スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歴代理事長会議(10月26日)

ロッテの渡辺俊介の頑張りで日本シリーズ第3戦、

見事勝利しました。

正直にうれしいです。

中日ファンの皆様、申し訳ないですが、勢いのあるロッテは強いですよ。

ホークス、ライオンズのためにも、頑張ってほしいです。



さて、10月26日に歴代理事長会議が開催されました。

この歴代理事長会議、非公式ですが毎年行われているように聞いております。

6月に開いたときにご報告はしましたが、臨時ということでこちらが本来のあるべき姿です。

内容はというと、当年度の挨拶と事業報告そして次年度の挨拶、別にJCに関わることで協議を行います。

ここ何年かはJC会館の話が議案に上がっております。

ということで、八木次年度と歴代理事長をお出迎えし、私たちを含め、15名のスタート。

まずは、初代より御挨拶を頂きます。

初代より歴代理事長会議がどうあるべきの話を頂き、私の挨拶。

昨年はこれからやるということを簡潔に話せたつもりでしたが、

今回は考えながらそして噛みながらの話でした。理事長が決まり、挨拶がそれなりにできていたように

思ってはおりましたが、最近、今一だなぁと自分自身で思います。

最近、10のうち5は反省です。

そして八木次年度の挨拶、簡潔なタイプではないですが理路整然と話します。

さすがです。

そして、JC会館についての議論。

前回同様の話になってしまったため私としては反省です。

前回と同様の方々が来られていたため、同じ議論になり、結果として同じ話になりました。

私自身は今回の意見を踏まえて、JC会館設立検討委員会にて議論し、11月理事会、例会にて

検討委員会として意見を打ち出し、次年度にて議論を重ね、総会で議決してもらうべきだと考えます。

前後しますが検討委員会として、議論し、それを指針として報告いたしますので、よく聞いておいてください。



追伸

公益法人の部分でも話しましたが、状況をとらえ、推進していくということは重要です。

そこで動くか動かないか。

そこで、男の真価が問われます。どちらの結論であろうと変わらないのですが、

今の状況を余勢としてとらえ、推進していく覚悟です。
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 08:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)

公益法人制度改革セミナー(10月23日)

ブログが最近おかしいです。

つながらなかったり、更新しようとするとデータが消えたり。

正直、この記事4回目です・・・

マジで俺に時間返してくれよ(泣)




さて、何か抜けているなと思っていたら、公益法人制度改革セミナーを報告していませんでした。

ブロックの予定者の後ですので、参加は八木君、荒木君、近藤君、木下君。

木下君が出向している総務広報渉外委員会の事業です。

公認会計士の真鍋さんをお招きしてのセミナーでした。

最初は、真鍋さんよりの説明を1時間ほどです。

細かいところは結論でいえば、JCも理解しているだろうという考えで話していたようでしたが、

我々がちんぷんかんぷんな感じであるとともに申請をしていないということで

話にならないと感じたのでしょうか、質問になりました。

質問になると参加者も積極的に聞き出し始めます。

それだけ危機感はみんな持っているという証拠。

しかし、日本JCの話や様々な情報が交錯するなか、本当にどうすればいいか

みんな判断できていない。

しかし、真鍋先生は県の審査会議に携わっているようです。

ということもあり、我々も一縷の望みのように質問攻めです。

その質問に対して端的に話を進めてくれます。

その話を聞いていると早いことスケジュールを決め結論付けしなければならないということです。

決断を遅らしていると遅れる一方ということに気づかなければなりません。

そして、懇親会を真鍋先生と一緒に行き、その後も変更とその後のLOMの在り方について

話していました。

熱い議論を交わすたびに楽しい夜が更けていきました。


追伸

そう、どちらにしても逃げるわけにはいけない。

よいと信じ決めることを決め、そのためにどうやって対処していくかを考える。

それが前向きに物事を行うといことであると思う。

どっちにしても様子見ではだめだ。

みんなで考え、結論を出して、その中で更にメンバーにとってどうやればいいかを模索しよう。

[ 2010/10/30 23:59 ] 対外JC | TB(0) | CM(0)

第8回全国高校心の絵本選手権御礼

昨日の10月31日に明徳短期大学体育館にて開催しました第8回全国高校心の絵本選手権に

多数の皆様がお越しいただきましたこと、主催者を代表して厚く御礼申し上げます。

そして、ブログの不具合のため、遅くなりましたことお詫び申し上げます。

第8回を迎えた心の絵本選手権ですが、今回も数多くの募集作品の中から、15作品の発表でした。

第2回からほぼ毎年お越しいただいている、群馬共愛学園さんが諸事情によりこれなくなり

ビデオによる発表という形になりましたが、当日素晴らしい作品の数々が発表されました。

3連覇がかかった稲荷君の「ランプの魔法」、油絵で描かれた坂本さんの「みなみちゃん」

そして、心の絵本大賞をとった済美高校1年の高須賀君の「うさぎとともだち」

賞をとった作品だけでなく、どれもが真剣な想いで書かれ、審査員の皆様も

大絶賛でした。

高校生の感性がここまで素晴らしいとは、刺激になった、彼らの無限の可能性を感じる。

これは私と話した審査員の皆様が言った言葉です。

また、観客動員ではあの大雨にもかかわらず800名程度の人に入場していただきました。

明徳短期大学の学園祭との同時開催、幼稚園児のイラスト展、人形劇等との協力によるものだと思います。

地元の唯一の大学において、協力を頂き、本当に感謝しています。

第1回に立ちあげ、第5回も主で動いた人間として思うのが、総合的な部分において

今回が一番素晴らしい大会であったと感じています。

私自身、主催者あいさつで話させていただいた高校生の真剣な心の想いを、審査員の皆様、観客の皆様

そして何よりスタッフが真剣な心で応えた結果だと思います。

関わっていただいたすべての方々に感謝して、乱筆ではありますが、とりあえずの御礼とさせていただきます。

ありがとうございました。



[ 2010/10/29 23:59 ] 事業 | TB(0) | CM(0)

第8回全国高校心の絵本選手権をむかえ

いよいよ、全国高校心の絵本選手権を迎えました。

曇りがちな天気ですが、本日は雨の心配はなさそうです。

第8回を迎えるこの大会、今年は日本青年会議所の褒賞にて、会頭特別賞の栄誉も受けました。

これもそれも、8年間という長い月日において、出場高校生、地元各種団体、青年会議所メンバーが

想いをこめ努力した結果であると思います。

本日も楽しみです。


さて、今年は大型台風の14号が上陸するかもしれないという不安の中、

関連イベントの絵本フェスタは、多くの事業を2日前にとりやめという事態になりました。

しかし、明徳短期大学の学園祭と同時開催でもありますし、各種の催しは行われております。

そちらもふまえた上で御来場していただければと思います。

しかし、今回を迎えるに当たりいろいろなハプニングを乗り越え、開催したのものの、

当青年会議所の心の絵本推進委員会の羽藤委員長の素晴らしい想いはリハーサル等での指示を見ていて

本当に熟成されたように感じます。

我々の大会として、プロ顔負けの演出はできていると感じます。

また、前日のリハーサルには、司会の橋口さんも遅くまで付き合ってくれました。

いろいろ関わってきましたが前日入りは初めてです。

これもそれも、絵本に込めた出場選手の皆様の想いが素晴らしいからなのです。

今年も15作品が発表されます。

審査委員も毎年の加納果林さんをはじめ、藤田晴彦さん、秋田緑さん、

桝形浩人さん(ポスターの誤記では大変失礼いたしました)を迎え、充実した審査ができると思います。

本日の13:30よりの開会となっております。

是非、見に来てほしいです。

どうかよろしくお願いします。

我々には想いがあります。高校生の心の想いを絵本に託し、それを皆様の前で発表することにより、

昇華させること、伝えていくこと。そのための大会であります。

会場来て、純粋な高校生の想いを受け止めてほしい。

明徳短期大学で待っています。



追伸

本当に今までにない最高の演出で皆様を迎えます。

絶対に他に負けない大会です。

多くの人の支えに感謝して、私も最高の挨拶をしていこうと思います。



[ 2010/10/28 07:52 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

新入会員による事業 スリーデーマーチお接待(10月24日)

今日、朝から絵本の設営をしていました。

初日の平日ということで20名ぐらいでしたが、SPさん、明徳短期大学の学生と

めいめいで設営準備をしてくれていました。

どちらかと言えば、私の担当の足場とステージが主でしたが、来てくれて手伝ってもらえることが

うれしいですね。

私の思う男気がここにもありました。

心の絵本推進委員会は、この後も現場打ち合わせをしているはずです。

私ももう一度暗幕をつけに行ってまいりますが、明日、明後日の設営を再度お願いします。



さて、新入会員による事業、それは地元の大会の中で本当に成功しているスリーデーマーチへ参加し

全国から来られた方々におせったいを行い、今治に良い印象を持ってもらえるようにしようという

事業です。

朝、10時ぐらいからの設営と聞いてましたが、富田委員長は意外と速くの準備で

ほとんど終わっているという状況。

みんなが集まる13時という時間よりは早くいきたかったので12時に行きました。

市民の皆さんも、会場の飲食物品ブースにも顔を出しているせいか、近くの駐車場が空いていなく

15分ほど離れた場所に止め、会場へ。

まだ、会員のメンバーしかいない状況でしたが、さっそく、新入会員がPRをしています。



それぞれに揚げる係、PRする係、今治JCのPRブースの説明係、ナッシングバッツネットの係と

分かれています。

揚げ物
↑揚げもの担当左が新入会員の山岡君と幹事の渡部高史君
大内、村上、渡辺PR中松田君
↑PRは左大内君、渡辺啓介君、村上君、そしてピン写真の松田君
山崎対応
↑配布では山崎君




最初の時間帯は、まぁ、ぼちぼちですので会員のメンバーでさばけていました。

お接待中(最初)
↑この人はおいしそうに食べてくれました。
砂田さん
↑最初は写真撮る余裕もあるけどねw

どちらかというとステージ上でよさこい連が県外、県内各所からおどったりするのを見ている

市民の皆さんが多いようです。

ステージ演目よさこい連
↑ステージでおんまくで優勝したホットベイビーズやよさこい連の人たち

しかし、13:30ぐらいから本当に多くの方々がゴールされています。

多くのメンバーが命一杯、おせったいの気持ちを持って、せんざんきを配り、今治の印象を良くしようと

参加者の方々と話します。

するとそのうち、雨が・・・

一般の人はこの雨のせいで撤収。ゴールされる方々はびしょぬれです。

雨の中のゴール
↑雨の中でのゴールもみんなでお出迎え。

それでも、新入会員のメンバーはひたすら声掛け。

雨のPR
↑風邪ひきそうなぐらい寒かったです。

それを受けブース内もざんきを揚げまくり、おせったいしまくりです。

永吉君
↑永吉君も目をつぶりながらお接待w

本当にまじめなメンバーだよ今年の新入会員。我々が引っ張られます。

14:30ぐらいにあまり競技者を見なくなり、暇になったのでブースを覗きに行きました。

バリィさんがいるじゃないか、そして是空の菅君、なぜか中川君もブース出しています(苦笑)

バリィーさん
↑最近、バリィさんグッズ何気に増えたよねw

戻るとまた、多くの人たちでブースがにぎわっています。

お接待中
↑皆さん食べていただけました。

青年会議所のPRのところもちらほら人は見てくれてはいます。

公開例会ブースわんぱくきずな塾ブース
↑公開例会、わんぱくきずな塾は岡山のボーイスカウトの子供たちが見てくれました、誘うと遠いとの返答(苦笑)
絵本ブース
↑心の絵本選手権、今週です。よろしくお願いします。

本当に多くの方に接しました。

そして、最後のランナーが、ゴール。

雨の中、完歩おめでとうございます。

多くのメンバーが数多くの人たちと話し、せんざんきも完売。

募金も多くの方にしていただきました。

この事業は、他県の方々には今治JCを知ってもらうことに意味があるわけではありません。

今治JCの記憶が残れば、地元に帰った時、その地元のJCに興味を持つかもしれません。

そして、このおせったいで今治が好きになるきっかけを作れたかもしれませんし、

また来てくれるのじゃないかなと思います。

そして何より、関わっている地元諸団体、行政には、いい印象を与えたことは間違いありません。

精一杯、自分たちができることを一生懸命している方々に協力する。

この気持ちは我々がお願いする時に帰ってくるでしょう。

そして、何より新入会員にとって多くの人との交流を持つ場であったことは間違いありません。

個人でなく、JCの役割として責任ある立場で彼らは接したと思います。

本当に新入会員の大内君、松田君、村上君、山岡君、山崎君、渡辺君、越智加代さん、御苦労さま。

そして、富田委員長、鳥生副委員長、渡部幹事をはじめとする会員開発委員会のメンバー、

きっかけを作ってくれてありがとう。

集合写真
↑みんないい顔してましたw


追伸

一生懸命JCが今治をPRする姿は、私自身が見ていても感心する姿勢でした。

他の方々はどう見てくれたかは明白です。

こうやってすることで、次の年以降に今治JCのすることに関わっていくという気持ちは芽生えます。

男気を胸に団結力をもってまちと友を支える。

スローガン通りの事業になったと確信します。
[ 2010/10/26 14:00 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

第3愛媛ブロック役員予定者、会員会議所予定者会議(10月23日)

今日も雨。

今年の長期予報では、海水温が高いため、秋雨が10月後半から11月まで引っ張ると言っていました。

大体あたっていますが、あくまで長期予報。

みんなで祈って、日曜日に晴れるようにお願いしましょう。


さて、10月23日に第3回の役員予定者会議から参加しました。

2010年度と違い、垣本専務がいないため、正直寂しいですが、一人で今回は行きました。

近藤君、木下君も行くのですが、私は別便で帰らなければならないため、一人になった次第です。

まぁ、来年は松山である際は一人で行くほうがよさそうです(苦笑)

それは置いといて、今回も役員会のメンバー全員そろわなかったです。

というのも法皇も地元の祭りと公職があるためと帽子副会長が今の事情のため欠席。

そりゃ仕方ない。

しかし、その他は集まっていたので、永井ブロ長予定者も挨拶で行ったように

何か、緊張感が違います。

やはり人数の多さや揃うっていうのは意識が変わる。

宮本副会長(予)の開会宣言で、始まります。

永井ブロ長(予)の挨拶では、やっと委員会がでそろった喜びがにじみ出ていました。

役員会 ブロ長
↑前回の時とは違い、ふっきれていませんかw

これからも、そろうのが当たり前で永井ブロ長(予)盛り上げていきたいです。

その後の土居直前(予)の挨拶は、まだまだ自分で慣れていない直前の挨拶と言ってましたが

雰囲気がでていました。

議案においても、委員長それぞれに意見をもらいながら、副会長、監査、直前と意見も出て、

やっと役員会の体になったなぁと感じました。

各委員会の基本方針と委員会よりHPの議案でした。まだまだ、内容は精査しないとまずい状況でありましたが

この後の会員会議所があるため、精査でききれず、修正をきちんと書けようという対応で行くとの話で

結論づけ、終了が昼の12:30に終了。

役員会 名刺交換
↑木下君を連れ、省吾君名刺交換をしていました。えらい!

13:00よりの会員会議所になんとか間に合いました。

そして、ほとんどの皆さんがまともな食事をとれずに会員会議所予定者の開会。

八木次年度、荒木次年度専務も来られ、開会。

会員会議所 八木
↑八木次年度は笑顔いいねぇ。俺は笑うのが苦手で顔がいつもひきつって映ってます(苦笑)

永井ブロ長(予)の挨拶は、理事長を今現在しているという部分もふまえ、次年度に

LOMの代表であるという意識をもつようにと発奮させるような挨拶。

そして、土居直前(予)は、先ほど以上に直前としての意識をもたれた挨拶。

やっと、きちんとしたブロック協議会としてできてきたのではと感じました。

そして、役員会通りの進行。

私は石川副会長(予)が欠席しているため、総務と近藤省吾議長のブロック会員大会連絡会議の説明をし、

各委員長がきっちりと答えられたため、ほどほどに突っ込まれ、終了。

近藤議長のしっかりした受け答えは、頼もしく感じました。

役員会 近藤省吾
↑役員会の時の写真ですが、自信を持って発言していました。

そして、各LOMとの調整の話が進み、素晴らしい星川、十亀、上田、監査担当所見も終わり、閉会。

運営上はうまく終わりましたが、方針と議案は次回審議をとるということで、

予算がうまく組めていない議案がありべっこで役員会は開かなければならないと感じました。

新旧もありいたしかたないですが、やはり、LOMのお手本になる愛媛ブロックであるためにも

みんなでしていきたいです。

この後は2010年の総務広報渉外委員会の公益法人制度改革のセミナーがありましたが、次のブログで!


追伸

近藤省吾君はLOMではまだまだ、心配な後輩と感じるのですが、

愛媛ブロックに出ると自信をもった毅然とした態度は、他のLOMには負けていないと感じます。

これもLOMでもまれたからかなとうれしく感じます。

しっかりと今治の代表で愛媛ブロックにでている意識を持っています。

是非これからも、みんなで省吾君を支えてください。
[ 2010/10/25 11:09 ] 次年度 | TB(0) | CM(2)

日本丸寄港記念式典出演(10月22日)

台風が来ていますが、土、日は雨のようですね。

土曜の夜を過ぎれば何とかなるとは思いますが、心配です。

晴れ男のはずなのですが、おかしいです。

台風自体はかわすでしょうが、何かの間違いで晴れるといいですね。

1年間、羽藤委員長をはじめとする心の絵本推進委員会が頑張っていたことですので

なんとかしたい!

新居浜さんの事業もあるので十亀理事長、よろしくお願いします。


さて、スリーデーマーチの参加の後、食事をメンバーの笹で。

私は注文だけ頼んでもらって現場へ戻り、1時間ほどして合流。

ご飯が冷めてましたw

そして、会場へ。

この事業も海事都市今治市として、ここ何年か開催されています。

バリシップPR
↑昨年も開催されたバリシップが来年もあるようです。参加したいですね。

日本丸は帆船ですが、上島にある弓削商船が訓練生として来ているようです。

日本丸前景2
↑市民の皆さんは要望で中を見学できるそうです。

日本丸近景
↑やっぱ帆船ってかっこいいねw

この出演もありがたいことに、船長の御指名だそうです。

出演前配置
↑バックに見える風景、橋が見えるんです。晴れてると最高です。

セッティングが終わり、控室に手出演を待っていると広川君の彼女が登場。

かおりんと二人になるとJCで出ていくとかの話になるため、今回は平日でよかった(苦笑)

そして、しばらくして時間が来たため、会場へ行きます。

開始時間の合間に先輩の徳永県議と菅市長が話しかけてくれます。

ありがたいことです。

そして、演奏開始。

我々の太鼓に合わせて、船員さんが降りてきます。

御指名ということもあり、また、式典の中ということもあり、先ほどのスリーデーとは違い

緊張感がある演奏になっています。

今回はなかなかいい。

やはり、太鼓は緊張感が気合となり、人に伝わる演奏になります。

万雷の拍手でした。

そして退場した後、菅市長の挨拶で、寿太鼓の話をしていただき、青年会議所、そして私の名前まで

言っていただきました。

市長にいわれるように我々が10年後、20年後とこの今治を支える人材になるようがんばらないと 

いけないですね。

期待に添えるように頑張っていきましょう。

久しぶりの太鼓の出演でしたが、4回たたくのも久しぶりでした。

気持ちいい汗をかかせていただきました。


追伸

ここから見る橋の景色がすごくいい。

本当なら、安全柵をしたうえでここを休日等に市民に開放するといいと思いました。

いつも思いますが、今治はいい景色が数多くあります。

そこをどううまく活かしていくかが、観光との連動だなと思います。


[ 2010/10/24 01:27 ] 今治寿太鼓 | TB(0) | CM(4)

スリーデーマーチ出演(10月22日)

急に寒くなってきましたね。

本来の寒さなのではりますが、やはり急な変化はきつい。

風邪引かんように気をつけてください。



さて、今治寿太鼓で、もう10回を迎えるスリーデーマーチに出演。

スリーデーマーチステージ
↑ステージもいつものSPさん。絵本の時もよろしくと言っておきました。

スリーで^会場
↑沖洲多目的広場です。他LOMの方も見たことありませんか?


今回は、参加者のスタートを鼓舞するために叩くということで、コースの出発のたびに叩きました。

まず最初のコースは尾道のコースということで2000人の参加者。私は何回かお手伝いしたことがあるので

見たことはありますが、全国から来られる大会ですので、北海道、東京、九州と多くの県外の方々が

来られています。

控室より出場者
↑出場者の皆さん、年輩の方が多いです。それでも全国からたくさんきていただいています。

アナウンスの元、コースリーダーのエイエイオーが3回繰り返され、開始

1回目は普通に開始しているけど、後半でカランとの音。

誰かばちおとしたなと思いながら、俺は落とさずにすみ、無事終了。

叩きながらお客さんを見ていると皆さん、写真を撮ってくれています。

かっこよくたたかないといけないなぁ。今日は落とさないように頑張ろうw

次のコースの出発まで、40分ほど時間が空いているため、控室のテントで休憩。

さっきの反省をしていると省吾が左手を出すところを右手出したらしい(苦笑)

スリーデー控室松田
↑少しの時間でも寝ながら休憩(苦笑)このおっきな体を維持するためには体力を使うんだろうねw

みんなで笑いながら反省してました。

控室全体
↑太鼓の仲間は、仲よしですw

音はやはり外なのと、マイクの音がうるさく、あまりそろってなかったようです。

今回は写真や画像を新入隊員の松田君がとってくれていたので、見ればわかるんでしょう。

スリーデー控室省吾
↑右が新入会員であり、新入隊員の松田君。薬剤師さんです。皆さんよろしくw

休憩中は世も世も話していましたが、次の出演が来たため、外へ。

今回は800名ほどのコース。

同様に叩いて終了。今回は誰もばちは落とさなかったな。

あまり緊張感のないまま、すぐに3回目。

ここもミスなく普通に終わりました。

久しぶりの太鼓出演というか、叩くことも久しぶりのため、最初は固かったのですが、

外であるということと見られているという感じがないため緊張感のない出演でした。

しかし、太鼓は緊張感を相手に伝わる演奏が私は好きです。

こういったのは、新入隊員の練習にいいかもしれないですね。

次は松田君頑張って!

この後、別の場所で出演、それは別のブログで!


追伸

当日は金曜日。

太鼓の出演は最低での6人は要ります。

しかし、それでもみんな時間を作って出演します。

今治JCのPRとして我々は頑張っていますので、皆さんご協力よろしくお願いします。


[ 2010/10/23 00:41 ] 今治寿太鼓 | TB(0) | CM(2)

10月例会(10月21日)

少しずつ追いついています。

仕事もそうですが、ためすぎるときつい・・・

3つ書いても、1つは必ず当日分。ということは1日に2つやらないとぜったいに追いつかない。

さぁ、やるぞ。


さて、10月21日に10月例会を開催しました。

本日は公益法人制度改革の勉強を総務委員会が担当します。

総務準備越智委員長
↑越智委員長、卒業生ながら本当に若く見えます。

総務準備池内
↑打ち合わせ中、森松が池内さんに指導受けてましたw

越智委員長をはじめ、メンバーみんなが集合して、最後の打ち合わせをしています。

7:00ぐらいに行って、思うのは大体、例会のメンバーと委員会アワーの担当が早めに来ていること

河上副専務、後は小島、近藤の両担当常任ですかねぇ。

開会前だけしか写真を撮りにくいので、例会中の写真は広報を参考にしてください。

例会受付
↑例会広報の黒川副委員長と最後の最後までナッシングバッツネットのお金を集めてた矢野君。

ほとんどのメンバーは5分前ぐらいからバタバタと入ってきます。

それでも、本当にありがたい。仕事おいて、すぐに着替えてくるぐらいでこの時間帯ですから。

そして荒木室長による開会。

荒木室長のWe Believe に多くのメンバーが写っているので見てくださいの一言。

例会前 矢野貴則
↑たかやんの持っていたこの号が・・・(泣)

いきなり動揺してしまいました。

いつもの苦言の仕返しかなと・・・

続いてJCIクリードを新入会員の渡邉啓介君、JC宣言は山岡英樹君。

二人ともこれからも言う機会があります。空で言えるようにがんばって。

理事長挨拶は、全国大会の話を中心に、卒業こそがJCの最大の目標だと話をまじえながら、

2010年は今しかないから、後悔しないように最後まで頑張ってということを伝えました。

そして、謝っておきました・・・

次年度理事長報告も、八木次年度よりありました。聞いているともう、準備が整ってきたなと感じます。

依頼事項、行事案内を聞いているとまだまだ多くの事業はあると感じ、気が緩みがちの自分の心に喝を!

3分間スピーチは、新入会員の松田君と大内君。

それぞれに自分の体験や経験を通じての話は、新入会員とは思えないほど堂々としてました。

総評は例会広報の竹田卒業予定者、出来レースのようなくじ運でしたが、突然なんだろうなという動揺が

伝わりながらもうまく収めてました。さすが担当委員会です。

例会準備竹田
↑竹田さん(左)と今回司会の桧垣君(右)

そして、委員会アワー。

委員会アワーは池内さんの講義がメインでしたが、やはり、うまいしわかりやすい。

目の前に迫っている判断を具体的にメンバーに伝えきれました。

越智委員長をはじめとする総務委員会のメンバーの皆さん、本当にありがとう。

そして、交通安全宣言は新入会員の村上大介君。

いい声で締まりましたよw

そして閉会。

今回の開会時の出席率60後半だと言った時は画然としたけど、聞くと常任の12名を計算し忘れていたらしい。

結局は80前半が80後半だったということでした。

あと、例会も2回、なんとか出席よろしくお願いします。


追伸

例会アワーの説明を黒板風の画像で書いていた場面、日直にしゅん、かおりんの相合傘・・・

苦笑とともに照れました(笑)

こういった細かい笑いが池内イズムだな(笑)

それをかおりんにいったら、画像を見たかったと言ってましたよw
[ 2010/10/22 14:39 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

2011年新春交礼会推進委員会(10月20日)

最近、それぞれのLOMの事業が新聞等によく取り上げられています。

私自身思うのですが、公益社団法人制度の改正に伴い、それぞれのLOMも

以前よりも地元を意識した大きな事業を行うようになったのかもしれません。

そう考えると、正直めんどくさいなというこの制度も我々にとってプラスになっているのじゃないかなと

思うわけです。

何事においても、前向きにとらえれば、良い方向に変えるチャンスです。

どのような状況もそう考えてあたれば、うまくいくはずです。


さて、2011年の新春交礼会の推進委員会に参加しました。

毎年1月1日に行われ、JCの直直前が司会するという運びになっています。

私も初参加ですし、自分の番が回ってくる1回前ですので今回は理解しておかなければと臨みました。

しかし、会議においては基本的に同じメンバーの重複なのでしょうか、手慣れた感があり、

特に問題のない会議でした。

皆さんに知っていただきたいのは青野直前が司会だということと4000円の参加費ですが、

2000円の国際ホテルの券がつくため、お得だということです。

参加者が減少傾向であるので若い世代に積極的に参加してほしいとのことでした。

それと今回、会議の前に30年間、推進委員として活躍された神村歴代理事長が、勇退されるということで

表彰されました。

そこの中での話をきくと、当時いろいろな組織、商工会議所や医師会等で新春交礼会をしていたそうです。

しかし、今治地域として一つにまとめていこうではないかということで、時の理事長の神村先輩が

依頼され、運営の流れを作られたようです。ということは今治JCにとって語り継がなければならない事業

の一つなのだなと初めて知りました。

そういうことですので、毎年常任理事がでていましたが、

出たい方は率先して次年度の荒木専務予定者に申し込んでください。

荒木君取りまとめ頼んだよ。


追伸

来年の青野直前の司会ですが、以外と原稿通りというのは苦手なのだということを

私は専務をしたときに感じておりました。

スマートな青野直前の噛む姿は貴重です。

ネタ作りのためにも是非噛んでみてほしいものですw

もし、見たい他LOMの方、申していただければ券はとりますw
[ 2010/10/21 09:49 ] 公職 | TB(0) | CM(0)

よもよも53

今日は3記事を追記します。

写真がない記事は書くのが早い、それが唯一の救いです。

でも、写真がないと見る気しないのも現実・・・

私自身さえ他LOMのブログを見るときも文章のみの長文だとすんなりとは入らない。

まめな更新をとるか、中身を充実させることをとるかそれが問題だ。


さて、今日はHPの在り方について

私が在籍している12年間でHPをまめに見だしたのは、5年前ぐらいです。

そのころは私自身まだまだ現場人間で、毎日のメールチェックをするそれぐらいが関の山でしたし、

HPとなると遊んでる気がして、社員の手前控えていました。

しかし、2006年の全国城下町シンポジウムの開催の際、他LOMのHPをまめにチェックするようになり

見るようになりました。

きれいに作っているところ、1月から変わらないところ、まめに更新をし情報ツールとして

うまくできているところと様々ですが、LOM事情を見ていて思うのは、

個人のスキルと性格によるなということです。

それを見ていて、安定した情報提供ということで第5回の心の絵本選手権の際HPに予算をとりました。

しかし、その年のHPの業者は予算の割にはあまり、良くなかったのでそれを受けて

第6回の際、近藤吉郎君が今の絵本のHPを

業者と相談しながら作成してくれた経緯があります。

今のJCのHPもその業者さんです。

それからのHPは、見た目、処理は良くなったように感じます。

しかし、内容はこちらが更新するということが決まっている以上、更新されないと誰も見てくれなくなります。

ということで、昨年度の青野直前の毎日ブログ更新を引き継いだということです。

本来はそれぞれの委員会が、例会での委員会報告以外をここで発表し、

進捗状況やどういった流れかをみんなが確認できればいいのですが、そこまでまだ意識が

整っていません。

私のブログはあくまで私の視点による私が参加したことの報告です。

皆さんのと意味が違うことは理解してほしい。でも、現実、委員会スタッフがするんじゃ意味がないし、

時間がない。委員会の中でそれの担当を決めて、週に1回ぐらい更新できればいいのですが。

まぁ、今現在ここまで続けたのですから、楽しんでやるためにも、

とりあえず、今年のブログのHIT数を22500に設定して、頑張ってみます。

一時期、1週間のHIT数が500ぐらいになっていたので、無理をすればできる気はします。

でも、考えてほしいのは、先日の会員会議所で話題となったブログの更新の意見を頂いた

土居ブロ長も私と同様ですが、ブログはあくまでも、今治JCのHPを活性化させることと、

どれだけ、UPした事業の記事を見てもらえるかの呼び水の一助になるようにするための

ものでしかありません。

広報とは何かを今一度考えなおして、委員会だけでなくみんなが取り組んでいきましょう。


追伸

土居ブロ長が意見された更新しないからHIT数の目標が伸びないというのは

根本的に間違っている。

それが仕事なのはあくまで広報です。

東国原知事がするようにメディアに出るトップセールスは、

理事長が各会議に出席し話をするという部分が当てはまります。それはトップの仕事です。

しかし、一般的な広報は間違いなく違う。

人ごとの意見だなと感じたのは私だけだったのでしょうか。
[ 2010/10/20 09:03 ] よもよも | TB(0) | CM(4)

10月昼常任(10月19日)

1週間分の記事となると1日は空白の時間がほしい。

1記事、写真付きの長い文章になると1時間はかかります。

1日に2時間とることも最近はかなわなくなりました。

まぁ、今週中に追いつかないと絵本をタイムリーに報告できない。

試練だ!



さて、10月19日に昼常任を開催。

いつものように笹のお弁当での食事をしながらです。

開会挨拶は少し長めに話し、例会の流れへ、垣本専務も手慣れたもので、スムーズに進みます。

報告事項、依頼事項と進みます。

確認の中で依頼事項が数多くあります。メンバーにとってこれだけ多く書いていること自体で

精神的な圧迫を受けるんじゃないだろうかと心配にもなりますが、

すべてに出るわけでもないから、杞憂だろうなと思いながら、確認します。

案外俺が精神的に圧迫受けてたりして(苦笑)

続いて例会アワーの確認。

まぁ、総務の越智委員長ですので、信用していますので、ここもすんなりと

通ります。

そして、会員消息、今月は3名なのですが、知らなかったけど、八木、小島両副理事長が同じ誕生日

10月22日だということを知り、誕生日占いがあてにならないことを再度認識しました(苦笑)

それぞれにリーダーシップは強く、人望もあるという点は共通してるけど、それ以外は

違いますからねぇ。

例会は終了し、出欠の取りまとめ等をし、1点だけ私から絵本についての話をし、終了。


貴重な昼の時間をスムーズに終え、仕事に各自戻っていきました。



追伸

昼常任で食事をしながら会議を進める際、意外と私は食が進みません。

ふだん、ながら族な私ですが、頭を使うときはどうも胃が収縮します。

でも、結局おなかがすいて、車で飯屋を見るたびに寄ろうかどうか悩むんですよw

そこまで我慢した時の晩飯がうまいことw

ねぇ、省吾君w

[ 2010/10/19 06:53 ] 今治JC | TB(0) | CM(2)

第2回次年度拡大研修委員会(10月18日)

セリーグは、中日が決まりましたね。

やはり短期決戦は、投手力と勢いです。

投手力では中日がダントツですので当然といえば当然。

ロッテはパの代表として、ソフトバンク、ライオンズの分も頑張って、優勝してきます。


さて、次年度委員会の第2回目。

今回は近藤副委員長の会社での会議。(写真は撮り忘れています)

まず集まって、ノートでスカイプとグーグルカレンダーの説明。

正直スカイプは会議に必要かどうか疑問符なのですが、グーグルカレンダーは今までよく知らないので

講習を聞きました。

平たく言えば、スケジュール管理がパソコン上ででき、アイフォンと併用すれば、

いつでも確認できるという代物。

カレンダーに関してはメンバーが状況を確認できるという利点。

会社で全員がこれで管理できればうまく活用できるならいいけど、うちでは機能しにくいなと

思いながら受けます。

私はアナログ派、手帳で書き込むのが好きなほうですし、やはりお客さんの前で

携帯をいじくるのは好きでない。

しかし、活用すれば利点はいっぱいあるなとは思います。

しかし、この部分で委員会が始まるまでに2時間・・・

なんてこった・・・

そして、委員会基本方針の見直し、理事会の報告、これからの事業の予定。

なぜか、パソコンでの効率化は求めているが、委員会は機能的に進んでいない模様。

これから何をしていくか決めては行かなければなりませんが、ある程度はつめたうえでの話。

これからに期待します。

そして、12時に終わり、私は仕事の見積もりに戻り、朝まで・・・・

委員会の羽藤君(今年度絵本の委員長)、青野君、近藤君は絵本の作業に朝方まで・・・

そう考えると時間の共有こそ一番大事な効率化すべきところだということがよくわかる。

人の時間をどううまく使うかが大事です。

短ければいい問題でない。意味のある時間を作り上げるのが必要だということです。

これだけは今後も心掛けていくことを期待します。


追伸

スカイプの導入は遠くの人間も会議できるという利点はありますが、JCって

仕事じゃないし、顔を見合わせて話すことも必要です。

アナログ人間なのか、時代遅れなのか・・・

私はそういう効率化は苦手だなぁ。
[ 2010/10/18 11:19 ] 次年度 | TB(0) | CM(0)

スペシャルオリンピック トーチランイン今治(10月17日)

久しぶりに寿太鼓で出演しました。

その際に感じるのは直接感動してもらえるありがたさです。

仕事にしてもJCにしても、やはりダイレクトに伝わる感謝であったり賞賛は、やはりうれしい。

だからこそ思うのは、陰ひなたで見えないところで頑張っている人こそを

賞賛できる人間になりたいなぁと。日々心がけていることですが改めて思いました。


さて、10月17日にスペシャルオリンピックに手伝いに行きました。

初めに愛媛銀行旭町支店に集合し、説明。

常任からは私、泰平君、総務は南条君、二宮君、例会が山本君、黒川君、広域が浅海君、井出さん

会員は新入会員の啓介君、山岡君、絵本からは神野君、青野君そして地域力からは武田君、長尾君。

せっかくの休みですが、後援しています事業に参加してくれました。

8:30にスタッフの説明ということでしたので、市役所に集合するとそれぞれに集合しています。

IMGP2226.jpg
↑入場門。

我々の役割はアスリート隊の交通誘導ということですので、9:30の開会式まで用事がない状態。

IMGP2225.jpg
IMGP2228.jpg
↑要介だけは前日飲み過ぎて遅刻です(苦笑)

貴重な時間を使って集まってくれたメンバーには申し訳なかったですが、こういうこともあります。

そして開会式、多くの人たちがこの事業に参加しています。

IMGP2231.jpg
↑本当に各種団体が参加してます。

開会式に市長、教育長と挨拶。市長は1区でアスリートの伴奏で走るそうです。

IMGP2233.jpg

IMGP2234.jpg
↑あけびさんのJrがダンスを披露。ここはいつもまちのイベントに参加してます。先生も大変ですね。

IMGP2235.jpg
↑選手宣誓もしっかりできてました。

そして、アスリートの選手宣誓の後私たちは持ち場へ。

私と泰平君、総務、新入会員は旭町の交差点。

IMGP2236.jpg
↑みんな正直退屈そうでした・・・

往路のアスリートたちを待ってます。

白バイの誘導でアスリートと20名ほどのサポーターが一緒にきました。

交差点ですので自転車が急に出ないように誘導します。

しかし、それも一瞬。

そして、復路には、警察官が増え、事前に路上での注意を促します。

私たちはまたも自転車が突発的に来ないように誘導しただけ・・・

IMGP2241.jpg
↑はやてのようにあらわれて、
IMGP2243.jpg
↑はやてのように去ってゆく・・・

これも一瞬。計3時間は、この3分ぐらいのためだけにありました。

しかし、これもたまたま人通りが少なくうまくいったんだと思います。

そうは言いながらも時間を使わしたことは申し訳なく感じました。

そして、役割も終わり、みんなは解散し、私と井出さんは閉会式に参加。

アスリートのみんなに表彰状を渡します。

そこにいるアスリートとその保護者の方は、うれしそうです。

これを見て無駄な時間ではなかったと思えました。

IMGP2244.jpg
↑閉会式では、友近890くんも歌を披露。

実際、我々にとって当たり前のことですが500mぐらいをこうやっていろいろな方の協力で

やり遂げたことが本当にうれしいことだったのだと思うと無駄な時間はないのだなと感じます。

やっぱり、みんなに残ってもらってこれを見てもらうんだったなと反省。

最後に代表の小沢さんに挨拶に行くと本当に感謝され、何でも行っていただければ協力しますと

言っていただけました。

こうやって、お互いが今治のまちのために協力し合うのがまちの活性化につながるんだと

思います。

確かに毎週いろいろ参加しますが、時間をうまくみんなで配分すれば、90名弱のメンバー、

何でもできます。是非、今後も前向きに協力したいなと感じました。



追伸

交通整理している際、矢葺君が、消防の格好で通りがかりました。

なかなか制服姿かっこよかったです。

嫁さんに見せてほれなおしてもらわないといけないねぇw

IMGP2238.jpg
↑ぶっきーかっこよかったよw
[ 2010/10/17 00:06 ] 協力団体 | TB(0) | CM(0)

第2回次年度理事予定者会議(10月15日)

ロッテ、クライマックスシリーズ優勝しました!

シーズンの負けたら3位が入れ替わるという状況から、よくここまできたもんだ。

バレンタインが監督になり、川崎から千葉に本拠地が変わり、今の主力が育ってきました。

地元のファンも、本当に盛り上げてくれています。

おかげで選手に、あきらめない姿勢がついたような気がします。

やはり人間て言うのはモチベーションだなと感じる。

JCもメンバーのモチベーションをうまく引き出し、できる環境を整えるか、

そう思い、1年間理事長として、やってきたつもりです。

さぁ、来年はいろいろと忙しい1年、八木次年度へバトンタッチできるように最後までがんばろう。


さて、第2回の次年度理事予定者会議と第2回のブロック会員大会実行委員会が開催されました。

今回は変則的に実行委員会が先に行われました。

IMGP2222.jpg
↑八木次年度も、この時は緊張感が解けていますw

議題は、組織図の承認、そして協議にはっぴ作成について。

組織図に関しては、前回役割について話があり、今回審議に調整ができたことだとは思います。

手順としては正直遅い気がしますが、丹下実行委員長が、メンバーと状況のことを考え、

それぞれに割り振っているということを理解し、委員会の仕事ですので、

自主的にみんなでやって行きましょう。

法被に関して、私自身は作成することには賛成ですが、きちっと精査し意見をもらい考えて

いかなければなりません。

運営に関してはまだまだ戸惑っていることも多いのでしょうが、慣れていくでしょう。

頑張れ、丹下、近藤省吾!

そして、その後、予定者会議の開催。

八木次年度の挨拶は、徐々に慣れてきたのかやってやるぞという意識が少し落ち着いてきました。

委員会がそのモチベーションに上がることを心掛け、我をころしていっているのかなと感じました。

そして、審議事項は出向者の承認、例会、理事会の運営、予算は通常通りであり問題ないためスルー。

そして、45周年実行委員会の発足と開催日の承認。

実行委員長に小島秀範君が決定しました。

彼は今治JCを背負うべく覚悟を持ってやっている人間の一人ですので皆様よろしくお願いします。

開催日に関しては9月24日(土)です。シニアの先輩の皆様他、現役も含め予定を開けておいてください。

その後協議事項では各委員会の基本方針が上がってきました。

理事長の言葉を引用し、文章自体は素晴らしいのですが、イメージができない。

どうしたいのかが伝わってこないのです。理事長の言葉の引用はあくまで引用であって、

自分自身の言葉をどう伝えるかです。

良くできた基本方針ではありましたが、これからもっとこの基本方針を自分の血肉にし、

委員会メンバーにいつでも、委員会の方向性を示せるようになってくれることを期待します。

どちらにしても、JCは委員会ありきというのが私の持論です。

委員会が活性化すればJC全体が活性する。私自身も今年それを心掛けて行ってきました。

君たちにかかっているんだよ。頑張れ、新委員長!

IMGP2220.jpg
IMGP2221.jpg
↑次年度もみんな責任感を持ったいい顔していますw


追伸

この後、私自身は、八幡浜JCの伊藤先輩がアイビックに講師として来ていたので、

一緒に飲みに行きました。

2時ぐらまで飲んでたのかな?

久しぶりに会ったんで楽しかったですよw

JCの良さはこういう時のつながりです。私自身よそへ行くことがあった時は仲のいいメンバーへ

電話します。皆さんも出向を前向きにとらえていってみるといいですよw
IMGP2223.jpg
↑相変わらず、世界のいとあつですwいい先輩ですよw






[ 2010/10/16 08:10 ] 次年度 | TB(0) | CM(2)

よもよも52

ロッテ頑張ってます。

ホークスには申し訳ないが、これもCSの良さ。

今年のパリーグがどれだけ均衡していたかわかります。

それにしても、のびのびした雰囲気が今のロッテはいいなぁ。

逆境に耐えるのはくのでなく、前向きな気持ちだと改めて思う。

今日はJCごともないため、楽しみです。頑張れロッテ!


さて、今日のよもよもは、西条と新居浜さんに触発され、祭りについて。

今治の祭りといえば、すぐに出るのはおんまくでしょう。

しかし、どこの地方にもあるように豊年祭りもあります。

当然各部落部落に神社があり御神輿もあります。

私たちの子供の頃は、当たり前のように祭りは平日にあり、休みだったし、

どこの部落もありました。

しかし、最近まで少子化のせいか、ただ、めんどくさくなってきたのか

ほとんどの旧市内では祭りがおこなわれていない状況でした。

祭りが廃れると地域のつながりが弱くなっていくように感じます。

祭りで子供たちは近所のおじさんと知り合いになるし、子供の中でも年上が世話をするから礼儀も学ぶ。

つながりとともに社会での仕組みを学んでいた気がします。

そう考えると祭りを経験していない子供たちが大人になっていくことで、

礼儀や人情というものが薄れていくのも仕方ないように感じる。

また、祭りは排他的な側面があるため、自分の部落に対して誇りを持つようになっていくものです。

郷土愛が強いというのはそういった側面もあるのでしょう。

だからこそ良く思うのが、祭りが残っている地域は、縦がしっかりしているなと。

新居浜JCさんや、西条JCさんを見ているとそれも納得できます。

今治JCも今は大丈夫ですが、これから学生の世代が大人になるにつれ、

縦社会の良さが失われていくのかもしれません。

だからこそ、JCという祭りの中で学ぶべき伝統は残していかなければならないと思っています。

めんどいとか口うるさいとか言われようが、それが俺の仕事なんだろうな。


追伸

私が住んでいる東村という部落は、うちのおやじ世代が会を作り、

祭りを絶やさずやってきました。

そしていつまでたっても次の俺たちの世代に第一線を譲りません(苦笑)

でも、こんなめんどい、口うるさいおっさんたちがいるからこそ、

うちらの地域は賑やかで温かいんだろうなって、思いますw



[ 2010/10/15 17:10 ] よもよも | TB(0) | CM(2)

次年度事業計画書勉強会(10/10)

松山英樹君、おしかったですね。

それにしても3位タイは立派です。つめの垢を煎じて飲みたいぐらいです(苦笑)

しかし、これからプロになるとプレッシャーも違うんでしょうね。

今後の活躍も期待しています。


さて、内山の周年の次の日、次年度のそれぞれの地区の役員が集まり、

内閣府に出すための事業計画書の作成の仕方を受けました。

日本青年会議所の専務グループが集まり、指導してもらいます。

会頭所信の読み合わせから始まり、総務、財務、公益という中での説明を受け、

事業の個別質問を受けるべく行なわれました。

13:00よりアイテムえひめでの開始ということで会場に30分前に入ったのですが、

さすが3連休。

アイテムえひめも多くのイベントが開催されているため駐車場があまりあいていない。

案の定、ギリギリで近藤省吾君が駐車場を探すのに手間取り、遅れそうになっていました。

これからは遠くの時は30分前行動で頑張ってねw

IMGP2210.jpg
↑開会です。

IMGP2213.jpg

↑愛媛は近いからまだしも、地区は午前中から役員会だそうです・・・責任感ってすごいなぁ。

それにしても、今回は3連休の中日ということもあり、LOM事業もあるようなので、出席が少ないのが残念。

IMGP2211.jpg
↑永井次年度ブロ長、古森次年度運営専務が誰よりも真剣に聞いています。

まぁ、この時期は仕方ないなぁと思いながら、昔先輩が事業は9月で終わらして、次年度に時間を渡すのが

筋だと議案の日時のことで意見されたことを思い出します。

そして、会頭所信の読み合わせ、40分を越えます(苦笑)あらためて、日本の会頭のすごさを感じます。

その後、日本の各委員長から説明を受け、各事業計画の説明。

IMGP2214.jpg
↑日本のメンバーもきつい中ご苦労様です。暗中模索ということは倍以上の手間がかかっているはずですから。

省吾君は、積極的に聞いています。せっかく集まっていますが、一番省吾が聞いていました。

IMGP2212.jpg
↑本当にあの会場で一番真剣だったかもしれません。これからは安心して任せれます。

こういうところは感心します。私も聞いてはいたのですが、ほぼ、2人が話しているような状態・・・

多分、他の委員会やブロックのメンバーも何を聞けばいいのか分からない状態。

日本の委員会も基本的にどう指示すればいいのか分からない状態。

公益社団に変わり、正直、日本もまだどうすればいいかが暗中模索なのかなといった印象でした。

しかし、我々今治もそろそろ様子見をしている状況でなくなっています。

平成25年11月30日に申請を受理されていないと解散しなければなりません。

しかも、申請を受け付けてくれていても手直しが発生した時点で11月30日以降はアウトになります。

最低でも25年の1月には一度申請していないといけないと考えると準備1年、申請1年と考えても、

23年には、総会にて一般、公益の審議をとり、24年には準備をせんと間に合わない。

なお且つ、今の状況を聞くと申請が固まるため、処理に2,3年かかるとも言われています。

そう考えると24年に申請しても良いのではないかと思う。

今月の例会で総務が発表いたしますが、みんなには真剣に聞いて考えてほしい。

基金の処理とかの方向性はクリアすれば、後は順当な手順のみです。

今は事業よりも組織の存続の在り方が優先事項だと思います。


追伸

近藤省吾君が今回の説明でその点の危機感を初めて感じたようでした。

そう、知らないでは済まされないこともあります。

今ならまだ、間に合う。

みんなで考えていきましょう。
[ 2010/10/14 08:23 ] 次年度 | TB(0) | CM(0)

内山青年会議所20周年 記念公演記念式典懇親会(10月9日)

朝晩、寒くなりましたね。

風邪引かないように皆さん、気をつけてください。

私自身は寝相が悪いため、朝起きると布団のない状況が多いので、非常につらいです。

今日もおなかが痛かったです・・・



さて、からりから会場へ戻り、ロビーを眺めていると内山JCのミニ小田川の清掃を

パネル展示しています。

よく見ていると木村隆仁君が・・・昨年、ブロックで委員長に出ている時に感銘を受け、

何人かを無理やり連れて手伝いに行ってました。こういうところあいつのすごいところです。

IMGP2186.jpg
↑広川の彼女、井出さん、直前も行ってます。

そして、1:00より安里直前会頭の講演。

メンバーに対しての檄を飛ばす姿は、相も変わらず自信に充ち溢れています。

本当にすごい方ですが、JCメンバー全員が安里会頭のようになったら逆に困るような気がします(苦笑)

そして、式典。オープニングは地元小田高等学校の郷土芸の部による太鼓。

精一杯やる太鼓はとても素晴らしいとともに、体力のいる演奏だったのでさすが高校生と自分の体力と

比べて苦笑い。

IMGP2196.jpgIMGP2198.jpg
↑間違いなく体力では負けてます(笑)

その後、上田理事長による挨拶は、緊張感と感謝が入り乱れ素晴らしい挨拶でした。

周年の時の理事長は大変だw

IMGP2199.jpg
↑先輩達の前は特に緊張するものです、わかるよ気持ち(苦笑)

そして、来賓等の挨拶も終わり、最後にスポンサーLOMへの贈呈。

大洲の永井理事長と上田理事長は学校で部活も一緒の先輩後輩という縁だそうです。

不思議な巡り合わせですねw

IMGP2201.jpg
↑仲もいい二人です。来年はブロ長と監査担当役員として共に愛媛を支えていきましょう。

そして、懇親会。

IMGP2206.jpg
↑この看板も手書き、大変やったろうな。

懇親会は当初、ミニ小田川で行う予定でしたが、雨のため式典会場で。

残念ですが、当初より盛り込んでいたそうでしたので別段トラブルもない状態でした。

食事は、地元の特産の料理に内子豚の丸焼き。

IMGP2202.jpg
↑今治の子豚ちゃんw

内子豚はマジでうまい。この丸焼を食べても思いました。

IMGP2205.jpg
↑さすがに頭とかはついていませんでした。

先ほど話していたミニ小田川の清掃で協力した木村君と大洲の菊池直前に記念品を渡すサプライズ。

よかったねぇ、木村君。

IMGP2209.jpg
↑うれしそうでしたw

その後は懇親を深めながら、景品の抽選。

私は地元の草木染が当たりましたが、メンバーは当たらなかったようです。

内山のメンバーは少ないですが、おもてなしの心が精一杯伝わる良い記念式典他でした。

本当に内山青年会議所の上田理事長、土居ブロ長、徳田実行委員長他メンバーの皆様、

おめでとうございました。

IMGP2203.jpg
↑集合写真。今回も多くのメンバーでありがとう。



追伸

徳田実行委員長は、以前も言ったようにチャーターメンバーでもあります。

JC在籍20年。ある意味、全国大会で褒賞しても良いように感じます。

本当にお疲れ様でした。

[ 2010/10/13 07:48 ] 対外JC | TB(0) | CM(0)

内山20周年記念式典前の昼食

最近松山英樹君がマスコミを騒がしています。

松山出身の東北福祉大学の学生ゴルファーだそうですが、まだ18歳で今度のマスターズに出るということで

話題に上がっています。

今回の日本オープンも今現在4位と石川遼君と同じだそうです。

遼君と同級生らしいですが、同世代で切磋琢磨し、日本のゴルフをけん引してほしいですね。



さて、会員会議所のあと、時間が空いたので一緒に行っていた垣本専務、八木副理事長、元岡財政局長

佐々木君、黒瀬君の6名でからりのハンバーガーを食べに行きました。

IMGP2191.jpg
↑久しぶりに手書きの看板見ましたw味はありますw

前にも話していたようにここに前乗りで先に行ってたメンバーは連れて行くつもりでしたので

言う前に伸介が先に行きましょうと(苦笑)

地区の役員会に出ている白石財務をほっといてからりへ。すまんね白石君。

さすがに雨の日の午前中、いつものようには人がいません。

IMGP2193.jpg
↑黒瀬が通ると人がよけるwしかし、お年寄りには気を使いますw

11時前ぐらいだったせいもあるのか、いつもいっぱいのハンバーガー屋さんも人がいません。

そこへスーツの6人が押し寄せて、大量に注文。

店員さんも怖かったんじゃないだろうか(苦笑)

メニューを見ると内子ハムのサンドイッチがないので聞くと期間限定とのこと。

がーん・・・これを食べさしたかったのに。

まぁ、いいやともろみバーガー、つみれバーガー、チリドッグと大量に購入し、7000円ぐらいの支払い、

みんなで食事を。

それぞれが自分の注文したものを食べていますが、なにか反応鈍い。

ふつーだったんだろうな・・・サンドイッチが絶品だったんだよ。

と、言い訳かましながら、食べてると黒瀬が一言。

どうも、注文間違えか知らんがもろみバーガーを二つ食べている様子。

まぁいいけどと言いながら納得いかなかったよう(苦笑)

まぁ、今度リベンジしたらいいやないか(笑)

その後、1時間ほどだべりながら時間をつぶし、内山の式典に出るために会場へ戻りました。

式典等は次のブログで!

IMGP2194.jpg



追伸

そういえば、会員会議所から黒瀬は参加してくれました。

緊張感からだろうか異質な雰囲気を醸し出しながら、座ってはいたけど、

存在感はばっちりでしたw

たまにはこういう会に違うメンバーがいるのもいいもんですw

IMGP2192.jpg
↑やっぱでかいよなぁ。ボディーガードには最適だw
[ 2010/10/12 09:12 ] その他 | TB(0) | CM(2)

第2回臨時会員会議所(10月9日)

先日、ブログが俺らしくなってきたと言われています。

たしかに、説教くさいし、愚痴っぽい文章が多い気がする・・・

いかんいかん、最後まで温厚な人でいないとw



さて、内山の20周年記念事業の日、前乗りで愛媛ブロックの臨時の会員会議所がありました。

議案としては、ローカルファースト委員会の大阪の世界会議のジャパンナイトのブースで

愛媛の特産物を世界の人々にふるまおうという議案です。

この議案において、当初皆さんにも協力いただいた地域のたからである地元特産物の発掘の

アンケートを反映し、大洲のいも炊きを媛っこ地鶏をつかって、出店します。

今現在は、全国各地でいも炊きが行われていますが、いも炊きという名称で河原で行われ始めたのは

大洲が発祥とお聞きしました。

私自身はお伺いし手伝いますが、まだまだ登録はできますので、11月5日に世界会議でお手伝いできる方、

行きましょう。

そして、報告事項、依頼事項で新居浜さんのB級グルメの事業、西条さんも同様の事業をすると

お話を聞きました。

新居浜さんは全国各地の地元B級グルメの普及委員会があるところをJCのネットワークを使ってでなく、

直接電話して来てもらっているそうです。

残念ながら、日にちが10月30、31日と心の絵本が被るため、行くことはかないませんが、

無事、成功に終わることを祈念します。

こうやって感じることの一つが、今、それぞれの地域が自分たちのまちを見直し、

それぞれの良さを対外に発信していくという事業が多くなってきたように感じます。

我々今治も以前でしたら焼き豚卵飯を、対外で発信して来たりしていましたが、

最近少なくなっている気がします。

来年度は愛媛ブロック会員大会も今治で主管します。是非、メンバーの一人ひとりが

今治の良さを再度認識し、来た人に自分たちのまちを誇りを持って説明できるように

なっていきましょう。



追伸

前回の例会アワーで40周年の際の中期ビジョンを流しましたよね。

輝く地域=観光となっていました。

せっかく、全城連等で培った対外に対しての今治の良さをPRしてきた手法を

後輩たちに引き継いでいかなければなりません。

昭和46年組、頑張っていきましょう!w
[ 2010/10/11 06:50 ] 対外JC | TB(0) | CM(0)

よもよも51

一時期更新が遅くなってしまったため、見ていただいている方々に責められました。

言われるのも仕方ないけど、せっかくここまで続けてきたし頑張るよ。

というか、広報に言われるのはなぁ・・・渡辺仁、お前がしろ!

というわけで、今日は時間がないため、周年は明日にして、よもよも。


さて、最近、マジでばたついているためニュースもあまり見ていないし、

新聞さえ見ていない状態。これが良いかというと良いわけではないが、

昼食中に見るワイド○クランブルが最近唯一の情報源。

意外とニュースでいろいろ情報収集するより、手っ取り早い。

全国区の出来事は、これに限るなと食事しながらいつも思います。

しかし、コメンテーターに関しては少し客観的な発言が少なく、あまりいただけない。

同意できる人もいるけど、ほとんどが何か世論受けする言葉を言っているだけのような気がします。

そして、ついつい突っ込みを・・・

私はテレビに良く突っ込み入れるほうなので、はたで見ていて面白いとよくいわれる。

もう、だいぶ経ちますが民主党の代表選の時は、激しいつ込みが田原総一郎さんばりだったらしい(苦笑)

私はもともと熱くなりやすいので、本当はきついことガンガンいう性格でした。

普段は人前ではそういうところは見せないように心掛けてはいます。

しかし、たまにJCでも出てしまう・・・

本来は意見というのは、相手があって、それを否定するのでなく、融和していくべきなのでしょう。

自分自身の悪い癖で、脳内でそこに行くまでの理論があるため、それを説明せずに

ズバッと言ってしまうことがあるのでそこだけは気をつけていこうと。

でも、やはり我慢しているからこそ、だれにも迷惑をかけないワイドショーで突っ込んでしまうのかもしれない。

まぁ、ストレスの発散ということでワイドショーは、いいもんです。

とまぁ、無理やり結論づけて、こんかいのよもよもは終わり!


追伸

とくに、忙しい時はいつも脳内で考え事ばかりしているので、

よく、話が飛んだうえで、ついつい怒声がでる・・・

多分、これからはそういうことが多くなる気がする。

近藤省吾君、荒木君、両名はあまり気にしないようにしてねw




[ 2010/10/10 10:57 ] よもよも | TB(0) | CM(0)

10月定例理事会(10月5日)

さすがに1週間なくと記憶が定かでない。

何事においてもですが物事があったことの終いはすぐが基本ですね。

忘れてしまうと記憶を掘り起こすのに倍以上時間がかかる。


さて、全国大会の熱もさめやらぬまま、というか疲れも取れぬまま、10月定例理事会を

開催いたしました。

IMGP2182.jpg
↑越智裕之委員長はあまり疲れている様子はありませんでした。
IMGP2183.jpg
↑池内監事はまだ足が痛いと言ってました。
IMGP2184.jpg
↑矢野副理事長は妙にすっきりしていましたw

20議案審議、3議案協議、2議案討議という中、今回は9時半を目標に臨みました。

というのも、10議案は次年度案件。

そう、次年度案件を審議する時期が来たのです。

そりゃ俺も今までガンガンならしてきた土壌を、最後の整形に入っている途中ですので

慎重に物事をするようになります。仕上げだからこそ最近口うるさいのです(笑)

理事長挨拶は、全国大会にかこつけて終わりに向かってのことを話させていただきました。

今しかない時間をどう使うかその勇気を持つかどうかで、男の度量は決まると思う。

経験は自分で培うしかないから。

そして、審議に入り、ブロック・周年の研究の決算。理事会でも言いましたが、

砂田、浅海両副委員長が研究という難しいことを、きちんと自分たちのものにしていたことは

例会委員会アワーで真剣に感じ取れました。委員会メンバーも含め、仲渡委員長のサポートが

あってのことでしょうが、立派でした。

そして、わんぱくの決算は、補正もあり、少し計画段階の見通しの甘さがありました。

しかし、どうしても対外事業というのはそういうものではあります。

仕方ないところ、見通しの甘すぎたところそこをきちんと理解してくれた上でなら、

これは経験という意味で次に生かしてくれることをお願いします。

例会に関しては今回も80後半ということで及第点ではありましたが、

最後まで自主的に100%になるように目指してほしいと感じます。

そして次年度案件

人事案件を審議するに当たり、卒業予定者は複雑な気持ちだったでしょうね。

その中で、ブロックの実行委員会の発足を審議しました。

私も実行委員長として、その時経験したことが、今の自分に大きく影響していると感じます。

丹下実行委員長、本当にメンバーに支えられることを感謝しながら頑張ってください。

審議が終わり、今年度案件に戻った中で特に12月例会、卒業式の議案は

いろいろな意見があります。この場所は2010年最後の事業であることを認識し、

様々な意見をできる限り、甘味したうえで、対応してください。

反論ではなく、考慮し、どう対処したかという結果を出すのがJCの理事会の場ですので。

その後、行事案内等数多くありましたが、時間を取られますが、それをうまく活かし

参加してください。

時間は皆さんの貴重な時間を使う以上スムーズな運営に心がけ、9:50に終了させました。

これは私の経験上、必要不必要がわかっているからだと自分で自負しています。

無駄は省き過ぎると物事はだめになります。余裕があるからこそいいものができます。

そこはきちんと見定めながら、物事に当たってください。

理事会も残り2回。

2回だからと言って、名残惜しく無駄に長くは致しません。

しかし、皆さんが委員会の意見を最後まで理事会に持って臨む姿勢をなくしているようでしたら

私自身が当てます。最後まで委員会を代表する委員長であるという意識だけはなくさないでください。



追伸

残り理事会が2回ということは、私自身、もう理事として挙手することがないということです。

議決権を持ち、挙手することは今思い返すと重かったなぁと思います。

反対にあげた時もありました。

しかし、それでも通った以上、一生懸命参加しました。

今しかできないかもしれないという意識の元、残り2回の挙手の重さを自分の内に秘め

上げてもらえるとうれしいです。





[ 2010/10/09 10:15 ] 今治JC | TB(0) | CM(0)

全国大会お土産タイム

良く見ると1週間分書いてなかったのね・・・

今、一番、きつい時なのですが1日2つで今週中に追いつこう・・・


さて、全国大会卒業式も終わり、最終の日曜は目覚めが良い・・・

そりゃ、毎日5:30起きして小田原行ってりゃね(苦笑)

飲み過ぎというほどもなく気持ちの良い朝を迎えました。

ということで、7:00頃散歩に。

最近、こうやって遠出の時は、歩くようにしています。

ロビーに出ると加藤のとっさンが宇野哲を待ってます。

早く出ないと夜までに帰れないらしい・・・お疲れ様です。

そして、私は散歩へ。

夜見る商店街や飲み屋街は見あきましたが、朝の横浜の顔は、気持ちいいものです。

それに、おひさんが照っているうちに見ると方向感覚がわかるため、横浜をわかった気になります。

・・・遠くまで来すぎました・・・

ゆっくりではありますが帰ると8:30分、1時間も歩いてました(苦笑)

汗で服がぬれてます(苦笑)

食事して、風呂浴びて、10:30の集合にでました。

今日はみんな委員会で自由行動のために、専務と白石財務で中華街にお土産と食事へ。

中華街のお土産も毎年来てはいますが定番ものと雑貨ものとで違います。

私は定番ものは興味なく、雑貨屋探し。点心とかは重いし臭いので買いません。

IMGP2169.jpg
↑さすがに3連休の日曜日、人が多いです。探すのもひと苦労です。

私のお土産に付き合いながら2人はしんどかったのでしょうが、私は雑貨が好きなので

3,4件雑貨屋に入ります。

ピンときた店で彼女のお土産を買い、昨年のサマコンから行きつけの猫グッズを置いてある雑貨屋で

私自身の趣味の手ぬぐい等の雑貨を購入。何度も言いますがかわいいものに目がないんです。

IMGP2168.jpg
↑関帝廟です。三国志の蜀の関羽を奉っています。中華街らしいよね。

みんな歩き疲れて、そろそろ飯を。

点心の食べ放題の大珍楼へ入り、3人であれもこれもと頼み食事。

ここでは垣本専務が大活躍。

細身ですがいつも七面六臂の活躍をするだけあって良く食う(笑)

ええ、どうぞ、たくさん食べてくださいw今回一番苦労をかけましたしw

そして、ふらふら歩くのも疲れ、タクシーがたまたまつかまらなかったので

電車で横浜駅までいき、横浜より羽田へバスの直通便に乗るためにそこの乗り場で少し休憩。

ここでも、時間つぶししてるとお土産を買ってしまいました・・・

ここでは丸ちゃんへのお土産や会社関係へのお土産。

今回はあまり買わないという気持ちで来ていますので、心もち少なめです。

というか、車の時は多く買うけど飛行機はしんどいので買いません。

羽田に着くとまだまだ3時間ほど時間があります。

交代でロビーで待機し、お土産を買います。

私はもう買う気がしないので、最初はずっと待っていたのですが、

さすがに座っているのもしんどくなって、ふらふらと・・・

そしてふらふらとかわいいお菓子屋さんを発見。

また、買ってしまった・・・

しかし、量は少ないものを選んだので荷物にはならないと自分で言い訳しながら購入し、

飛行機の時間になったため、羽田をたち松山へ。

松山空港に着くとみんなしんどそうな顔です。

そう、どこかに行くと移動がある気が多いためどうしてもしんどい。

しかし、このしんどさも一瞬の満足のためにはつきもの。

疲れてはいましたが、卒業生やメンバーが楽しんでた顔は忘れません。

今回は本当にありがとう。


追伸

今年はこれで、JCの遠出が6回目、お土産もたくさん買いました。

が、しかし、最近は数が減ったような気がします。

まぁ、これだけ多く行くと逆にお客さんにも持っていきにくいしねぇ(苦笑)

年間のお土産購入金額は決まってますので(笑)

ということは来年は、多分お土産の大買いが復活するでしょう。

一緒に行く人、すまんけど付き合ってよねw

[ 2010/10/08 19:59 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

日本JC小田原全国大会 式典リハ(10月2日AM)

前述の大懇親会のブログは実は先週の火曜日から書いていました。

書きかけちゃ、仕事で現場へ、夜は会へ・・・

マジで時間がなかった・・・

ごめんなさい。

また、取り戻すようにはしますが、これからは更新遅れる事が多いかも。

最後までは理事長職全うしますが、すまんけど、そろそろ仕事人間に戻ります・・・


さて、10月2日は朝の5時半起き。

というのも褒賞のリハーサルが朝の8時よりあるからです。

6時半の電車で小田原へ。さらに8時に小田急線に乗り換え小田原アリーナへ。

垣本専務、羽藤心の絵本推進委員会委員長と3人で到着。

違う場所で泊まっている丹下副理事長、中川室長は、別便で到着。

まずは説明を受けます。

リハ前
↑褒賞の委員会の人たちもほとんど寝てないんでしょうね。お疲れ様。
リハ説明
↑わかってない人に説明するよりJCメンバーに説明するのが一番緊張するだろうね。

全国大会の舞台に上がるなんてことは卒業式だけだろうなと思っていたため、

実は感動していました。

多くの事業に関わり、イベント屋のつもりの私にとって全国大会の舞台裏を見れるチャンスなんて、

今回しかないぐらいに思っていましたのでw

説明の後舞台上へ。

リハ集合
↑今日はそこまでむくんでないなw

壇上の流れを確認します。

正直な話、裏側から見れば、やはり舞台。

リハ舞台説明
↑説明を聞きながら、最優秀があったらどうしようなんてかんがえてる・・・

リハ舞台監督
↑舞台監督の指示で変更。うちらもこれぐらいならできる気がする。

リハトラんペット
↑実際の時は見れなかった発表の時のファンファーレ。かっこよく出ていったでしょうか?

今治も全国も一緒です。照明や音響、映像といった点はやはりお金がかかっている分すごいのと

プロの舞台監督がついての指示というのが違うだけですね。

ぶちゃけ、裏方のスタッフとしてだったら今治のほうがすごいなと思いました。

まぁ、全国からの寄せ集めのスタッフだからねぇ。

ということで、心の絵本選手権でつちかったスキルはやはりすごいもんだと感じます。

リハも終わり、気づけば10時。運営のお手伝いをし、全員の席を確保するべく並びます。

卒業式集合
↑卒業生つかれながらも集合!宇野哲、加藤のとっさンは、ほぼ寝ずにバイクで会場入り・・・

3時間ほど、食事もとらずにみんなで並ぶこういった時もいいものです。

褒賞の舞台に上がるメンバーは、下に席があるため、

その分を遅れてくるメンバーのためにちょうど並んだおかげでとれました。

卒業生の皆さんが、一緒に並ぼうと言ってくれたおかげで全員が来てくれたことに感動しました。

この伝統を今後もメンバー達、引き継いでください。

代表で手伝いで出てくれた南条君、黒瀬君、玉田君、長尾君がもぎります。本当にありがとう。

もぎり1もぎり2
↑4人がもぎりの仕事をしてくれたおかげで、メンバー全員が同じ場所に入れました。

そして、垣本専務がみんなに指示をし、ばたつきながらもしっかりと段取りしてくれました。

本当に垣本専務がここまで動いてくれなかったらみんながバラけるところでした。

去年私も専務として段取りして思ったのですが、みんな言うこと聞かないから大変です(苦笑)

すまんかったね。卒業生を全員で送りたいという私のわがままを意に組んでくれて。

全員がそろって、式典の開会。

開会前2
↑開会前の雰囲気。だだっ広いよねぇ。ここの会場は6000人だったそうです。
開会
↑さぁ、開会だ。

オープニングの後、アワードの最優秀賞の発表がおこなわれるため、10名で壇上へ

裏で待っていると会頭特別賞、今治青年会議所 心の絵本選手権と呼ばれます。

裏から舞台へ出るとスポットがまぶしい中ですが1万人の前での舞台に気が引き締まると同時に

絵本に対しての想いが溢れます。

そして、映像による発表。CGの流鏑馬での矢が四国のほうへ。

正直もしかしてと頭がよぎりましたが、残念ながら岡山の美作JC。

真剣にあの瞬間で何話すかを考えました(苦笑)

その後の会頭の挨拶は、1時間ほどでしたが感情がこぼれたのでしょう、息が詰まりながら涙ながらに

感謝をずっと伝えていました。やはり同じJCメンバーなんだなぁと聞きながら感動。

会頭挨拶
↑何度も言うけど感動屋さんでした。いい会頭でしたねw

そして、その後、次年度会頭内定者の福井君へプレジデンシャルリースの伝達、そして、次回大会名古屋への

大会の鍵の伝達。それぞれに思いを受け継ぎ、これからの意気込みをきかせていただきました。

大会授与挨拶2
↑来年の名古屋も楽しみです。来年は同級生を見送る年・・・どんな気持ちなんだろうなぁ。

そして卒業式。

今回のシークレットライブは元LUNSEAの河村隆一さんでした。

神奈川県出身で今年40歳。そう卒業生と同い年ということだったそうです。

懐かしい曲を聞き、卒業生が壇上に上がり最後の幕

今年も多くの卒業生3000人ぐらいが壇上へ

卒業式1


メンバーは2階の前の席のため、卒業生にはよく見えるところでのぼりを振っています。

卒業生のぼり写真1
↑みんなの努力のおかげで卒業生に一番見やすいところでふれたことうれしかったです。
卒業生のぼり写真2
↑そして誰一人欠けることなく全国大会でみんなが卒業生を見送れたことこれこそJCだと思っています。

最初は後ろの席の定位置でしたが、我慢できず、

私自身は前に行って、そばで声出したり写真を撮りに行きました。

写真撮り
↑もまれながら腕だけ突き出し、写真を撮ってました(苦笑)

卒業生をなんとか探し出し、一人ひとりの顔を見ると感慨深い顔。

若い我ら1
若い我ら2
↑言葉は要りません。見て感じてください。

そうなんだよなぁ、全国大会でしか味わえないだろう感動した卒業生をメンバーに見せたいとともに

そういう顔をしてくれるように現役が精いっぱい卒業生のためにするというこの二つを

伝えたかった。

ばかみたいなことかもしれないけど、本当にこの瞬間より

多分卒業生であるということを認識するような気がする。

そして、卒業式も終わり、横浜へ帰ってのLOMナイト。

多くのメンバーが遠いながら、集まり、普通に飲んでました。

私はここで酔っ払い、2次会も多少は記憶あるけど酩酊状態でした。

こうやって思いのあるメンバーと共に飲む酒は楽しいながらによいやすい。

こうして、横浜の4泊という長い夜は終わりました。

それにしてもすべての卒業生の皆さん。おめでとうございました。


追伸

全国大会に初めて行った玉田君や初めてまじかで見たという藤原君に

今回の感想を聞いて、こんなにすごいとは思わなかったと言われ、意図が通じたかなぁと

思うとうれしかったです。

ひとは言葉だけではわかりません。あの場所で感じることはあるはずです。

是非、機会を作って全国大会の卒業式へ参加してください。

言葉では伝わらない物があります。

[ 2010/10/07 09:30 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

日本JC小田原全国大会 懇親会(10月1日PM)

どこのLOMのブログを見ても、他団体が行う事業に参加や協力しています。

我々今治も、平均して2か月に1回は何らかの事業に参加したり、コラボしたりと忙しいですよね。

確かにここ何年か各種団体より我々自身に期待されることは、何かと最近増えてきました。

それも、時代であるし、我々の事業も協力してもらうためにもなるべくは協力してあげるべきだと思っています。

ただ、増えていることを踏まえ、JCの事業の在り方も同時に模索していかなければならないのでしょう。


さて、全城連が終わり、白石財務が会計監査人の会合が終わったため、専務とともに合流し、

懇親会場へ。

小田原城入口
↑小田原城もやはり風格のある城。全国大会でなく個人的に行きたい。

入口白石、垣本
↑最初はこの3人でした。それにしても顔むくんでんなぁ(苦笑)

小田原評定で有名な名城小田原城へ。

懇親会はこの小田原城で行います。城マニアの私ですが、今回はのんびり見ようとしたため、

失態を犯した経緯もあり、悲しいかないい思い出の城ではないかも(苦笑)

入口では近藤君が出向している国際ネットワーク委員会が田代委員長をはじめとして、

募金活動をしています。

ナッシングバッツ
↑頑張っています。それにしてもここの田代委員長はすごい。尊敬します。

私も少し、弘前JCを捕まえて入れてくれと貢献したつもり。

ずっといても良かったなぁと思いながら、私の仕事は場所取りだと心を鬼にし、会場へ。

会場に入るとまだまだ多く入っていないため、場所が空いています。

我々はステージのまん前を確保し、卒業生を待ちます。

1時間ぐらいまったのでしょうか?その間白石財務が飲み物食べ物をとってきてくれていたので、

私と専務は場所取り。

いろんなものを持ってきてくれましたが、正直何食ったか覚えてません・・・

そして、オープニング。

懇親会開会
↑小田原の理事長の挨拶。
オープニング
↑この後に柳沢慎吾さんがでてきたのですが、コンプライアンスのため写真は撮れません。

小田原出身の柳沢慎吾さんが若殿役で話しています。

そして、退場はいつものあばよ。

で、開会。小田原の理事長、会頭の挨拶、直前の乾杯とここまでじっくり

懇親会のプログラムを見たのは始めてかも。

会頭挨拶
↑温厚な会頭でした。目線はいつもLOMでしたねw

ふと、河野運営専務がとおりがかり、褒賞の盾を頂きました。

真剣にうれしかったです。

前回も褒賞のブログで書きましたが、絵本には思い入れがあるため、正直、涙目に・・・

ああ、なぜあそこにいなかったんだ・・・

しばらくすると、池内監事、越智総務委員長、佐川さん、井出さんとそれについてきているメンバーが

わらわらと登場。

卒業生と
↑井出さんだけ一人で消えてたため、写真撮れませんでしたw

現役が食事などをとってきだし、人も多く出てきたので、松山JCのブースや他のブースを見学に行きました。

松山JCはポンジュースとジンを混ぜたカクテル。

いただきました。

意外とおいしいというか、スクリュードライバーだろ(苦笑)

当然のように少し濃い目で、徐々に酔っ払ってきました。

会う人会う人に褒賞のことをうれしそうに言い、会う人会う人に行けなかったことを涙ながらに言う。

はい、間違いなく酔っ払いました・・・

しばらく、いろんな人に言ってると気も晴れたのか酔いもさめ、LOMの場所に戻り、

ライブはひとみ。「愛はどこからやってくるのでしょ~」のフレーズの歌のひと。(よく知りません・・・)

近い席で皆さんにと思っていた場所取りですし、なんとか前で見させることができました。

そして、最後の閉会まで。実は初めてかもしれない。いつも遅い時間までなのでLOMナイトに

行けなくなるので途中で退席した気がします。

帰りはまたもや電車で1時間揺れて、横浜まで帰りました。

その後はそれぞれに委員会ナイトをされたようです。



追伸

池内さん、越智裕之さんの総務メンバーは歩き疲れて、すぐ寝たそうです。

気持ちはわかります(苦笑)

私自身も今回行くためにだいぶ無理したのですぐに酔っ払ってましたから(笑)
[ 2010/10/06 23:59 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

日本JC小田原全国大会 全城連役員会(10月1日PM)

先日、必死でやってた見積り、負けました。

まぁ、これだけやっていると再々ですが、獲りに行くぞってやった時は、

やはり徒労感と何がダメだったかという疑問です。

次に行くためにも、疑問点は解決するしかない。

そう思って前に向いて進むように心掛けます。データ収集したりしながら、次の手を考えたりしてw

そう前向きに前向きにw


さて、全城連の役員会に監事として参加。

開会前に旧知に挨拶をして回ります。

特に今回は福知山の吉田会長も最後の進行。

そして、福知山の運専の姉御も、実行委員長、そして今年のLOMの専務の二役を十二分にこなしました。

IMGP2073.jpg
↑打ち合わせ中。弘前の石澤副会長も唐津の西島先輩同様、同じ汗をかく仲間(苦笑)

そして、会長予定者の弘前の清藤君。頑張れよ!心から応援してるぞ!

その後は、松本JC、さぬきJC、そして何より唐津JC。

今回は倉光直前が来ていないということでしたが、それぞれに思い出があります。

しかし、新しいメンバーも増え、全城連自体も世代交代が行われています。

彼らは彼らで全城連を自分たちの世代で作り上げていくでしょう。

私自身もともにしてきた各LOMの人たちは卒業しています。

伝えるべきことは伝え、それに対してのアドバイスは伝えたつもりです。

来年からは一歩控えて、臨みたいと思います。

脱線しました。

開会前に垣本専務がなんとか間に合いました。

いつもありがとう。

IMGP2074.jpg
↑間に合って、ほっとしてますw

そして開会。

IMGP2075.jpg
↑今回は4名欠席・・・

吉田会長の挨拶も最後です。温厚に話される中、会長として意見もきちっとしたものを伝えておりました。

私自身は、理事長経験なしの状態での会長職だったため、そこまで自信もなく、うまく話せていたかというと

疑問符です。やはり、理事長経験者は違うなと改めて思いました。

直前は休まれていたため、挨拶は削除。場を締めるためには必要だったねぇ。

IMGP2076.jpg
↑まじめに資料見ながら、聞いております。

まぁ、しゃーない。

そして審議は、弘前大会の決算、次年度会長の決定等

決算はLOMの監事が確認されていたこともあり、そして報告書も出来上がっていたため、

大会当日を思い出しながら、すんなり通りました。

そして、弘前JCより次年度の会長の発表。

清藤実行委員長が会長に!

IMGP2077.jpg
↑多分彼も、同じ汗をかく仲間になるかなと(苦笑)

2007年に会長として私がでたときに山本先輩のつてでお願いし理事で出てもらい

その当時の渋谷理事に一緒についてきていたあの清藤君が会長かぁ。感慨深い。

所信も書かれていて、素晴らしい内容でした。

もう、きみたちの時代だから後は託したよ。

そして、協議では松本大会のことであったり、褒賞のことであったりと十二分に話されていました。

IMGP2078.jpg
↑一番左が来年実行委員長の柄澤君、なんと商工会議所の職員(苦笑)がんばれよーw

しかし、監事として冷静に見るにあたり、少し、同じメンバーばかりの発言が多くなっている気がする。

結局はいわくつきだけが参加する全城連になってしまいそうで今後心配です。

いや、いや、さっき後に託すと言ったばかりなのに(苦笑)

そして、私の監事講評。

IMGP2079.jpg
↑今回は一人のため、少し盛りだくさんに話過ぎました・・・

今回は上越の福田監事が欠席のため、一人でこなしました。

苦言もふまえて話しましたが、これも全城連を愛するが故です。

受け取っていただければと思いながら、話しました。

最後に会長バッチの交換。金メッキのバッチです。

IMGP2080.jpg
↑意外と目を引くこの金バッチw

受け継ぐ重さは、まだまだ感じないだろうけど、やってみてわかる。頑張れよw



追伸

全城連の加盟LOMは、JCではあります。しかし、任意団体であるため、縛りがあまりないがゆえの

良さと悪さがあります。

JCとしての気持ちを持っていなければならないこと、そして、JC内ではできにくいことができるという

メリット。そこのバランスは非常に重要です。感覚ですが内規等で縛るものではないため、

感じていくしかできないことです。

その中で、つながりを大事にするという想いがあればこそ、同じ匂いのする仲間として

協力や運営ができることを知っておいてほしい。

大事にするものは人の気持ちだ。

[ 2010/10/04 18:10 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

日本JC小田原大会 各委員会、アワード(10月1日AM)

3日分書いているとわけがわからん(苦笑)

まぁ、自業自得ですので・・・

携帯でのUPの仕方がわかればいいんですが、良く理解できないし、ボタン押すのが遅いため

イライラするのでPCでしてしまいます。

とまぁ、言い訳じみております(苦笑)

せめて、全国大会だけでも今日UPしておきたい。


さて、全国大会のために来て3日目。

今日から一般のメンバーが集まります。

今日は委員会が9時から、アワードが10時からと楽勝のため、のんびりと朝食をとって、

ラッシュアワーの中、8時に出発。

今日でこの小田原通いも2日目。

電車にも慣れ、特に困ることもなく到着。

委員会にお邪魔しようと思っていたのですが

近藤君の委員会は、今回はなくナッシングバッツネットのPR。

時間があるなぁと魔がさし、ふらふらしておりました。

そして、アワード、諸事情があり出席しないと

11:00ぐらいに河野運専から・・・

なんかと思ってると会頭特別賞がとれましたと。

キョトンとしました。

なんと心の絵本選手権が会頭特別賞に・・・

そして、私はそこにいないため、河野運専が壇上へあがって受け取ってくれたそうです・・・

なんてっこった(泣)

4年前、久しぶりに心の絵本で私が作って褒賞に出しました。この時は歯牙にもかかってなかったような。

そして、その次の年も私が作り1次審査まで、他は1事業。

その次は近藤吉郎君が作り、1次審査まで。

ここまでは私自身も無理して一日早く入り、当時の理事長をけつ叩いてまで出席。

そして今年は、近藤省吾君作成。もう、無理だろうなという気持ちと

多少連絡とかがあるのに今年は何もないということで、期待していなかったのになんてこった(泣)

複雑な心境でしたが、会場へ。

もう終ってました・・・

仕方ないので反省しきりっぱなしです。

うろたえてカッキーに電話。

早く来て仕方ないよと言ってほしい(泣)

一人で放心状態で全城連が始まる時間まで、たそがれていました。


追伸

たまたまは、必然です。

こういったことは誰にでも起こりうる。

でも、俺は自分で言うのもなんだけど、不思議とこういうこと多いよな(泣)
[ 2010/10/03 15:37 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

日本JC小田原全国大会理事会・ブロ長会議・総会(9月30日)

むー、今日にはほとんどのブログを追いつかせときたい。

最近、遅れがちな分、自分に対して後ろめたさを感じます。

忙しいのは百も承知、それをやりきってこそJCだ。

そんなねんごをいつもたれれるようにするため、頑張ります。


さて、2日目、9:00開催の日本の理事会・ブロ長会議に、8:00までに行くために、

横浜を6:30には出ないといけませんでした。

昨晩は緩く飲んで寝たため、5:30に彼女に電話してもらい起床。

遅れることなくJRにていざ、小田原へ。

昨日一緒に飲んだメンバーとともにグリーン車に乗り、よもよもいいながら、到着。

IMGP2056.jpgIMGP2055.jpg
↑みんな朝早くから当たり前のように行きます。えらいですな。

それから、30分ぐらいかけて、箱根富士宮ホテルへ。

さすがに総会も開けれるホテル。マジでっかいし、格式が高く感じます。



到着すると愛媛ブロックのみならず、吉成地区長をはじめとする四国地区の理事長が

集まっていただいています。
IMGP2057.jpg
↑会場に入ると河野運営専務が非常にお疲れモード。卒業生なのにかわいそうです。
IMGP2061.jpg
↑愛媛の理事長もみんな眠そうですが頑張っております。
IMGP2063.jpg
↑四国各地の理事長もそれぞれに集まっております。

IMGP2059.jpg
↑絵本なみのダブルスクリーン。
IMGP2062.jpg
↑徐々にぐっすら、日本JCに出向している方々は、大変な中、感心します。

ありがたいものです。

そして、理事会。

会頭、直前の素晴らしい話を1時間ほど聞き、その後議事へ。

2013年の全国大会の決定は最後に回され、他議案の審議。

常任理事会で十分にもまれているため、スムーズな審議です。

かくありたいものです。

いよいよ、全国会員大会の決定です。

今回は以前も話したように、松山と奈良の一騎打ち。

まずはそれぞれの理事長が思いを込めて立候補の必要性を話します。

IMGP2065.jpg
↑井川理事長の熱弁。火が付いているのが見えませんかw

双方素晴らしい挨拶。

松山のみならず、奈良も素晴らしいわかりやすい話。

そして投票。

IMGP2066.jpg
↑ジェラルミンの投票箱

投票は常任理事以上の皆さんが投票です。

全国大会の担当の副会頭が、投票箱を整理した結果を会頭へ

IMGP2068.jpg
↑それでは発表します。

奈良JCです・・・

落胆とともに仕方ないなと思います。

というのも奈良さんは4年間立候補し続けてとのこと。

実質中身は当然、松山のほうが優れていると思いますが、今まで苦労してきたことを考えると

人情が勝ったということで奈良で良かったように感じます。

すがすがしい敗北と井川理事長自身が話したように、あきらめがつく決定でした。

そして、昼は、ホテルの弁当を地べたで食します。あまりほめられた格好ではなかったですが、

遅刻よりは良いでしょう。

しばらくして、総会。

IMGP2069.jpg
↑読んで字のごとく、第134回の総会です。今回が最後の社団法人としての総会。

総会も、御挨拶一時間、審議に入る前にある理事長が意見をいいました。

話は、ホテル前まで車で入れず、スタッフに止められた事を言っておりました。

スタッフのVIPのみですとの話にカチンと来たようです。

しかし、VIPとはJCI関係で出られていたり来賓の方々ですし、日本の役員は早朝会議で我々よりもさらに

早く集合しているんですから、ホテル前で止めるわけがないと思う。

しかも、理事長全員がホテル前で降りるほうが混雑するのみでおかしいだろうと・・・

毅然とした態度で会頭もこたえられるかと思いましたが、頭を下げ謝っておりました。

腰の低い会頭だなとは思いましたが、下げる必要もないのは事実。

後で直前がフォローを入れていましたが、直前が正解ですね。

理事長はLOMの代表であり、対等の対場ではありますが、今回は疑問符でした。

脱線しました。

その後の審議は予算関係と2011年度人事案件。公益社団に伴い定款も変え、次年度は予定者ではなく

当選者ということに。

役員は一人ひとり審議、ここでは、次年度の高田地区長当選者が審議され、

報告事項では永井ブロ長当選者が皆さんに報告されました。

今回の総会は、歯抜けも多く、1日早いというだけで昨年同様少ないのも悲しいですね。

その後、愛媛ブロックの皆さんと箱根のめし食って風呂入り、3時間ほどのんびりして

松山JCの残念会へ

IMGP2071.jpg
↑負けて悔いなしといった感のある井川理事長。
IMGP2072.jpg
↑土居ブロ長は、ホッとしているような微妙な顔。

ここにも高知、徳島、香川の理事長、ブロ長が来ていただいてました。

松山も来年度また、続けて誘致するということですが、四国を一つにしていくきっかけとしても

頑張っていってほしいとともに、我々もどう協力していくかを考えていかなければならないでしょう。

今回はここまで。


追伸

風呂でK先輩の話題に。

今度誕生会するということで多くの皆さんに案内をかけているようです。

今までが今までだけに邪推しておりました(苦笑)

まぁ、あの人も卒業していても話題になるんだから大した人だわw
[ 2010/10/02 12:09 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)

小田原全国大会前日(9月29日)

帰ってまいりました。

月曜は仕事が大量に机の上にたまっていました・・・

さすがにブログかけるほどの余裕がありませんでした・・・

しかし、今回の全国大会は、いろんな意味で思い出に残る全国大会でした。

本当に理事長として無理を言いましたが、みんなの協力がありがたかったです。

行けなかったメンバーもブログ見て、また、行ったメンバーの話を聞いて、

来年の名古屋に行きたいという思いをためておいてくださいw



さて、今回の小田原大会、公益社団法人の取得に伴い、9月中に総会をしなければならないということで

木曜の開催。そして、その雨に行われる朝からの理事会・ブロック会長会議に松山JCの全国大会誘致の

決定の瞬間を見ようと四国の理事長、メンバーが参加するということで、前乗りで出発しました。

飛行機は5:15分に出発ということで、いろんな打合せ、書類を、鬼のような形相でこなし、

なんとか今治を出る事が出来ました。

空港に到着し、待っていると高田地区長予定者、大洲の永井理事長、宇和島の木下理事長、八幡浜の宮本理事長、

松山の井川理事長、そしてそれぞれのメンバーが待合室にぐっすら。

それだけ、今回松山の全国大会誘致に愛媛全体で協力しています。

羽田に到着すると、横浜泊まり組と別どまり組にわかれ、私は横浜組の大洲、宇和島、八幡浜と一緒に行動。

プチブロックナイトをしようということで、横浜駅で合流。

でしたが、私が駅の構内で迷い、30分遅れました。

地下モールに入って迷うなんて・・・

食事の場所は、八幡浜の宮本理事長が予約を取ってくれた店。

ここで、内山の上田理事長とも合流です。

魚を出す店で、のどぐろの刺身とかめったに食べる事のない刺身をたべ、

いい気分でお酒を飲むと、いつものように睡魔が・・・

そうなんですよ、ここのところ、寝ていなかったため、さすがに我慢できなかったよう・・・

まぁ、いつもですがw

その後は、帰る前に目が覚め、ラーメン食って一緒に帰りました。

本当はLOMナイトに行く店でつめておきたかったんですけど、朝6:30に電車で箱根に行くため、

睡眠を優先しました。

一日目は何もなく平和な日々でした。


追伸

こうやって、よその地で他LOMと一緒に飲んだりする楽しみはLOMから離れて

単独行動になった時しか味わえません。

今回は特に第3エリアのメンバーが多くエリアナイトのようになってはいましたが、

気にせず飲めました。

愛媛ブロックに出て多くのメンバーと仲良くなる楽しさは、実際経験せんとわからんでしょう。

人生を豊かにするのは人との付き合いです。出向するメンバーはまず交流ですw


[ 2010/10/01 08:45 ] 日本JC | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。