真っすぐ飛び、1mぐらいにズドン。

今日は自信持って1パット。Par4ですからバーディーの気持ちですよ。

2チョロ2オン1パット。いい響きだ!

まぁ、俺的にだけどね(苦笑)

この後の表彰式で、いつもの定位置BM抜けだしてんじゃないのと期待を込めて待ってました。

そして、始まり、大洲の宮脇会長のあいさつの後、私の挨拶をし、さてお待ちかねの表彰式。

景品
↑景品豪華でしょ。若手でゴルフできるやつもっと参加すべき!

当然最初はBMから。

八木君の声から新居浜の声が!俺じゃない!

そして、BBは・・・これまた俺じゃない!

結局下に5人ぐらいいました。

多くの今治JCのメンバーが景品を持って帰る中、

景品授与
羽藤プロ景品
↑もらう人はいつも一緒。でも、20人ぐらいは今治からもらっていたかも。

優勝はなんと丹下貴啓君。でっかいテレビ持って帰りましたよ。

優勝発表
↑ブロック会員大会の景品が一つ増えましたw

そして団体優勝も今治JC。2連覇です。

今回は本当に雨の中多くの方が参加してくれたおかげで、八木次年度が段取りをした

県じゃがも無事終了。

本当に私にとっても雨の中、いいジャガイモでしたw


追伸

ブービーメーカー、私にとって不動の定位置で名前を呼ばれなかったときに

うれしさの半面、寂しさも・・・

長い道のりだったなぁ・・・

しかし、今治の中ではやはりBMでしたw

当座の目標は、3打しか違わなかった玉田君です。

景品授与玉だ
↑玉ちゃんがライバルだ!私の結果は今回131でした。もう2打で目標の120台だったのに(泣)

次は負けないぞ!


[ 2010/09/25 07:26 ] クラブ | TB(0) | CM(2)

愛媛ブロックじゃがいもクラブ 秋季大会 参加御礼

昨日行われました、愛媛ブロックじゃがいもクラブ秋季大会に91名もの方々に

参加いただき誠にありがとうございます。

激しい雨の中、このように数多くの皆様に参加していただいたこと、主管LOM理事長として

メンバーになり替わりまして厚く御礼申し上げます。

今回、大洲の宮脇会長の元で主管させていただきましたが、じゃがいもの若年離れを

当LOMも懸念するなか、主管させた頂くことで数多くの若手メンバーが関わることができ、

シニアとの交流も含め、楽しまさせていただきました。

私自身、ゴルフをしないのですが、今年、理事長としてLOM内のじゃがいも、

内山で行われた春季大会と参加させて頂いた中で、他LOMのお世話になった先輩との再開は喜びでしたし、

新たなシニアの皆さんとの交流は新たな出会いとしていいきっかけになりました。

特に新人戦という若手にもチャンスを与えていただく場所を作っていただいたことは

現役としても非常に良かったように感じました。今後も参加してくれるようになるのではないかと思います。

来年度の春季大会は新居浜JCですが、今回同様、ご協力のほどよろしくお願いします。

とりあえずは、お礼のみとさせていただき、報告は別の機会にさせていただきたいと思います。

乱筆乱文ですが、お礼の挨拶にかえさせていただきます。

本当にありがとうございました。
[ 2010/09/24 09:24 ] クラブ | TB(0) | CM(0)

よもよも47

本日は、県じゃがが今治カントリーで開催されます。

あめです。

実は初めての雨です・・・

今回は下手すると180叩くかもしれない。

心配です。皆さん迷惑かけても許してください。



さて、本日のよもよもは仕事というか業界で県と合同でパトロールを行った時のこと。

実は先日のしまなみ3JCの後、1週間も立たずに弓削に行ってまいりました。

今回は弓削大橋をパトロール、その他2社見てまいりました。

弓削大橋は三井住友の現場です。

橋梁圧縮
↑しまなみ海道の橋から比べると小さいですが珍しい特殊工法です。

ほぼ完成している状況のため、どういった施工方法かという確認はできませんでしたが、

こういう機会に大手さんの現場を見ると私自身勉強になります。

まずは工程管理。

工程管理は先日もJCでなんかの機会で話しましたが、すべてにおいて根本であると思っております。

企画、計画をしたものが現場に降りてきます。

この現場の根本が工程管理です。

安全面に関しても、お金に関しても、工程管理ができない人は管理できませんしうまくいきません。

当然、仕事がわかっていないと工程、仕事の流れは作ることができないのです。

仕事の流れがわかるということは、どういったところに危険が潜むかということがわかるのです。

事実、ひとを多く関われば関わるほどこの工程管理をすることが、人を安全で楽に作業させることができます。

そして、続いて整理整頓

眼先の小さなことである整理整頓が重要であるというのは多くの人が言いますが

それには理由があります。

この整理整頓は、普段から意識してすればできる身近な作業であります。

しかし、これをみると会社がどれだけ細やかなことができるかということが分かりますし、

社員教育ができているということになるのです。

当然、安全の観点でも、これができているということは安全に対するちょっとしたことでも対策を

とれているという証になると思っています。

この二つを確認することで安全面がちゃんとできているかどうかわかります。

そういった観点で今回の現場も見ていきました。

まずは日々のKY活動から。

KY.jpg
↑現場事務所に貼っているのを見たことありませんか?

本日の作業を作業員を含め確認し、その中で危険なことをそれぞれが発表し、危険ポイントを確認し

その対策、対応を発表します。それがKY活動(危険予知の略)

それにプラス、今、労働基準局が推進しているリスクアセスメントを取り入れていました。

リスクアセスメントとは、作業ひとつひとつに、危険度を点数化して、重要度を順位付けし

管理を行うという手法です。

私も基準局にプロット的に会社でして欲しいといわれ、1年ほどしたことがあります。

そして、現場の見回り。

橋梁上
↑幅は狭い橋です。離合できなさそう。

これぐらいの橋でもなかなか見学することはできません。

整理整頓もみながら、技術力の高さに感心してました。

橋脚圧縮
↑いつかはこういった大きな仕事をしてみたいですね。

スケールの大きさに、自分たちの会社と比較してしまい、頑張っていこうと意欲をわかせ、

他の現場へ。

他は地元企業の現場。自分自身の会社も同様ですが、冷静に見て、悲しいかなランクが違う。

いつもこういう機会に自分の会社の見直しをかけていこうと思います。

そう考えるとJCも他LOMや他団体の事業に参加したり、例会を見に行ったりとすることは

自分たちのLOMを良くすることにつながると思います。

是非、これからも機会があれば見に行くべきでしょうし、自分自身を広い視野に置くことのできる

経験を積むという意味でも、いろいろな事業に参加してください。


追伸

我々の業界は、製造業特に造船に続く、命を危険にさらす仕事です。

しかし、こういった努力がここ何年か1年に1件ある無しという状況に持っていっています。

安全を管理するということは生産性を上げるということに表面的にはつながっていませんが、

安心してできる作業ということは最終的には生産性を上げるということにつながります。

JCの煩雑になったルール、資料も同様です。

管理されているのではなく、めんどくさいと思わずにうまくいくためのツールとして考えれば

最終的には、必要なことに気づくはずです。頑張ってやっていきましょうw

[ 2010/09/23 06:22 ] その他 | TB(0) | CM(0)

第1回次年度拡大研修委員会(9月21日)

今朝からおなかが痛いです。

私は基本的にお酒が弱いため、飲み過ぎると下すし、上げます。

明日のスコアはこの調子だと多分下げっぱなしでしょうね・・・

ということで明日は県じゃがですが、お越しになる皆さんどうかよろしくお願いします。


さて、とうとう第1回の次年度委員会が開催され出席しました。

私自身は久しぶりに委員会配属。そして、何より私の先輩である山本剛委員長。

大学の先輩でもありますし、満を持しての委員長。

予定者とはいえ、どのように運営するのか、久しぶりに委員会配属であるので楽しみでした。

第1回ということで食事の席での開会。

山本委員長の挨拶は、拡大と研修についてベテランらしい挨拶。

意気込みを感じます。

山本委員長圧縮
↑気合入ってます。

八木次年度の理事長挨拶をいただいた後、

八木次年度圧縮
↑少し緊張していたかな?

理事長所信やスローガン、基本理念、基本方針と読み合わせを行い、

質疑応答、次年度がいるために質問が直接次年度に問われ、基本的には良くない流れ、

飛び火して、心の絵本のことに関して、私自身エキサイトしてここでのやり取りが20分ほどかな・・・

委員会としておかしな流れななったため、一度切って、酒を飲みながら委員会基本方針のチェック。

委員会進行圧縮
↑今は気合入っているね。1年半トーンダウンせんようにね。

委員長の想いは良くわかったし、途中までは文章的にも良かったですが、いかんせん、ある言葉だけが気になる。

喧々諤々としながら、修正をもう一度かけたものを委員会でチェックして、再度上程するということです。

そして、来年の事業の概略を聞き、終了。

最後にお酒を頂きます。

お酒贈呈圧縮
↑山本委員長ホッとしていますw中身はシャンパン、後で加代さんの店で飲みました。

しかしこの委員会、どう考えても、委員会内で意見が出っぱなしになりそうな予感です(笑)

新入会員は15名以上という目標は委員長の熱い思いがでましたので、

我々20名越えを目指して頑張りたいものです。

そして、委員会幹事の越智加代さんの店へ。

ここでも、山本委員長を囲み、ああじゃ、こうじゃと話して、気づけば1:30ぐらいかなぁ。

はい、最近、良く記憶があやふやになります。

まぁ、来年も楽しくできそうですw



追伸

委員会名は拡大研修委員会です。

JCとは人生の学び舎として、勉強する場所であります。

数多くのメンバーを皆さんに紹介してもらい、入った後こそ重要です。

その両方を担った委員会は、学校であると言って過言でないでしょう。

皆さん、山本委員長をよろしくお願いします。
[ 2010/09/22 15:22 ] 次年度 | TB(0) | CM(0)

愛媛FC観戦(9月19日)

さて、最近、週末のブログがたまって、週明けに書くことが多い。

2日分書くのに、仕事で間抜けるので時間がかかります。

そういや、23日は県じゃがです。今治開催のため本当は練習しておきたかったのですが、

全然してません・・・

まぁ、伝説に残るへたくそな理事長でいいや(苦笑)

そのほうが敷居は高くなくなるし(笑)


さて、内子を出て、ニンジニアスタジアムに到着。

今回は徳島ヴォルティスとの四国ダービーです。

入口看板圧縮

会場に入ると屋台に見覚えのあるのぼりや看板。

というのも、今回は今治スポンサー試合のようです。

しらなかったけど来て良かった。

焼鳥は逃げておいて、他のところで買おうとしてると物産協会ののぼりが・・・

物産協会圧縮
↑ここにいると徳島の吉野川jcのメンバーが通り、負けませんよと一言、言ってましたw

市の職員が手伝っていて、つかまって買わされました(苦笑)

サザエ飯やサザエの壺焼きですがおいしかったですよ。

それにしても焼鳥に人が並んでたな。いつものところがでていたのですが・・・

そうやって、ぷらぷらと歩いていると声がかかります。

垣本専務です。あれ?

垣本圧縮
↑みんなお父さんしてるよね(苦笑)奥さんにも挨拶しておきました。

聞くと子供さんが選手の手を引いてでるエスコートキッズで出ているそうです。

ああ、今治がスポンサーの試合やもんね。

パンフレットを見るとハーフタイムにあけびさんの子供が踊ったり、メインスポンサーが

四国ガスだし、知り合いにも会いそうだねと思いながら、席に。

丹下亮君親子と矢野宏明君も来ているはずだけど、どっかであうだろ。

そう思いながら、座ってました。

しかし、今回はぐっすり。人数を聞くと7000名を越えています。

sutajiamu.jpg
↑私が見た中で一番多い。このほうが応援していても盛り上がりが違う。

すごいね。

最近サッカーは人気だねぇ。

そんなこんなで、練習前の選手の挨拶があり、20分ほどして試合開始。

選手挨拶圧縮

さて、選手入場。

選手入場圧縮
↑カッキーの子供さんはちょうどかぶってた。

カッキーのために子供の写真を撮ろうとマナー違反してまで一番近い席で写真をとるけど、

やはり、難しい・・・ 

ズームにすればボケるし、UPするためには画質相当おとすからわかりにくい。

かっきーの子供
↑後ろ姿7番のユニホーム着た子供。さすがに身を乗り出してまではとれませんでした・・・

顔見えんし、一瞬のため厳しい。もっといいカメラ買わないとねぇ。

そしてキックオフ。

前半は、おしい場面もありながら得点できません。

試合1
↑ファールはバンバン出てました。
試合2
↑見るのは気持ち良いし、楽しい。

やっぱり、日本の縮図だな。

そこでヴォルティスがシュート。入ったと思ったけどオフサイド。

私今回で3回目ですが一度も勝ってないため、勝利する姿が見てみたい。

ホッとしました。

で、0:0で前半終了。

ハーフタイムはたばこ吸ってると松山JCのOB正岡さんと会い話しこんでました。

気づくと後半戦開始。

急いで席に座り彼女のご機嫌をうかがうために飲み物を買って帰り、

オフサイドにはならず。ふぅ~(汗

後半もおしいところで入りません。

試合後半1
↑今度は相手方ゴールが近いため見やすかったです。

しばらくして、ファールでフリーキック。

けるのは交代したばかりの内田。

40mぐらいかな離れてたのは。どうせ入らないよと言っていると直接はいった!

ゴ~~~~~ル!(写真は撮れませんでした)

素直に喜んでる彼女がかわいかったです。

応援も盛り上がり、周りと何か一体感を感じます。

応援圧縮
↑サポーターも少しずつ増えていますね。

しかし、その後は追加点が入りそうで入らない。

展開はいいんだけどな。

センターリング圧縮
↑これなんかもおしかった。

でも、なんとか守りきって、試合終了。

素直に楽しかったです。

そして、スタジアムから出てゴミステーションでゴミを捨てていると

丹下親子、矢野君と出会い。なんとか、来てた人間とは出会うことができました。

その後、今治帰って、コンビによって車が壊れた次第です(苦笑)

いやー、ついてました。高速じゃなくて本当に良かった。

サッカー、また見に行きたいですね。


追伸

サッカーも役割で最初は行っていたのですが、しだしたり見たりすると

面白いです。

スポーツっていいですよね。

今度、ブロックである時は時間あるなら見に行きましょうよw




[ 2010/09/21 18:29 ] その他 | TB(0) | CM(2)

第2回内山紀行

ある先輩Yちゃんに、彼女とのブログは見てもつまらんといわれました。

まぁ、そうだろうけど、忙しくてもこうやって一緒にいる時間を作ることでJCに

家族が協力してもらうようにしないといけないよとメンバーへ周知するためにしています。

まぁ、のろけも半分は、入っていますが、今年限りのブログだし、ご容赦願いたい(苦笑)



さて、またもや内子へ行ってまいりました。

というのもブロックより、フレンドシップを提携している愛媛FCの試合の案内があり、

ブロックとして通年の観戦ツアーがあると思っていたら、立ち消えになってたそうです・・・

それならちゃんと案内しなさいと少し立腹して河野ブロック運専には苦情・・・

彼女の仕事休ませて、見に行くようにしたため、仕事先にも申し訳ない。

人の時間を使うということにおいて身内だけなら笑い話になるけど大人数に案内かけている以上

きちんとした対応はお願いしますよ

まぁ、そんなわけで彼女が話しやすいように意地でも見てやろうと見に行くことにしました。

PM7:00からの試合のため、前回いった内子の記事を見てブロ長が言ってくれたレストランに行こうということで

いざ、内子へ

今回も3連休ということで高速は3キロの渋滞。

車内ですので、煙草も吸わず、多少いらいらしてると彼女にたしなめられます。

まぁ、基本的に短気なため、こういったことを言われると気の持ちようを直すようになるため

ありがたいです。

そして、到着し、からりへ。

今回も人だかりですね。近郊型観光の成功地ですなぁ。まぁ、これも内子ののどかな風景だからこそ。

そして、目的のレストランへ。

レストラン圧縮
↑食事してるところでは写真とるのに抵抗があるため、これだけです。

食事はバイキングのみのため、少しイメージが違うけど、

食事しました。

いろいろとって食べるのですがおいしい!

そしてやはり絶品は内子豚のハム。本当にこれはうまい。

で、私バイキングでとりすぎる癖があり、おなかパンパンです・・・

マジで苦しかったですが、おいしいです。\1575でしたので、皆さん行ってみてほどうですか。

その後は周辺をぶらぶらとし、これから葡萄狩りで葡萄を食べないといけないため、

食べ過ぎた食事を下へと落としておきました。

からり橋圧縮
↑からりに隣接している橋です。吊橋ですが、上からのぞくと小田川が涼しそう。
小田川圧縮
↑まだ、残暑厳しいので川遊びをしている人も多かったです。飛び込む気にはなりませんが(苦笑)
土俵圧縮
↑近くに子供相撲ののぼりが立ってました。ここで次の日にでもしたのですかね。

そして、またもや上田理事長の百楽園へ。

今回は桃と違い、葡萄ということもあってか、人も多い。

入口で挨拶して、葡萄狩りを開始。

tana 圧縮
↑なんとかビアンコの棚です。まだこれからということで鈴なりの実が壮観ですね。

気をつけるポイントとして、ひと房ぐらいずつのほうがよいとアドバイス。

確かに葡萄もそこまで食べた記憶がないため、3種類をひと房ずつとってきて、

木陰でのんびり食べました。

ブドウ圧縮
↑氷水につけて食べないと身が煮えて温かいので、微妙です。でも、本当に甘い!

確かに葡萄の銘柄にもよるんでしょうが巨峰や種類忘れたけど、赤い葡萄は

熟れすぎて、甘いけど微妙。

しかし、ちょうど時期的になんとかビアンコという白い葡萄は粒もパンパンで

皮も薄くなって甘い。

もともと、葡萄好きですが巨峰よりもマスカット好きの私にはよかったです。

彼女は甘いのはあまり好きでないため、ほどほどで食べて、ビールを上田理事長からもらったので

それを飲んでますw ちくしょうめw

それにしてもゆっくりとさせていただきました。

木漏れ日圧縮
↑苔が一面に生えていて、絨毯のようです。雑木林で寝転がって木漏れ日を眺めていると日ごろの喧騒とした
生活がウソのよう。家にこういったところほしいなぁ。


まだまだ忙しい理事長職の中で、のんびりと彼女とすごすこの時間は大事な時間です。

本当に皆さんも来てみるといいですよw

2時間ほどかけてとってきた葡萄を食べて、百楽園を後にし、

砥部運動公園のニンジニアスタジアムへと出発しました。

愛媛FC編は次のブログで。


追伸

上田理事長のところは、内子のまちなかよりもさらに奥地で、

本当に山の中です。

実際、夏からこの時期までは書き入れ時で大変そうです。

それでも、理事長として他LOMにそういう姿は見せません。

私自身も思うのですが、仕事が忙しいのはだれしもであり、

それぞれの役割の責任感というのは、会社の大小や、LOMの大きさではありません。

自分自身で受けた役職をどう自己処理し、それをプラスにつなげるかがJCの中で

人間力を培うということではないでしょうか。私自身もまだまだ未熟ですが、皆さんが思う以上に

忙しいし、仕事もしています。

だからこそ、多少しんどかろうが、時間とられようが大丈夫。

命までは取られんからw

[ 2010/09/20 09:18 ] その他 | TB(0) | CM(0)

井出さん結婚披露宴、結婚式(9月18日)

車がとうとう壊れました・・・

第5回の絵本の時に生徒の運搬用で買った車ですが、調子が悪かった・・・

今、桜井のサークルKに展示しています。ここで燃え尽きました。

火曜日には撤収するので、いたずらしないでください(笑)



さて、9月17日にマリエールにて井出さんの結婚披露宴が行われました。

それ以降の部分は所属委員会のメンバーに報告してもらうとして、

私は今治城の吹揚神社の結婚式の報告をメインでします。

井出さんは皆さんもご存じのように今年卒業です。

そして、昨年度、寿太鼓の幹事長をしました。

寿太鼓の中でストレートな井出さんですので、すべての情報を聞いていたのですが、

かわいい奥さんと席は2月に入れたと聞いてます。

しかし、やはり、結婚披露宴、式はしようということで、昨日の開催の運びです。

そのなかで、我々寿太鼓のメンバーにとって吹揚神社は神聖な場所、ここで式を挙げるというのは普通。

しかし、井出さんの違うところは、式の後、神殿で太鼓を叩きたいと神主の息子さんに話したそうです。

OKだったということで、最近までどうするかがわからないまま、

歴代幹事長が、井出さんのために練習して、この日を迎えました。

11:30に神社に集合し、準備。

IMGP1960.jpg
↑矢野君、できるサラリーマン風でさわやかに登場。何かあったのか、まさか?

メンバーが集まって支度をし、結婚式が終わるのを待っていました。

そして、結婚式終了後、すぐに境内へ太鼓の搬入。

久しぶりの神殿への搬入ですのですこし、段取りが悪い。

その間に集合写真等を撮ってもらって、完了。

IMGP1961.jpg
↑やはり親戚ですね。井出さんに似た感じの人がちらほら。

森本先輩、木村真宰先輩、越智俊先輩、平田哲也先輩、そして現役は山本剛さん、木村、

佐川さん、急遽武智先輩の代わりに広川、そしてメインの表を井出さんです。

IMGP1962.jpg
↑今回、現役より先輩達が楽しんでいました。

井出さんの掛け声で始まりました。

紋付き袴で力だすき姿の井出さんが、かっこよく映り、奥さんもほれなおしたでしょう。

IMGP1964.jpg
↑なかなかいませんよ神殿では(笑)かっこよかったですよ、井出さんw

演奏に関しては久しぶりの神殿と歴代幹事長という気合も込みで素晴らしい演奏でした。

親戚縁者の皆さんも感動されてました。

そして、その後はご存じのようにマリエールにての結婚披露宴。

IMGP1969.jpg
↑最初は緊張気味でした。

IMGP1971.jpg
↑ケーキ入刀。井出さんがかっこよく見えます。

IMGP1966.jpg
↑同席は青野直前と八木次年度。

内容は委員会が報告するとして、JCの先輩も含め50名ほど集まり、井出さんの披露宴とともに

同窓会のような感じで楽しい一日でした。

余興は同期メンバーの羽藤君、鳥井君を中心に行われ、JCらしい余興。

IMGP1972.jpg
↑怪しい目隠しで奥さんの煮物を言い当てました。ごっつぉーさん。

IMGP1973.jpg
↑木村の悪意の笑顔はろくな事が起こらない。結局省吾が即席青汁を飲みました。

そして、これまた寿太鼓メンバーによる屋台囃。

IMGP1977.jpg
↑みんな腹筋鍛えてましたね。これが一番太鼓でしんどいかも?

久しぶりに見る屋台囃モ圧巻でした。

わたしも、お酒がついついすすみ、披露したからだと昼の酒が睡眠を誘い出した頃に終了。

帰ろうと思うと突然の2次会のセッティング・・・

マリエールの高級なソファーのおかげで睡眠を良くとれました(苦笑)

IMGP1979.jpg
↑寝ぼけて写真も撮っています。

最後の突然の締めの指名にまだ寝ぼけている頭でわけのわからんことを言って解散。

楽しい披露宴であったことだけお伝えします(苦笑)

それにしても井出さんご夫妻に幸あれ!こんちくしょーw


追伸

しめで、井出さんを八木さんと呼んでしまいました。

最近挨拶で次年度のことばかり話しているせいでしょうか。

今後、気をつけます・・・

[ 2010/09/19 09:57 ] その他 | TB(0) | CM(2)

スペシャルオリンピックトーチラン実行委員会(9月17日)

メンバーの井出敏博さんの結婚式にいって、酔っ払ってしまって、

返って熟睡したのですが目が覚めて、寝れません。

しかもなぜか頭が痛い。あんまり飲んではいないですが、どうも疲労が蓄積している模様。

それにしても、井出さんはきれいな奥さんと仲よさそうでうらやましかった。

こんちくしょー・・・


さて、9月17日は、第1回の次年度委員会の日でしたが、私の配属される会員研修委員会は、担当が専務

副専務がメンバーという事情のため、別の日に変更。

そのおかげで、スペシャルオリンピックのトーチらんの実行委員会に参加してきました。

この日は地場産で行われる大阪の町工場で人工衛星「まいど1号」を飛ばした青木さんの講演も案内があったため

次年度委員会がない卒業予定者の矢野副理事長、越智委員長、池内監事、宇野スポーツクラブ会長と

私と同様、会員研修委員会に配属の中川室長にお願いしました。

私自身は一度聞いていたため、面白かったので勧めましたが、聞いた感想は面白かったとのことでした。

今回の講演は参加料が無料でしたし、たまにこういう機会があります。

いい講師はお金がかかることが多く、JCではなかなかできなくなりました。

是非機会見つけて講演に行ってみてください。

だいぶ脱線しました。

7:30からの開会から、参加するアスリート(知的障害のランナーをそう言っています)の親御さん、

サポーター(トーチランの際に一緒に走る人たち)の代表者、そして我々のようにボランティアで参加する

団体と30名ほどでの会。

ほとんどが役割分担と内容の説明で終始話しが終わりました。

私自身は2006年にあった際にJCとして参加したのでイメージがわきますが、初めての人はイメージがわきにくい。

そういった点で議事に時間がかかりました。

今回我々JCは、交差点での交通整理で、ドンドビ、媛銀の朝日町支店前、そして丹小児科前の交差点で

白バイ、アスリート、サポーターが交差点で待っている間の交通整理だということです。

大体、1区間のアスリートに20名のサポーターがついては知るため、横断するところが混雑するので

交通整理するということです。

役割の内容は以上ですが、役割人数は1交差点に4名ほどいりそうです。

アスリートが懸命に走る姿は、健常者と何ら変わりません。そういった姿、そして、スポーツを通じての

活動の告知という意味も含めて、このトーチランは行われます。

是非、役割だけでなく、沿道で走っている子供たちに応援をしてあげてください。

本当に良い事業ですよ。


追伸

我々JCは自分たちの活動で手いっぱいの感はあります。

しかし、こういった他団体の活動に協力することもまちづくりの一環です。

是非積極的にかかわってください。

自分自身の人脈として広がりますし、経験を他の事業で得るということも必要ですから。

私は多分こういったところに参加する機会が多いため、同じJCメンバーの倍は経験しているつもりです。

実際、人脈も幅広いつもりです。若手から参加し、自分たちのためにも参加してみてください。

[ 2010/09/18 23:13 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

9月例会(9月16日)

今年に入って、例会100%を西条JCが行い、そして先日の9月11日に新居浜JCが達成しました。

私は理事長として、特に今年の全体的に高い例会の出席率に喜びの一つを感じています。

みんなの気持ちがまとまるということが出席率の向上につながると信じていますし、

毎年毎年の積み重ねも含め、その結果が今の例会ではないかと思っております。

私が在籍している12年間で100%例会らしいのは2003年の一人は入院していたためビデオでの参加でしたが、

他は全員出席でした。難しいかもしれないし、これを言ってしまうのは無理強いなのかも知れません。

しかし、憧れます。やってみたいという思いはあります。そして、できるのではと・・・

できた結果を持って、来年度へJC活動に対する団結力をバトンタッチしたい。

自分自身がやってきたことが正しかったのか、自信はありますし、それに応えてくれているのも

知ってはいるけど、結果として残せたらと・・・


さて、いよいよ例会も残り4回、9月例会を迎えました。

寂しいなぁ。

理事長挨拶も、私自身のことを含め、男の背中、引き継ぎのことを

今回は思いを込めて話させていただきました。

いつも通りの流れの中、報告事項に移り、今回から始まる次年度理事長報告。

本当に雰囲気が丸くなった八木次年度が感謝をこめて報告します。

立派ですねぇ。私なんかより本当に伝える言葉を持っている。

そして前回できなかった山岡君の入会書授与式。

遅くはなりましたが、彼自身は夏のきつい様々な事業に参加してくれました。

山岡秀樹君をどうかお見知りおきを。

3分間スピーチはとうとう例会広報委員会。

山本委員長の責任感の元、藤田一郎君と阿部大輔君が発表。

それぞれに自分の経験を交えた話は、なかなかおもしろかったです。

総評は予想外の小島副理事長。そつなくうまくこなすところはさすがです。

委員会アワーでは、来年度のブロック会員大会と45周年のための研究の発表と

事業の骨子を発表。

ブロック会員大会は、愛媛ブロックのことを主に、そして周年はシニアの皆さんを主にと

だれをどうするかという意図が、本来の目的と違わない素晴らしい内容でした。

今回の発表を踏まえ、次年度は方向性に従い、内容、PRをより充実させてください。

木村監事の監事総評も、次年度に向けて次を育てようとする思いやりのある監事総評でした。

そして、閉会。

残り数少ないため、どこかの委員会と合流し食事したかったのですが、

仕事が押しているために帰りました。

次は盤石の態勢で誰かと飲みに行きたいですねw


追伸

山本例会広報委員長が、HPにてわんぱくきずな塾の報告をUPしています。

また、4月より変わっていなかったフラッシュを変更しています。

フラッシュの最後に写る羽藤委員長が担当する心の絵本選手権。

残りの対外事業は第8回心の絵本選手権です。今治JCとして開催する最後の心の絵本。

もう一度、皆さん一緒に真剣に取り組んでください。




[ 2010/09/17 07:55 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

9月昼常任(9月14日)

民主党の代表選、予想外の大差で菅総理が再任されました。

今回の結果を見て思うのが、本当の意味で民意が強くなってきましたね。

民意を受けての政治家であるのは当然ですが、市民がどこまで冷静に状況を判断できるかは

マスメディアの力が大きいと本当に思います。

マスコミ関係の方はそこらを踏まえて報道してほしいものですね。

しかし、日本もこれからイギリスと同じような道をたどりそうで怖いなぁ・・・


さて、先日、昼常任をひらきました。

今回も全員の出席。ありがとうね、いつも。

内容はいつものごとく本日の9月例会についての最終の詰めです。

今回は外部の方々も来ることがなく、内容としてはつめるべきところがないため、

30分ほどで終了。

その後は、議案であったり依頼事項であったりと気になる点を話して1:00には終了しました。

つめるべき内容はなかったとはいえ、こうやって例会について話すべき機会を持っている

今治JCの伝統というのは非常にありがたいです。

例会は、通年通り、毎回それほど変わらないということでどうしても、通常の議案だけでは、

見落としとか、ダメがつめれていないということが往々にしてあります。

それがこの常任理事を通すことで、最終のダメがつめれるというのはきちっとした例会が行え易い。

他LOMからは今治の例会はきっちっとしているという評価を頂いています。

私自身も先輩から例会とはと厳しく指導されてきましたので、うれしいものです。

全員が集まる唯一の会合ですので、この意識は強く持っておかなければならないとともに、

当たり前のようにおこなわれるものを油断することなく、品質を確保することができるというのも

仕事でも一緒ですが、組織として大事なことです。

面倒なことをいっているととらわれることもあるでしょうが、そこは譲れないところです。

これからJCを背負っていくメンバーもそこは強く持っていてほしいと思います。


追伸

今月から次年度理事長報告があります。

さぁ、バトンを渡す相手の姿はまだ遠くですが、見えてきました。

私は理事長予定者に、そして各委員長は次年度の委員長へ、メンバーは各メンバーに

伝えれるべきものを伝える準備を整え始めなければなりません。

姿勢、背中もこれからやっていくメンバーは、今から真剣に見ていくものです。

最後の最後まで気合を入れて、気を抜きたいでしょうが男の背中を見せ続けてください。

本日の例会でもよろしく!
[ 2010/09/16 07:23 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

よもよも46

最近腰が痛いです。

長時間、会議でピシっと座っているのがつらい。

年なのか、ただ単に体が悲鳴を上げているのか、どちらにしても無理できんようになってきた。

いや、気がぬけだした証拠かもしれません・・・

再任された菅総理には、大役ですが国民に背中を見せ続けるように努力して欲しいですね。

私自身も理事長職という役割でなく、直前理事長として姿勢を崩さないようにしないといけないな。

そのためにも体力増強計画を来年1年かけてやっていきたい。

無理は承知で、いってるだけです・・・


さて、本日のよもよもは会員拡大について。

先日の会員会議所予定者会議で聞いてびっくりしたのですが、

新居浜JCが今年、14名か15名いれて、83名まで人数が戻ったそうです。

時代のせいだとあきらめがちな我々ですが、1年だけでなく2年連続となると

取り組みの仕方と動いてきた我々の心持の差であると思います。

正直、先日聞いた尾道も、同じような状況の中で数を増やし、

来年には100を超えるのが目標だと聞いています。

取り組みとしては拡大の日と銘打ってそのための日を用意し、1月に1回、OBと話したり

メンバーと話したりして、取り組んでいます。

考えるとこれは私自身のリーダーシップの問題でした。

事業計画には載せていなかったので思いついても私自身が決断しきれなかった。

他を聞くと理事長権限で開催したそうです。後悔が残ります。

来年は直前として今年できなかったことを動ける立場で頑張っていきたいと思います。

脱線しました。

今年、JC会館の設立の検討の中で今後の今治JCのシュミレーションで会員の減少傾向

また、今後のLOMの経済状況を理事会でも話させていただきました。

今のままじゃ、50周年を迎えるときに50人体制になることが目に見えています。

しかし、そうじゃいかんでしょ。

我々は真剣にまちを良くするために、45年の年月をかけ組織力を持った団体として

維持し続けています。

この危機を全員で当たっていかないかん!

委員会だけじゃいかんのですよ。

私は会員の委員会には伝えてきましたが、全体を通じて弱かったことこれは前述に書いたように、

私の責任であると本気で思っています。

だからこそ次年度の組織図を見ていただければわかるように、

八木次年度は、それを受けて考えてくれていると思います。

今年の担当以外の委員長にもお願いしたいのが、今年いっぱいだったため入れれなかったかもしれませんが、

来年にむけて、ゆとりがあれば今のうちから当たってほしい。

できなくても来年、いれてください。

自分が自信持ってJCをやっていれば、会員は勧誘できると思います。

そして、私はその資格が今年の委員長にはできていると断言できます。

だからこそ、私も頑張りますから、一緒にやりましょうねw

しつこいよ、俺はw


追伸

OBの皆さん、今年にまして来年もしつこく当たるつもりです。

本当に助けてください。

よろしくお願いします!


[ 2010/09/15 07:15 ] よもよも | TB(0) | CM(4)

よもよも45

最近、少し夕方に余裕ができるようになり、昔のように社員と

話す機会が多くなりました。

昨年の専務から続いて、今年もコミュニケーションが朝ぐらいしか取れないことが多くなっていたのですが、

ゆとりができてきだすと、このコミュニケーションで現場をあまり見に行かなくても状況が想像がつきます。

それと合わして現場周りをすれば、スムーズになっていくと思います。

しばらく、こういった流れを再度作りなおして、会社の幹部のだれかにバトンタッチできるように

していきたいなぁと思っています。


さて、本日のよもよもはリーダシップについて。

先日も話したようにテレビで一番面白いのが民主党の代表選です。

テレビ見ていて自分が一番、テレビと会話するポイントが

ぶれるのと修正の違い、そして、最終的には決断力。

特に政党のような地域のトップであり、個性の集まりである集団においては、

トップにたいして決断が鈍るような意見がバンバン出てくるものです。

それでも決断はしなければなりません。

他の顔色をうかがい過ぎるとそれがぶれになるのでしょう。

本当にそういった意味ではトップって孤独ですよね。

理想は、暴走でなく、いろいろな話を聞き、どういった理由でこう決断したかと理由を説明し、

納得の上で人を動かすことのできる人なんでしょう。

これが修正かな。

あくまで、政治家として理想すぎますが・・・

私見としては、官僚と政治家は違うため、政治家が官僚化するのは良くないということだけが

強く思いますね。だからこそ官僚はうまく使わなければならない。

そう思うからこそ、決断力が重要だなと。

決断し、その方向性を出してしまえば、細かいところは優秀な人たちに能力をいかんなく発揮できるように

すればいいだけでしょう。

それはJCも一緒のような気がします。

JCもそれぞれの企業のトップないし経営に携わる者であり、サラリーマンとしては

会社から代表として出てもらっている優秀な人材の集まりであると思います。

ということはそれぞれの個性は強いのは当たり前。

レベルの差はどうあれ、集団としては、政治家と同じような気がします。

だから理想は政治家でいう理想と一緒だろうし、違うタイプの人間をどうまとめていくかを

前提として考えることが重要だと思います。

私がよくいう、組織としての行動を起こすために、あくまで団結力にこだわるのはそういうことです。

まぁ、これもあくまで私見ですが(苦笑)

しかし、単年度であるJCは、ある程度はいろんな考え方のトップがいても良い。

たかが1年ですから(笑)

長く見ていて思うのは、いろんなタイプがサイクルを持って変わっているのではないかなぁと。

だから、青野さんは青野さん、私は私、そして八木君は八木君。

理事長として根っこに、組織を守るという強い思いがあれば、多少変わっていくのは良いかな

なんて、思ったりはしています。

たかが一年で何を変えることができるかといえば知れているし、本当によくしようとするなら、

執行部に続けて入り、そこで得た知識と手法を段階を踏まえて考えていけば、

どっかで結論は出るものですから。ただ、それをどういった流れでやっていくかを明示すれば、

受け継いでくれるかななんて思ってます。



追伸

理事長とは本当に不安であり孤独です。

決断していても、メンバーの意見と違うことなんて再々ですよ。

そりゃ、たかが30代後半。それができりゃ、ここにはいないような気がします(苦笑)

しかし、あくまで理事長が言ったことは方向性ですから、どう良く修正するかは周りの人に

かかってるでしょう。それが結果として組織力が強固か脆弱かという判断になるかな。

今治JCは強固な組織力が自慢であると私は思います。事実、外からそれを言われるのです。

それを誇りに今後の執行部も頑張ってほしいですねw





[ 2010/09/14 07:29 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

2011年愛媛ブロック協議会役員&会員会議所予定者会議(9月11日)

不思議なもので、最近一番テレビで見ていて面白いのが民主党の代表選。

JCとして、仕事としての立場でテレビに突っ込みを入れてしまいます。

また、自分ができていないにもかかわらず、ついついリーダーシップ論をテレビと語ってしまいます。

隣にいる彼女はいつもあきれ顔・・・

すまんねぇ、めんどくさい男で(苦笑)



さて、今回は永井次年度ブロック会長予定者率いる2011年度の愛媛ブロック協議会

役員予定者、会員会議所予定者会議に出席しました。(以下、予定者文言、割愛)

1:30より、伊予銀ホール、昔の県民文化会館でまずは役員会から。

今回は次年度の委員長が今現在は全員決まっていない状況とそれぞれにLOMの事業、

2010091115550000.jpg
↑使用前使用後・・・どこも一緒ですね(苦笑)

ここの事情のため、ブロ長、今年度土居ブロ長とスタッフ、そして私を含む副会長が2人・・・

後、開催LOMの大野理事長と専務、松山より出向のブロック委員長・・・

2010091115550001.jpg
↑松山の理事長って開催理事長挨拶が多いのよ。空気読みながら考えないといけないのでしんどいでしょうね。

仕方ないなと思いながらも、少し今後が心配というよりも船出として果たしてこれで良いのかと

疑問に思いました。

永井ブロ長は、愛媛ブロックとして窮地である中、意を決しブロ長になられた経緯もあります。

愛媛ブロック全体で本気で支援する気持ちを持ってもらいたいと思います。

少し、脱線しました。

松山の帽子副会長の開会により始まり、

永井ブロ長の、温厚で気持ちのこもった第1回目の挨拶。

素晴らしかったです。

法皇での会員大会でも話があったようにJCに感謝し、JCに愛情を持ってご恩返しをしたい。

その気持ちが一言一言に込められています。

そして、土居直前会長のこれまた温厚な愛情のある挨拶。お二人が愛媛という大きなものを背負っている

ということがこの挨拶で感じました。

案件自体は、ブロ長の事業計画(所信みたいなもの)、組織図などまずはじめの骨子を話し合い、

公益社団変更に伴い変わってきたこと等を話します。

数も少ないため、本当に会員会議所に、話ができるほど精査できるかどうかはわかりませんが

1時間半ほどでチェックと確認をしました。

正直、スタッフもいっぱいいっぱいだろうと思います。しかし、全体的に若いメンバーでありながらも

きらりと光るものとブロ長を支えようとする気合は感じます。今後に期待しましょう。

そして会員会議所予定者会議。

気合の入った雰囲気でそれぞれの理事長が集まってきます。

2010091116190000.jpg
↑みんな気合入ってます。

ブロックで交流のあったメンバーも理事長、専務でちらほら。

宇和島の高田地区長も上田運専を連れて、オブザーブ。

それぞれに名刺交換をしています。こういう時にもう、バトンタッチするんだなと感じます。

そして、私の開会宣言による開始。

役員会同様、永井ブロ長、土居直前の挨拶にて、気合が入り、

出席確認の際にそれぞれに自己紹介を交え、行います。

ここでも、それぞれに気合が入っています。八木次年度も他LOMに負けない自己紹介。

やはり理事長だなと感心しながら、

議案に移ります。

役員会同様の議案ですが、ブロ長も質問がないのも何なので、個々にあてていきます。

そのうち、それぞれに意見が出始め、若干時間超過。

スケジュール管理は今後調整して行かなければなりませんね。

そして、懇親会へ。

懇親会では、盛り上がりに盛り上がり、差し入れの日本酒が空いていきます・・・

恐るべし2011年度・・・

荒木クラスがちらほら・・・

俺、2010年度で良かったとしみじみ思いながら、第1回の愛媛ブロック予定者会議は終了しました。



追伸

さっきからしつこい様ですが、

第2回の新居浜には必ず全員が集まって役員会、会員会議所を開催したいですね。

旧のほうの会員会議所もあるし、大々的にやれるはず。

永井ブロ長予定者をみんなで男にしましょうよ!

各本年度理事長も、よーにプッシュしておいてくださいね。


[ 2010/09/13 12:28 ] 次年度 | TB(0) | CM(2)

よもよも44

昨日行われた次年度の愛媛ブロックの役員会、会員会議所、少し疲れました。

やはり、まだきりかわれていない自分がいる。

この次年度の時期にクールダウンをしていくということはわかってるけど、

まだまだ、無理っぽいなぁ・・・

舞台で培った役者魂をもう一度奮い起こして、演じきれるよう努力しよう・・・


さて、本日はブロック予定者は時間ないので、文章のみのよもよもを。

こないだのCSRは書き出したら止まらないから時間があるときにして、実行委員会の在り方について。

(いつものようによもよもは個人的見解だから、さらっと流してくれるとうれしい。)

来年度のブロック会員大会、周年を踏まえて、今年から実行委員会が立ち上がるのは皆さん知ってますよね。

私自身、実行委員会を経験しているのは、2001年のブロック会員大会、35周年、2006年の全城連、40周年です。

私がいる12年では、それ以外では第2回の絵本の大会が実行委員会を行ったぐらいでしょうか。

上を踏まえて、他LOMと違い、今治JCは実行委員会があまり立ち上がらないことに気づきませんか?

私自身の認識では、実行委員会を立ち上げる事業は全体事業であるということです。

今治JCの中では、実行委員会を立ち上げるというのは非常に重い。

全委員会が何らかの形で役割を振られ、必ずそれを行わなければならない、LOMあげての事業。

それが全体事業です。

たしかに各委員会の行う対外的な委員会事業も、LOMメンバー全員で手伝わなければなりませんが、

一つの事業に対し、各委員会が役割の中で議案を提出して審議するという点で大きく違います。

だからこそ、実行委員会でやる事業は、全員が当たっていかなければならないのです。

自分たちのLOMとしての事業以外でするのだから、大変だとは思います。

しかし、各委員長はこれだけは認識してほしい。



しのごのいうてもせないかん。

結局せないかんのだから、自分たちで、委員会事業と調整して動かないかんということです。

私自身、全城連の実行委員長をさせていただいた時、苦労しました。

そりゃ、今のLOMの全体の事業費より多い、3000万を越えての金額ですから。

しかし、その時の各委員会が一致団結してそれを当たってくれたという事があったからできたのです。

そう考えりゃ、時代が違うといってもできる!

来年の委員長を見ても、当時の委員長と何の遜色もない!

覚悟決めて、自信持って、スパッとやりあげていこう。

みんなならできる!

私はそう信じてます。


追伸

私自身、あの実行委員長の経験があったからこそ、今この理事長という立場をやってるし、

やることでLOMに対するご恩返しをしています。

だからこそ言えるのが、実行委員会の時、ブロック、周年の実行委員長をそれぞれに理事長のつもりで

支えてあげてほしいということです。

本当に、よろしくお願いします。
[ 2010/09/12 06:41 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

おんまく報告会(9月10日)

今年は10月も残暑厳しいらしいですね。

うちらの業界にとって、この秋口からが1年間の本当の意味での勝負なんですが、

残暑が抜けると雨・・・・

この世知辛い世の中で、なんてことをしてくれるんだ!

大変なのよ、建設業も。


さて、今回、JCの理事長という立場で副実行委員長として参加させていただきました。

やはり周りは年上の今治の重鎮の方々が多い。

しかも、運営委員会、募金委員会より前の席・・・

ある意味、立場ないです・・・

おんまくの報告を受け、懇親会に移り、前に座るのが精神的に苦痛なため早々にあいさつ回り。

私自身ももう、終わりつつある理事長職ですが、次年度が決まったことをご報告と

これからもJCをよろしくお願いしますと挨拶していきます。

森本先輩、越智紀方先輩、河野先輩と順に挨拶をさせていただき、ついついJCの先輩のところで

長話をしてしまいます。

気づくと閉会・・・

要所の挨拶は済ましておいたので大丈夫だと思いますが、全員は回れないですね、やっぱり。

こういった場面で一番重要なのは、JCのみんなに支えられて、この場所に立っているということです。

だからこそ、自分を出して回ることはできませんし、いつも立ち振る舞いを意識しなければなりません。

それは、理事長だけでなく、理事も含めメンバーも一緒でしょうね。

それが組織として動くことであり、組織を背景としての活動ということです。

意識しないとできないことですが、それが自然にたちふるまえるようになるとベテランになったのかなと

最近思います。

私もまだまだでしょうが、最近中堅のメンバーの意識が変わりつつあるのを見る事が

うれしく感じます。

やっぱり、世代交代が確実におこなわれるJCの単年度制っていいなとおもう。

どちらにしても、みんな頑張ってほしいなと思う沈みゆく太陽でした(苦笑)


追伸

今年のおんまく、皆さんどうでしたか?

運営委員会、実行委員会ともに評価は高かったです。

特に花火、今年から2社ではなく、コンペという形で行われ、いい方向でよくなりました。

それは、花火に対する市民の皆さんの評価があらわしていると思います。

踊りであったり、イベントであったりと参加する人たちの意識も変わりつつある中、

今年、おんまくは、より良いまつりになっていると実感しました。

私自身は来年からまた、イベント部会へ復帰します。

今、自信を持っておんまくをするのが楽しいといえます。

JCメンバーの皆さん、少しでもスタッフとして参加してみませんか。
[ 2010/09/11 11:06 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

よもよも43

昨日、一昨日と仕事が忙しかったため、12:00ぐらいまで、久しぶりに夜業をしました。

昔は当たり前でしたし、軽く飲んでからでもしていたのですが、今は基本的にしていません。

無尽や飲み会に誘われても、仕事を優先していた時代が懐かしい。

しかし、それだけじゃいけないということが分かり今現在のスタンスに至ったわけであり、

今のスタンスが正解であるとは感じています。

まぁ、時間の使い方の問題だけでしょうけどね。


さて、久しぶりによもよも。

我々の業界で愛ロード、愛ビーチに参加し清掃活動をしていると以前話しました。

今回は伯方島の沖浦海岸というところで清掃活動。

仕事も忙しいのですが、移動時間のかかる島ですので、社長以外で一番生産性のない仕事をする

私が行ってまいりました。

うちは伯方島までが、採算ベースのラインのため、仕事では良く来てました。

しかし、今年は仕事ではまだ来たことありません。

絵本の委員会の花見以来だなと思いながら、走ります。

場所は以前も来たことのあるところなのですがわかりにくいところです。

適当に走っていると小さな案内看板があったため、道なりで到着。

早く着き過ぎて待っていると、40名ほど集まってきます。

遠くは先日行った弓削や生名から、同業者がきます。ご苦労様です。

そして作業開始。

清掃圧縮
↑ここの海岸、掃除してるときれいです。

先日、小林先生から学んだ藻場の再生の話をしながら掃除します。

海岸に流れ着いている海藻はゴミではなく生態系に影響するから、

ゴミとして拾わないほうがいいですよとか、海藻に鉄分が重要なことなど。

まぁ、掃除もただ拾うだけよりも、知っておくほうがいいですから。

あまり面白い話でもないですが、我慢して聞いてくれてました(苦笑)

そして、1時間ほどして終了。

やはり40名の力はすごい。きれいになりました。

ごみも、空き缶からペットボトル。して、木屑ですね。

てんこ盛りで軽トラ2台分。

一服して、現地解散。

で、帰り道、はしっていると伯方大橋がふと目にはいり、車を止め海を見ると

深い緑とコバルトブルーの混じった海のきれいなこと。

伯方大橋圧縮
↑写真でみると伝わらない。やっぱり写真って、記憶の補助でしかないな。

夏のような日差しのため、暑かったのですが、こういう日差しじゃないとこういう海の色にはならん。

まぁ、御褒美かなと思い、癒しておきました。

その後は久しぶりに伯方島にきたし、卒業生の佐川さんのところにでもと思い寄ってみました。

相変わらず佐川さん、優しげで物静かな風貌で私の心を癒してくれます。

ごめんなさい、太鼓の練習まじめに行きます(泣)

全国大会では羽藤委員長頼みますよ!

しばらく太鼓の話をして帰途に就きました

・・・あれ、CSRの話しようと思ってたんだけど。この話じゃ、よもよもじゃないな・・・

まぁ、今度にしよ。



追伸

CSRとは2年ほど前に桧垣君が委員長の時にした研修事業で勉強したと思いますが、

企業の社会的責任のことです。

我々はJCで学んだことを会社に反映していかなければなりません。

特に今後、このCSRという観点は、抽象的な理解ではなく、明確な定義として理解し

実行していかなければならないと思います。

それをしていくことがJCにとってもプラスになると思います。

近いうちにブログで説明します。



[ 2010/09/10 10:04 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

第9回定例理事会(9月6日)

最近、メンバーによる報告が早くなってきています。

しまなみであったり、理事会であったり。喜ばしいことです。

鉄は熱いうちに打てというように、気持ちというものは冷めていくものです。

少しでも強いうちに、これからも報告をお願いいたします。



さて、第9回の定例理事会が開催されました。

今回は1名の欠席者が出ましたが、開会時から欠席者以外がそろっての開会。

それでも、休みたくて休むわけじゃないということは連絡を受けて聞いているため、

問題ないです。

そして今月の理事長挨拶は、わんぱくを引き合いに出して、

男の涙を流せるように精一杯今年を頑張ってほしいということと

その思いを誰に伝えるかを決めて活動してほしいということを話させていただきました。

うまくはまとまりませんでしたが、これからの理事会、例会も素直に自分の考えを

伝えていく挨拶をしていきます。

そして議案は常任理事会で話した通りの議案です。

審議に関しては、多少の資料訂正はありましたが、スムーズに。

休憩をはさんで協議に移りました。

協議は何点かポイントになる議案があったので、もし意見がでないなら、久しぶりに指名するつもりでした。

しかし、意見がでます。感涙(泣)

特に新入会員による事業。

富田委員長のやむを得ない欠席のため、鳥生副委員長の事業説明でしたが、

多くのメンバーがアドバイス意見を言ってくれます。

IMGP1936.jpg
↑泣きそうな顔でした。

新入会員にとって初めて自分たちで考える事業です。

少しでも良くなるようにとのいい意味での意見ですので否定ではないということが伝わるとうれしいです。

IMGP1935.jpg
↑嘘ですw議案説明が終わって、本当にうれし雄な顔でしたよw

討議事項に移り、その後の12月例会、そして卒業式の議案。

これも多くの意見がでました。討議で出したのは今までの手法と変えようという意図があり、

その中で意見をもらいたいという山本委員長の気持ちがあってのことです。

是非、今後も良い意見をしてあげてください。

監事総評では矢葺監事が、静かに落ち着いた総評。

拾うべきポイントは全部拾いうまく丸く収めました。

私が言うのもなんですが、いい監事になったね、矢葺君。

そして、閉会。

今回は少し長めにするつもりでしたので10:00を目標にしていましたが、

予定通り、予測通りの時間に終了。

挨拶で話したように今回の理事会が終了したことで私自身にとって、

理事長としての理事会はもう残り3回です。

その3回だけしか運営するという立場でいれないと思うと寂しくなります。

これからは、見守り、運営側をサポートするだけです。

専務から言うと2年間、全体の運営をどうするかということだけを考え、

それがメンバーにとっていいことであると信じて行ってきました。

そう思うと残り3回、誠心誠意を持って、運営していきたいと思います。

IMGP1937.jpg
↑いつも重みのある意見をありがとうございます。池内監事w

IMGP1938.jpg
↑越智委員長と白石財務、議案について真剣に話しています。最後までお願いします。

IMGP1939.jpg
↑垣本専務がいないとここまでうまく今年の運営はできませんでした。


追伸

仲渡委員長、池内監事が、12月例会の議案で行ってくれた意見、本当にありがたかった。

私自身、理事会運営も短くするようにおこなってきた点もあり、例会を短くすること

私自身の挨拶もなるべく端的にするつもりでした。

しかし、1年間随所で伝えてきたこと、試みたことは短い言葉で話せる自信がない。

短い時間、回数を減らすということに対して、1年間やってきた思いがあるから少しでも時間を

長くとってあげるべきであるという2人の意見はありがたかった。

でも、その中でできる限り短く話せるようにして行くつもりではあります。

山本委員長も私だけでなく、卒業生、そして委員長の感謝の場所を十二分に考えてあげてください。

その中で、削れないようであれば喜んで私の時間を減らします。

再度緻密なタイムスケジュールをよろしくお願いします。

[ 2010/09/09 08:38 ] 今治JC | TB(0) | CM(2)

第1回ブロック会員大会実行委員会&2011予定者懇親会(9月3日)

ブログ書いてて、なんか抜けてる気がしてたんだけど、

実行委員会と懇親会をかくの忘れておりました。

3日前のブログと合わせてみてください。


さて、第1回の予定者会議が終わり、ブロック実行委員会の開会。

IMGP1892.jpg
↑真ん中に座る重みを感じただろうね。そしてそれに真摯に応えるように頑張れ!

実行委員長 丹下君、運営専務 近藤省吾君で始まります。

今回は、組織図、役割の話ですが、まだまだ、手探り状態。

今年度の委員会の素案が例会で発表ですのでうまく整合性をとって、

行わなければなりません。

実行委員会とは実行委員長のトップダウンではなかなかうまくいかないのです。

私自身も経験して思いますが、当年理事長の組織に乗っかっての実行委員長は

トップとしてはなかなか見てもらえません。

みんなは理事長をトップとしてみます。

だからこそ、なかなか言うこと聞いてくれないと思わなければなりません。

そこを踏まえ、努力していけば、これから徐々にですがうまくなっていくでしょう。

頑張れ、丹下実行委員長、そして、近藤運営専務!


そして、その後の懇親会。

私も直前として乾杯。

乾杯の練習しておきますw

歓談中、今年と違い動くことはやめました。

それでも何人かと話すと私の時に理事にできなかったメンバー、

新たに育ったメンバーと多くのメンバーがやる気に充ち溢れた顔で話します。

いいねぇw

そして、恒例のグループによる決意表明。

それぞれに気持ちがこもっています。

そう、その気持ちを忘れずにみんな頑張れ!

そして、恒例のものをみんな多少飲んでいい感じです。

最後に理事長とスタッフ。

八木君が最後に締めた言葉、今こうやって無事船出ができたことを本当に感謝してました。

そうです。理事長とはみんながいる事だけで幸せ、ありがたい。

これからですがここが始まりであり、終着点であります。

もう、決まったことをするだけ。ここに来たということはゴールが見えたということです。

みんな、八木次年度を支えよう!

そして、次年度専務による手厚い心意気。

IMGP1893.jpg
↑これはきついよね・・・助けるのが女房役だよ(苦笑)

来年は君は場を壊さないようにするのも役目だから、自重するようにね。荒木君。

そして、2次会へと移り、懇親して解散しました。

さぁ、頑張ってよ。これから。


追伸

見ている感じ、委員長同志は連携を取ろうという気持ちが強いです。

お互いを助けることで、理事長を支えるそういう委員長になってください。

それが自分を支える委員会メンバーに伝わるはずですから。

さぁ、頑張って!
[ 2010/09/08 06:23 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

しまなみ3JC交流事業(9月5日)

次年度の委員会の呼びかけがかかり、なぜだか不思議な気分です。

まだ、今年度理事長という立場も残っている中ですが、気持ちを切り替えて

厳しく、やさしい、いいベテランでいれるように努力いたしますw


さて、イージーライダーどもを見送り、直前の北セレモニーで集合して、いざ因島へ。

河上副専務の運転で、垣本専務、八木次年度とともに出発。

因島まで次年度のことなどちょろちょろ話ながら行っていました。

まぁ、40分ぐらいで到着し土生港に集合。

40分ほど早く到着したため、みんなで話しながら、待ってました。

待ち時間圧縮
↑最近角が取れた八木次年度。妙に石碑が似合ってましたw

因島JCさんは、準備のほうでバタバタとされていましたが、尾道JC待ちです(苦笑)

尾道JCの鍛冶川理事長、因島JCの桧垣理事長ともども、このしまなみ3JCで知り合い、

ともにLOM歴を重ね、今お互い理事長という役職で、それぞれのLOMを支えています。

我々にとって本当の意味での姉妹JCであります。

そんな尾道が到着し、さっそく弓削へ。

今回、因島のメンバーの屋形船を出していただき、弓削に行きます。

屋形司会圧縮
↑今回の因島の担当委員長。

屋形船圧縮
↑贅沢な船でしょ。金額八万だったかな?

なかなか、本格的な屋形船。

大洲の屋形船とまた、趣きが違う。

これはお大尽の宴会用やな。

そうこうしているうちに到着。

弓削です。

少しの間、散策ということで松原を歩きます。

散策2圧縮
↑示し合わせたように横縞模様。そう、デブの特徴w
散策1圧縮
↑最初私がとっていると、八木君がとってくれました。
他LOMから見ると理事長自ら写真を撮っているのは変なようです。広報委員長w

散策4圧縮
↑自転車で来た人がいます。尾道の専務は、単独行動が好きなよう。

学校もあるなぁと思うと弓削商船。

商船
↑まぁ、弓削商船ですね。

新居浜高専と弓削商船は理系の優秀な奴が行ってた記憶があります。

実は弓削に来るのは、始めてかも。

海岸で休憩の時に集合写真を。

集合写真圧縮
↑40名弱のおじさんを海辺で涼んでたお客さんは変な目で見てました。

そして、しばらくすると弓削ロッジへ到着。

まずは宴会場へいき、この後の流れを聞きました。

まずは風呂に入れということ。

鍛冶川理事長、桧垣理事長そして、因島の村上直前と宴会場で20分ほど話をして、

風呂に入りに行きました。

なかなかの絶景。

海が一望に見える風呂につかり、ここでも50分ほど入って話してました。

実は私は長風呂が、大っきらい。

話している途中のため、やめるにやめれないしとのぼせそうになりながら話してると

いい時間のため出ようと。

尾道の鍛冶川理事長に長風呂は実は苦手だというと彼もでした・・・

お互い、気を使いあっただけでした(苦笑)

そして、交流会の開始。

司会は因島JC仮入会の2人。

司会圧縮
↑なかなか前向きでしゃんとしてました。

今回の司会での盛り上がりで入会が決まるとのこと。

村上直前に聞くとメンバーが少ないから即戦力でないといけない厳しい言葉。

うちのLOMも甘やかしてばっかりじゃいけんな。

まずは因島の桧垣理事長の挨拶。
桧垣圧縮

そして尾道の鍛冶川理事長。
鍛冶川圧縮


最後に私の挨拶。昔なら2人が話したあと、話すことがなく困るところですが、

聞きながら考える余裕があるのが自分ですごく成長したなと思います。

俺圧縮
↑長風呂で少しゆだってますがw

自画自賛です(笑)

そして、歓談後、その仮入会2人によるアトラクション等。

笑わさせていただきました(笑)

まだ、残り4カ月あるとはいえ、こういった交流の時は次年度理事長がお互い話し合うのを見て、

我々今年度は、もう終わりが近づいている感が強くなります。

しかし、逆にプレッシャーもなくなりつつあるため、何でも楽しいw

今回、少し、慰安旅行的な交流会になりましたが、まぁ、こういうのもありやなw

懇親会も終わり、まだまだ楽しみ足りなさそうな仲渡委員長をはじめとする委員会メンバーは

因島に残ったようです(苦笑)

JCは他人という垣根が低い組織です。楽しめば交流は本気で面白い。

JCにいる以上、他LOMと密接にかかわらんと損ですよ。

チャンスがあれば、ちょっとでも関わってみてください。


追伸

仲渡委員長が今後は今治JCのしまなみ3JCの顔となっていくでしょう。

私とカッキーが長いこと3JCの顔としていましたが、やっとバトンタッチができそうです。

「ミスターしまなみ」の仲渡君を皆さんよろしく!

[ 2010/09/07 18:50 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

ライダースクラブ しまなみ原チャリツーリング(9月5日)

民主党の代表選。

テレビのコメンテーターが好き勝手なことを言っています。

何でもそうですが、実際やるより批判する側のほうが楽です。

意見自体も同じ人なのにその時勢によって変わるのもどうなんだろうか?

我々、JCも会議を運営する際、意見を言う時にそこらを気をつけて話さなければならないなと

良く思います。



さて、9月5日の日曜日、八木君に迎えに来てもらいライダーズクラブ主催の

しまなみ原チャリツーリング略してGTS(原チャリツーリングしまなみ)

第7回になります。

歴代統一リーダー寺町先輩による企画で始まり、歴代今治の会長が運営。

今治のメンバーはそれほどいないのですが、毎年、全国各地のOBが来られています。

7:30に糸山公園集合ということでしたので、7:20に八木君と到着。

いるのは宇野会長、そしてなぜかキング・・・

キングはどうも、同じ委員会のため卒業予定者宇野会長を見送りに来たそうです。

少し、意味がわからん(苦笑)

時間がアバウトではありますが、メンバーと適当にしゃべるこの時間まぁ、楽しいかなw

IMGP1894圧縮
↑渡部高史君と義理の弟。まだ18歳・・・若くして結婚しすぎです(泣)
IMGP1895圧縮
↑高史(ういち)の愛車。B-WIDE作らしい。マジであのおやじは器用よね。
IMGP1896圧縮
↑バイク好きは原付でもこだわりがあるんですね。お互いのバイクを眺めながら談笑しています。

そのうちすると、何人かが集まりだし、

いつものようにライダースの永遠の小間使い、中川君が受付机と参加記念品とかを持って登場。

設置して受付開始。

IMGP1897圧縮
↑こういう遅れても受付を作るところがJCらしい(苦笑)

8:00には、なんとかほとんどの方が集まったようですが、どういう進行かわからないまま、

20分ほど押して、開会。

まずは会長挨拶。宇野会長、意外と普通にしゃべっています。

IMGP1898圧縮
↑最近、上がらなくなったね。

IMGP1901圧縮
↑このバイク越しで写真撮るとライダースって感じだ。

そして、いつものようにむちゃぶり私に振られました。

IMGP1902圧縮
↑最近、猫背気味だなぁ

まぁ、適当に・・・(少しだめだったな、まだまだ修行が足りん)

その後、ライダースクラブの統一リーダーの挨拶。

IMGP1903圧縮
↑良くわからんのだから、最初に紹介しておいてくれよね、中川君・・・

注意点を話し、集合写真などとって、いざ出発。

IMGP1904圧縮
↑年齢高めの方が多く、イージーライダーのようです。

私はこの後にしまなみ3JCの散策があるため、見送り。

IMGP1911圧縮
↑すみません。バイクじゃないのもいいけど、原付だとあまり迫力ない。

IMGP1907圧縮
↑越智誠文先輩のスーパーカブが先導で、次々と出発!
IMGP1910圧縮
↑いってらっしゃーい。
IMGP1913圧縮
↑気をつけていってくださーい。

次々と出ていく原チャリを見送り、しまなみ3JCの集合場所、北セレモニーの駐車場に行きました。


追伸

このライダースGTSは、7回目ではありますが、毎年、歴代統一リーダーが何名か集まります。

草津、栃木、調布等のOBが、

しまなみ海道の美しさを理解してくれ、毎年、来ていただいています。

意外とすごいことやってるライダースは、中免以上を持ってなくても入れます。

興味のある方は宇野会長まで!

[ 2010/09/06 08:19 ] クラブ | TB(0) | CM(0)

2011年度 第1回次年度理事予定者会議(9月3日)

なんてこった、土曜から更新していなかった・・・

今日中に3日分、掲載します。



さて、9月3日に第1回の次年度理事予定者会議が開催されました。

私は今年度理事長という名目で座ってはいますが、直前理事長の役目です。

いよいよ、次年度が開始になったと思うと本当に感慨深い。

あらためて、頑張っていこうという気持ちになりました。

IMGP1891.jpg
↑開会前の緊張感のある八木次年度、荒木次年度専務。わかるよ気持ちw

7:00より開会の声が荒木次年度専務予定者より声がかかり、開会。

出席者の確認で呼ばれる理事は、新しい役職で新しいメンバーが呼ばれます。

初々しさとともに、決意とやる気がみなぎります。

一人ひとりが呼ばれ、常任理事はあまり変わり映えはしないですが、

委員長副委員長が、良い緊張感で返事をします。

IMGP1890.jpg
↑やはり1回目、みんな引き締まった顔だ!来年もよろしくお願いします。

頑張ってよと素直に思いました。

そして、八木次年度の挨拶。

これまた緊張感伝わる思いのこもった挨拶。

一言一言にここまでこれたという感謝が伝わります。

私自身も1年前を思い出しますね。

その後、次年度議案の審議。

組織図、予算、来年の骨となる議案が審議されました。

来月には当年度にも議案として上程されます。

意見も久しぶりの山本委員長予定者であったり、長尾委員長予定者であったり

わからないことなどを意見としてあげる委員長が多くいました。

今年の委員長も頑張って意見を言ってほしいなと思うぐらい、活発な意見でした。

そして木村監事予定者の監事総評も2回の監事ということで、自分の心構えをうまく利用した

総評でした。

そのあと、ブロックの実行委員会、懇親会が開催されましたが、次のブログで。



追伸

八木次年度、荒木次年度専務。

これから1年以上、一緒にいる二人です。

お互いが相手のことを気遣いながら信頼関係をさらに築いてください。

私と垣本専務のように2人がなれば、1年間本当に楽しくできます。

まぁ、大丈夫でしょうがねw
[ 2010/09/05 15:25 ] 次年度 | TB(0) | CM(0)

第9回常任理事会(8月31日)

最近、週末のブログがたまります。

しかも、かきだめがないため、遅れるのが現状。

少し気合いを入れ直します。


さて、わんぱくが終わり、少しホッとしているところですが、先週の火曜に

第9回の常任理事会を行いました。

IMGP1888.jpg
↑写真を撮っていて気付くことが二つあります。さて何でしょう。
IMGP1889.jpg
↑1月と比べ、顔つきに自信がでてきたこと、黒くなったことです。
そういった常任メンバーに支えられていることを誇りに思います。

今回は八木副理事長が子供さんの急病のため欠席しただけで開始。

本日も、審議6、協議4、討議2と少ないため時間も短くしていこうと思っておりました。

いつものように私のあいさつから始まり、審議事項に移ります。

決算議案は特に問題なく、スムーズに。

そして、会員褒章先取りの議案では卒業生ののぼりの案件です。

問題はないのですが、そんな時期になったんだなとしみじみ思いました。

矢野筆頭副理事長も心なしか事業が終わったこともあるのでしょうが、モード移行しているような気がします。

そして、9月例会、と委員会アワーの案件は、シャンシャン。

誤字脱字以外では、問題ないように感じますが、例会議案も少しは波乱があっても良いかなとか思ったり・・・

その後スペシャルオリンピックスの後援、協力の案件は、4年に一度今治で開催される事業ですが、

4年前は私が担当し、参加しました。素直にいい事業です。是非審議が通ったら、参加してください。

続いて協議事項は、事務局員の継続雇用について。

こちらは理事会で意見をいただきますのでよろしくお願いします。

10月例会、委員会アワーは、問題ないですが、委員会アワーについては、公益法人制度についての内容ですので

脱線して、中期的な話をさせていただきました。

そして、新入会員による事業について。

今年は行った新入会員にて考えた事業です。皆さん、協力、アドバイスをよろしくお願いします。

そして、討議は12月例会、卒業式について。

こちらは常任では前回に上がっていましたが、調整して、理事会に上程です。

是非内容を見て意見を頂きたいですね。

そして、依頼事項、行事案内。

ここで実は50分ほどとってしまい、遅くなってしまいました。

反省するとともに、少し、圧迫感を感じました。

やはり年間スケジュールを組む際、いろんな考慮をし、調整していかなければなりませんね。

もう、常任も残り4回。

来年からは常任理事会に出る事はできません。

最後まで後悔しないように、運営していきます。


追伸

常任理事会は、理事会と比べ11:00ぐらいにはなってしまいます。

ここで話をしているので、理事会を短くできるのです。

調整機関ではありますが、組織運営にとって非常に重要なものです。

今後参加していくだろうメンバーは今はわからなくてもいいから理解するように心掛けてください。






[ 2010/09/04 14:21 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

第8回愛媛ブロック会員会議所 懇親会(8月28日)

昨日は近しいJCの先輩方との無尽でした。

少し、飲み過ぎましたが、いろんな話をよもよもと。

仕事、JCとこうやって意見言っているのは楽しい。

しかし、意見をどう現実に近づけ、反映していくかは行動です。

良くしていくためには動かなければなりません。

私たちはまだ若い。動くことはできるはず。頑張っていこう。



さて、わんぱくきずな塾の最中の8月28日に第8回会員会議所が開催されました。

しかし、事業があるので代理を八木君にお願いし、垣本専務もそちらに行ってもらっています。

私はご存じのように、島四国の徒歩が終わり次第、着替えて大洲の地へ。

懇親会は6:30から、肱川の屋形船です。

6:30には到底間に合わないのですが、途中に休憩で接岸する時間が7:15と聞いてるので

高速にのり、急いで行っていました。

さすがに徒歩行の後、ぶっちゃけしんどいです。

睡魔が襲ってきそうになるため、五分ごとにほほを叩いたり、

内腿つねったりとなんとか大洲に到着。

電話し、どこでのればいいかを聞いたのですが、意志の疎通ができていなくて

こちらに来ても歩きました、いや、走りました・・・

汗だくで屋形船に乗ると土居ブロ長と各理事長がお出迎え。

今回は特に次年度ブロ長予定者の永井理事長の膝元、大洲で開催されるため

時間的にきつくても、私としては来るべき場所。

なんとか間に合い、合流できてよかったw

各理事長に歓迎を受けながら、屋形船に乗り込み。

もう、皆さん飲まれていていい感じ。

私は車ということもあり、本日はウーロン茶で乾杯。

乗り込みの後、水の上を悠然と船が進みます。

IMGP1834.jpg
↑ただの街頭でさえ、なぜだかきれい。

今回で肱川の屋形船に乗るのは3回目です。

1回目は2000年のブロック会員大会大洲大会の懇親会でした。

この屋形船に、鵜飼あり、そして最後の花火とJCってすごいなと初めての大会系の参加に

感動した記憶があります。

2回目は、昨年専務の時にブロック協議会の役員会の懇親会でのりました。

晩夏の涼しい風が昼の灼熱の太陽にてらされた体を冷やします。

もう、1年の付き合いになる各理事長とも気心が知れ、本当ならこの雰囲気で

一献かわすのが良かったのですが、まぁ、しゃーない。

いろいろ事業の話とか、趣味とか話します。

すこし、世俗から離れた空間のため、心が落ち着きます。

しばらくすると、鵜飼が始まります。

IMGP1838.jpg
↑水しぶきが跳ねるぐらいです。みんな寄ってるから気にしてないけど(笑)

とってる様子はないけど元気です。

潜るたびに歓声。

IMGP1839.jpg
↑今までで一番近くで見ました。これで花火もあると最高だねw

贅沢だなぁ。

そんなこんなで見ていると鵜飼の船が寄ってきます。

危ないと思っているとかがり火がこちらの船と接触。

提灯に火がついたかと思ったのですがつきもせず、無事でした。

他LOMの理事長が専務達の船が押したに違いないと(苦笑)

垣本専務はのってはいなかったのですが、のっててもうちはそんなことせんよね。

しばらく、そんなこんなでたわいもない話を肴に楽しみました。

大洲城も水面から眺めると幻想的です。

城マニアにはたまらん(笑)

IMGP1842.jpg
↑写真では伝わらないけど、本当に異空間に迷い込んだようです。

そして9:00に終了。

2次会に、大洲の井上歴代の店に行くとの話でしたが、事業に参加するべく、八木君と帰途。

たまには、理事長という立場を離れて、こういった席もいいね。



追伸

屋形船を1艘借りるのに26,000だそうです。それに食事、酒が人数分プラスが金額です。

来年ぐらいは彼女をのんびりさせる意味も込めて一度借りようと思います。

皆さんも家族孝行にどうですか?

[ 2010/09/03 18:18 ] 対外JC | TB(0) | CM(0)

わんぱくきずな塾by88 2日目後半(8月29日)

久しぶりに長い連作もんだな。

ブログって、あんまり長すぎると見難し、写真もくどいので

本当は多く載せたくない。でも、少しでも子供たちやみんなの努力を見せたくなる。

自己満足かもしれませんが、しばらく付き合ってください。




さて、続いて、近くの公園へ桜の記念植樹。

子供たちに最後の埋める作業を少しずつ全員でしてもらいました。

この桜を見るたびに自分たちのしたことを思い出してくれるでしょう。

盛りだくさんの事業もいよいよ、最後。

来島大橋をみんなで渡る徒歩行です。

橋自体は5.5kmぐらいですが、ゴール地点もあわすと6kmぐらい。

みんなで力を合わして頑張るぞ!

最初に姫内山荘の隣にある公園に集合し、そこで、子供たちに島四国の会長の矢野さんから、

お話があり、その後、記念にわらべ地蔵を設置してくれました。

わらべ地蔵は子供の安全を祈願し、災厄を身代わりに受けてくれます。

今回参加してくれた子供たちをこれからも温かく見守ってくれるでしょう。

2010082915240000.jpg
↑これ以降は、デジカメのバッテリー切れと余裕がないため写真がないです。

そして、いよいよ最後の出発。

最初は私を先頭に1班から順番に歩いていきます。

我々スタッフもあわすと90名以上が2,3列で歩いていきます。

子供たちと話すと思い出話になりますが、絶対忘れんからとか言いながら

歩きます。

うれしいね。手がかかった子ほどそうやって言ってくれる。

途中で2,3回休憩を入れますが、みんな一生懸命最後の道のりを歩きます。

橋の上から見る風景は、歩きながら見るとさらに雄大です。

我々はこの景色が非日常ではなく日常に接していられるというありがたさを

ゆっくりと歩きながら子供たちも感じてくれたのではないでしょうか。

途中から私はしんがりに回り、遅れている子供たちと一緒に楽しみながら歩きます。

そして、ゴールのサンライズ糸山の下の広場へ。

先についていた子供たちも、みんな待ってくれています。

そう、この事業の最後はゴールを全員でするんです。

80名が1列に並び、下に張ったゴールテープを越えるんです。

委員長の武田君の声を合図にみんなで手をつないで、ジャンプしてゴール!

本当にお疲れ様。

みんな良く頑張ったよw

最後に記念撮影し、委員長、担当副理事長、そして私と話をさせていただきました。

そして、子供達は見守っている親御さんの元へ。

少しさびしく後姿を見送ります。

大きなけがもなく、子供たちを無事に送り届ける事の出来た安堵感で最後は満たされていきました。

我々JCは、伝えるべきことは多くあります。

しかし、自分たちのためではなく、これからの人たちにバトンタッチしていくためのものです。

子供たちの笑顔のために、厳しく、やさしく、あり続けましょう。

本当に今回の事業皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。


追伸

打ち上げで、武田委員長、長尾副委員長が泣いていました。

苦労すれば苦労するほど思い入れは強く、そして、泣けるものです。

JCのよさは、大の大人が泣ける場所であるからこそです。

いつまでもそういうJCであってほしい。

改めてそう思いました。




[ 2010/09/02 12:08 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

わんぱくきずな塾by88 2日目 前半(8月29日)

最近、ブログ写真入れていると時間かかるんですよ。

で、当初のように写真入れないで書いてると自分で見ても面白くない。

というわけで、遅いのも勘弁・・・

モチベーションが下がってるわけじゃないという事だけは知っておいてねw


さて、初日は、島四国を歩き終わり16:30に出て、大洲へ行きました。

酒も飲まなかったので、島には戻らず、家で睡眠させていただきました。

そして朝5:30に起き、車を入れ替えトラックに乗って姫内山荘へドライブ。

朝日が異常にまぶしかった。

ごぞごぞしてたら、ついたのは6:30。残念ながらラジオ体操には間に合わなかった。

泊まってるメンバーは、寝付けなかったそうです。御愁傷さま・・・

ミーティング
↑マジでしんどそう(苦笑)まぁ、もう1日だ頑張れ!

メンバーも集まり、本日の流れの説明。

朝ミーティング明短生
↑明短生たち、この人たちがいなかったらできていなかった。

私は、本日も1班の担当。昨日一緒にいれませんでしたが、仲間外れにならないように気をつけよう。

子供たちに聞くと昨日の晩は、ドラム缶風呂に入って楽しかったとか

夜遅くまでゲームの話をしてて眠れなかったとか言ってました。

少しだけ、昨晩いなかったことを責められましたが(苦笑)ごめんね。

今日はまずはじめに小林先生の藻場についての講義。

藻場講義2藻場講義1
↑以外と海の動物とかの名前の時は手を挙げる子多かった。

島四国の講演同様、まじめに聞く子、聞かない子でわかれました。

思ったのは、ばらばらにせずグループでしたほうがまとまりがつきやすかっただろうな。

まぁ、子供ってのはこんなもんだ。

その後、藻場を再生するために種をまく鉄リングを作成。

子供ってこういう作業させることで真剣にします。

藻場作成1藻場作成2
↑本当に真剣だよね。理屈じゃないんだよな子供って、教えるよりやらせろだ。
藻場作成3
↑こういう作業は女の子より男の子のほうが一生懸命です。

やはり、何かをさせるのが重要。

みんな、無事作れたようですのでさっそく、椋名の漁港へ。

3つに分かれて一斉に投げます。

藻場再生1藻場再生2
↑いっせのーせー・・・。 ポチャン

子供たちはこの藻場の再生の重要さははっきりとわかっていないかもしれませんが、

意識することは間違いないと思う。

そして、次はバーガーのおせったい。

こちらもいきいき館の敷地を使い、まずは子供たちに自分の食べるものを作成し、試食させます。

昨日の島四国の報告もそれぞれの子供たちの報告がパネルで掲示しています。

私はこれに一番、うるっときた・・・

パネル展示
↑班についてた人と一緒に見ています。かわいいね。
パネル展示2
↑字見えないかもしれないけど、やっぱりしんどいことさせた意図どおりに思ってくれるとうれしいよね。
パネル展示3
↑素直にかわいい。参加してくれてありがとう。

準備ができて、いまばりご当地バーガー作成です。

バーガー準備バーが準備
バーガー準備2バーガー準備3
↑準備中・・・

バーガー休憩2
↑一人この中の子で人見知りが激しすぎてすごく心配でした。笑顔で遊んでるの見て・・・(泣)
休憩バーガー
↑もう、親友ですw

バーガー作成1バーガー作成2
↑右側の写真、彼女も管理栄養士なのでお手伝いしてもらっています。

バーガー作成3バーガー作成4
↑子供たち楽しそうじゃないですか。

ほぼ準備していて、のせるだけんですが、子供たちにとって自分の作ったものだし、

味もおいしい。

みんな楽しそうに作って食べています。

いぎすバーガー
↑いぎすバーガー。カレー粉をいぎすに入れてるのでおいしい。一番人気はやきぶたまフィンでしたけど。

そして、いろんな人へのおせったい。

昨日、おせったいを受けた大島の人たちに感謝をこめてお返しするのと

いきいき館に来た観光客の皆さんに配ったりします。

バーガー配布
↑好評でした。これをネタに続けれるように持っていければいいけど。

ここでは、子供たちにマラリアで苦しむ子供へ薬品の付いた蚊帳を送る募金運動

「ナッシング バッツ ネット」も協力してもらいます。

ナッシングばっつネットナッシングばっつ
↑みんな一生懸命説明してくれます。
ナッシングばっつガッツ
↑受け取ってくれると喜びのあまり、ガッツポーズ(右側見てくださいw)
ナッシングばっつお金
↑日本に出向してくれてる矢野君を中心に頑張ってくれました。

バーガーの配布と重なり、相乗効果。

皆さん子供たちに笑顔で対応してくれます。

残念ながら人が少ないですが、バーガーもまんべんなくはけて、終了。

これ以降は次のブログで!



追伸

いぎすバーガー、焼きぶたまフィン、鳥生レンコンバーガー。(私実は食べてませんが)

それぞれ、特徴あっておいしく、特に焼き豚マフィンは良く売れてました。

何かの事業でこのレシピをうまく使って広げることはできるんちゃうかな?

頑張ってみようぜ、絶対うまくいくよ。
[ 2010/09/01 12:45 ] 事業 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。